工事工程表、ネットワーク工程表




土木工事や建築工事の現場では多種多様な工事があり、工程管理のための工事工程表は工事に携わるすべての関係者にとっての指針になるツールです。それぞれの工事を混雑させることなく進めるため、週間工程表や月間工程表などの日程や期限を明確にした工事工程表は、工期短縮やコスト削減に大きく貢献することができ、管理担当者から高い人気を得ています。







目次

工事工程表のソフトのダウンロードが満載

このページでは、役立つ工事工程表ソフトのリンクをまとめてご紹介しています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。

犬にもできる工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表工程管理原価集計ソフト「工作」0 - 工事工程表、ネットワーク工程表工程表自動作成0 - 工事工程表、ネットワーク工程表AICOMS0 - 工事工程表、ネットワーク工程表ガントチャート forExcel0 - 工事工程表、ネットワーク工程表my工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表
ネットワーク工程表のアドイン版0 - 工事工程表、ネットワーク工程表ワンクリック工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表工程表作成ソフト『現場ナビ工程』/体験版0 - 工事工程表、ネットワーク工程表あっと驚くエクセルかんたん工程表 V1g (FW版)0 - 工事工程表、ネットワーク工程表工程表/予算/日報管理システム KtWin20 - 工事工程表、ネットワーク工程表工程表作成システム「PatPro+」0 - 工事工程表、ネットワーク工程表
Excel Pro 工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表簡易工程表 (日付自動割付)0 - 工事工程表、ネットワーク工程表匠 工事工程表 300 - 工事工程表、ネットワーク工程表ワンクリック工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表簡単 Excel 工程表 フリーウェア版0 - 工事工程表、ネットワーク工程表工程表ツール (F)0 - 工事工程表、ネットワーク工程表エクセル工程図 Pro0 - 工事工程表、ネットワーク工程表かんたん 工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表




ネットワーク工程表・バーチャート工程表の使えるソフト

ネットワーク工程表・バーチャート工程表のソフトは、時間と手間を掛けずに手に入れたいものです。
このページでは、ネットワーク工程表・バーチャート工程表のソフトのリンクをまとめて紹介しています。

工程表作成支援 Smart Plan0 - 工事工程表、ネットワーク工程表ネットワーク工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表簡単! Excel工程表0 - 工事工程表、ネットワーク工程表Excel Work Plan0 - 工事工程表、ネットワーク工程表かんたん 工程表作成ソフト「工作2」0 - 工事工程表、ネットワーク工程表日誌工程0 - 工事工程表、ネットワーク工程表


工事工程表のソフトをまとめて紹介

こちらに工事工程表のソフトをまとめていますので、ぜひ活用してください。
ちなみにこのサイトではこちら以外にも工事工程表関係のソフトをまとめています。
目的のソフトがありましたら、検索窓でキーワードを入力してみてください。

犬にもできる工程表工程管理原価集計ソフト「工作」AICOMSガントチャート forExcelmy工程表ネットワーク工程表のアドイン版ワンクリック工程表工程表作成ソフト『現場ナビ工程』/体験版あっと驚くエクセルかんたん工程表 V1g (FW版)工程表/予算/日報管理システム KtWin2工程表作成システム「PatPro+」

工事工程表で使える優秀ソフト

こちらも工事工程表ソフトのダウンロードページです。
リンク集は他にも豊富に取り揃えていますので、イメージに合ったソフトをお探しいただけます。

Excel Pro 工程表簡易工程表 (日付自動割付)匠 工事工程表 30ワンクリック工程表簡単 Excel 工程表 フリーウェア版工程表ツール (F)エクセル工程図 Proかんたん 工程表工程表作成支援 Smart Planネットワーク工程表簡単! Excel工程表Excel Work Planかんたん 工程表作成ソフト「工作2」日誌工程

工事工程表、ネットワーク工程表の圧倒的に便利な情報

工程を“見える化”することによるメリット

・ 進捗率がわかり、作業員が先の工程を予測しやすくなり、作業遅れを取り戻しやすい。
・ 問題点がその場で明確になり、予防や再発防止に努めることができる。
・ 工程を複数の人で見ることで、問題点に気づける可能性が高くなる。
・ ネットワーク工程表や出来高曲線を見ることで、作業員、発注者、関連会社の関係者がリアルタイムで進捗状況がわかる。
・ ネットワーク工程表や出来高曲線といったツールを活用することで、工期を守るためのクリティカルパスの検討が可能になる。

頭では、“見える化”することが重要だとわかっていても、取り組みを開始して実際に効果を出すまでは時間がかかるものです。しかし、実際に取り組みを開始することで、課題や改善点が整理されてくる部分もあるので、まずはこのダウンロードサイトの工事工程表作成ソフトを活用して、わかりやすい工程表を作成し、PDCAサイクルを回していくのが良いのではないでしょうか。

今後、ますます仕事に対する生産性向上や業務効率化の波がやってくると考えられるので、今のうちから対策を立てて実行していくのがおすすめです。

工事工程表について現場が抱える問題点と導入できない理由に注目した

工事工程表は人気が高いソフトですが、導入に前向きでない人もいます。
この項では、土木工事や建築工事の工程表の問題点とは企業が導入にためらう障害とは何なのか、
工事工程表のソフトウェア(アプリ)を導入しない理由は一体なぜなのか、など建築工事の工程表を作成する際の問題点を洗い出して説明しております。

土木建築工事の工程表の問題点とは、導入にためらう障害とは

・土木工事、建設工事ともに、施工方法や工事手順、工期などの変更がとても多く作業工程表がつくりにくい。
・また、季節や天候によっても左右されるので、工期通りに工事は中々進行しない。
・土木工事、建築工事ともに、工事作業の内容が煩雑なので工程管理がしづらい。
・また、工程ごとの出来高や進捗管理等も把握しづらい。
・工事内容によって長期工事や短期工事がある。
・長期工事の場合は、数か月から数年までの作業期間があり、工程管理がしづらい。
・短期工事の場合は、多くの作業を同時進行で行う必要があるため、工程管理が非常に困難である。
・日々の施工管理者の業務が多忙を極めている。
・工程管理や進捗管理など、これ以上の作業を科してしまうと残業や休日出勤で対応しなくてはならなくなってしまう。

工事工程表のソフトを導入しない理由は一体なぜなのか

・PCスキルを持った従業員がいない。
・Excelは使用できるが、体裁の整った工程表を上手く作成することができない。
・工事計画書を提出する際に、大体の工事工程表を提出している。
・工事の変更があれば、それを元に少々変更すればそのまま使えてしまうから。
・直近の工事内容では、工程表作成ツールを使わなくても、変更点などを手書きで掲示板に表示すれば、それで良い。
・工程管理や進捗管理などをしなくても、今まで何とかその方法でできていたから。
・高価な工事工程表ソフトウェア(アプリ)を導入したとしても、そのメリットがよく理解できない。

見やすい、わかりやすい、エクセルで作成した工事工程表で工事が変わる

それでは、普段使っているExcelによる多忙な施工管理者でも簡単に工事工程表を作成できる方法、工事工程表は大切な工事の指針、タイムリーな変更で業務の効率化とコスト削減を図る方法について解説していきます。

普段使っているExcelだから、簡単に工事工程表を作成できる

パソコンをあまり使い慣れていない人であっても、エクセル版の工事工程管理ソフトウェアであれば、色の付いたセルに数値を入力するだけで、あとは自動的に工程表を作成してくれるシステムです。実施工程表や作業工程表、週間工程表、月間工程表、ゼロ工程表のほか、出来高曲線など、欲しいタイプの工程表が簡単に得られるのでおすすめです。
入力する箇所は色分けされているので、入力ミスを防止することができます。
土木工事や建築工事関係でよく使われるのが“バーチャート工程表”です。
Excel版の工程表のほとんどが、縦のセルが工事内容になり、横のセルが工期というシステムになっています。
矢印や色で簡単に表示できるので、誰にでも見やすく、解りやすい工程表が作成できます。
シートのコピーや移動で編集もしやすく、週間工程表や月間工程表はもちろん、短期から、半年や年間の長期工程表の作成も簡単にできます。
各種工事の変更、工期の短縮や延長があった際にも、エクセルであればセルのコピーや削除、追加など操作が簡単に行えるシステムです。
また、進捗率をはかるために必要となる実施工程表や、実働日数のみを記したゼロ工程表も簡単に作成できます。
Excel版の工事工程表では、工事日数と工事費の計算を行うことが出来ます。工事費の計算を行う際には、ゼロ工程表が便利なのでおすすめです。
工事内容によって一定期間しか行わない作業についても、工程表の日数に金額の情報を追加するだけで工事費の集計が簡単にできます。
バーチャート工程表のほか、よく使われる工程表としてガントチャート工程表やネットワーク工程表があります。ガントチャートは横軸が進捗率になっており、進捗管理に便利です。いずれもエクセルで作成できます。
作った工程表は、クラウドに保存しておくと、複数の人で簡単に共有ができます。
ダウンロードしてエクセルで作業するだけなので、導入も簡単です。人気のアプリは比較ランキングサイトで探すとよいでしょう。

工事工程表は大切な工事の指針、タイムリーな変更でコスト削減

突発的な工程変更があったとしても、いつもの使い慣れたエクセルなら簡単に変更ができます。無料のフリーソフトであっても、多くの機能が備わっています。
専任の施工管理者でなくても、バーチャートやガントチャート、ネットワーク工程表などの工事工程表の作図ができるシステムになっています。
後はメールやFAXで変更された工程表を送信し、監督員の承諾を得るだけです。
これで、遅延なく工事変更に伴う処理が完了したことになります。
最初に立てた作業工程表と実際の進捗率の差を見るために、実施工程表の作成をおすすめします。

Excelでの工事工程表は、簡単な操作と作図ツールがあるため、短時間で工程表を作成することができます。
例えば、工事現場内において、Aさんは終日1つの作業。Bさんは2つの作業といった様に、一日の作業内容を各作業員に周知することも可能です。クラウドに工程表を上げておけば、リアルタイムで各作業員が確認できます。
これにより、各関係者に作業内容が周知徹底され、やみくもに作業を行うこともなくなります。
ガントチャートや出来高曲線を作成すると進捗率が可視化されるため、目的意識もはっきりするため、業務の効率化、経費削減にも繋がるのでおすすめです。

エクセルでは、簡単に図形や画像を挿入するツールがあります。
工事工程表内に作業場所の画像や、移動方向の図形などを挿入して見ましょう。
これで、見やすく解りやすい工程表が出来上がります。
うっかりミスや、作業手順の勘違いといったヒューマンエラーの防止に繋がります。
ソフトの

Excel版の工事工程表のフリーソフト、導入コスト削減に貢献

インターネット上には、様々な工事内容に合わせた無料のフリーソフトやテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)が多くあります。バーチャートやガントチャート、ネットワーク工程表の無料テンプレートツールも数多くあります。ダウンロードすれば、すぐに使えます。
専門工事や特殊工事といった場合には、業務内容に合った専用の工事工程表を、簡単にカスタマイズして利用できるのも、エクセル版工程表の特徴の一つです。フリーソフトであっても豊富なテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)が揃っています。
無料の人気ソフトやテンプレートは、比較ランキングサイトなどで見つけるとよいでしょう。

データ化したExcel工事工程表なら、全ての工事関係者で工事状況の共有化ができます

エクセル版の工事工程表では、工事内容に変更があった場合でも、作業現場事務所に出向かずとも、変更した工程表のデータを送ることができます。
工事工程表をメールに添付して各関係会社に一斉に送信することもできます。
また、Excel版の工事工程表を、クラウドなどのネットワーク上にアップロードして“共有化”することにより、全ての工事関係者が現時点の工事状況や、これからの作業状況を把握することがシステム化できるようになります。

ガントチャート・バーチャート・ネットワーク工程表・出来高曲線とは

土木工事や建築工事において、工事工程表および作業工程表などを作成する場合、ガントチャート・バーチャート・ネットワーク工程表(アロー型)・出来高曲線といった手法を取り入れて工程表を作成します。
ガントチャート・バーチャート・ネットワーク工程表(アロー型)・出来高曲線はそれぞれに特徴があります。例えばガントチャートやバーチャートは進捗率に対する各工事の関係性が把握しにくいというデメリットがあります。

一方で、ネットワーク工程表(アロー型)や出来高曲線は作成に手間がかかるというデメリットがあります。進捗率を知るために工程表を活用するのか、それとも進捗率ではなく他のポイントが目的で工程表を使用するのか、どういった観点で工程表を使用するか比較・検討するのがおすすめです。
ガントチャート・バーチャート・ネットワーク工程表(アロー型)・出来高曲線それぞれを比較・検討して、どの方式を取り入れるかというのを考えるのがおすすめです。

土木工事や建築工事の工程や業種によって、ガントチャート・バーチャート・ネットワーク工程表(アロー型)・出来高曲線を使い分けたり、工事規模ごとにガントチャート・バーチャート・ネットワーク工程表(アロー型)・出来高曲線を使い分けるなど、どの業務や工事にどの方式がマッチするか比較するようにしましょう。
進捗管理をするなら、進捗率を横軸に取るガントチャートや進捗率を縦軸に取る出来高曲線、作業日程を管理するならバーチャートがよいでしょう。

工事工程表にはエクセルのテンプレートを使用する

ガントチャート・バーチャート・出来高曲線・ネットワーク工程用など、工程管理・進捗管理に取り入れられる工程表の作成は、excel(エクセル)などソフトウェアを活用するのが一般的です。
excel(エクセル)などソフトウェアを使用して工程表を作成する場合は、多くの場合テンプレートを使用します。テンプレートは独自のものや、フリーダウンロードした無料で手に入れたものなどさまざまです。
工程管理や進捗管理が必要な工事があるだけ、excel(エクセル)などのソフトウェアを用いてテンプレートから工程表を作成するのです。

無料ダウンロードソフトや無料テンプレートを活用しよう

土木工事や建築工事の件数が増えれば増えるほど、こうしたソフトウェアによるテンプレートの活用は大切です。
誰でも分かりやすく使いやすいテンプレートを作成したいのであれば、著作権フリーの無料ダウンロード可能なexcel(エクセル)ファイルがおすすめです。
excel(エクセル)であれば多くの端末で使用されているソフトウェアであり、なおかつ著作権フリーの無料ダウンロード可能なテンプレートファイルであれば、工程管理に必要な事項を網羅していることが多いからです。
excel(エクセル)テンプレートをダウンロードする時は、比較的人気の高いテンプレートをダウンロードするのがおすすめです。
人気が高いテンプレートファイルであれば、内容が充実していたり使いやすい可能性が高いからです。
ダウンロードできる人気テンプレートの中には、土木工事に特化したものや建築工事に特化したものも存在します。無料でダウンロードを行う前に、土木工事用か建築工事用か、それとも土木工事と建築工事どちらにも適用できるのかといったところを確認するとよいでしょう。

ランキングサイトを活用しよう

フリーソフトやフリーアプリといったツールを使用する時には、ランキングサイトを活用するのがおすすめです。ランキングサイトなどでは、かんたん工程表ソフトやアプリが、フリーソフトやフリーアプリとして数多く紹介されています。ランキングで紹介されているかんたん工程表ソフトは、ソフトウェアからexcel(エクセル)までさまざまです。
どのフリーソフトやフリーアプリを導入すればよいか、比較検討に迷っているのであれば、こうしたランキングサイトでかんたん工程表ソフトを探すのがおすすめです。

また、現行の工程管理システムや進捗管理システムの補助ツールのフリーソフトやアプリを、ランキングサイトから新たなかんたん工程表ソフトを探すのもおすすめです。無料でダウンロードできるかんたん工程表ソフトであれば、工程管理システムや進捗管理システムなどの、少し手間のかかるシステムを使用するほどでもないちょっとした作業や研修などで使用するツールとしては、フリーソフトやフリーアプリはおすすめなのです。
ランキングにあるかんたん工程表ソフトを比較検討して、ツールとして使いやすく、また現行のシステムにマッチしたツールとして、フリーソフトやフリーアプリを無料でダウンロードして活用しましょう。

行う工事に適切な工程表を使う意識を

工事工程表による工程管理や進捗管理を行うにあたり、ガントチャート工程表、バーチャート工程表、ネットワーク工程表、出来高曲線式工程表などがありますが、どの工事工程表を取り扱うかは、土木工事や建築工事などの工種や工事工程によって変わってきます。
また、実施工程表、作業工程表、週間工程表、月間工程表、ゼロ工程表などといった、工程管理・進捗管理を行うためにどの工事工程表がベターかも変わってきます。
例えば、ゼロ工程表に出来高曲線やネットワーク工程表はあまり使われませんし、実際にゼロ工程表に出来高曲線が使用されても工事工程表としては役に立たないはずです。

理解しやすいネットワーク工程表を取り入れてみよう

ガントチャート工程表、バーチャート工程表、ネットワーク工程表、出来高曲線式工程表のうち、ガントチャートとバーチャートは工事工程表でよく目にするはずです。実際に土木工事や建築工事の工事工程表を見たことがある人であれば、ガントチャートとバーチャートが最も目にすることが多いはずです。
それは、出来高曲線とネットワーク工程表は作成するのがやや難しいとされているからです。
しかしながら、工程管理・進捗管理を行うにあたり、進捗率や工期に影響しやすい作業を把握するには、ガントチャートやバーチャートでは役不足です。また、出来高曲線は進捗率の把握には向いていますが、工期に影響しやすい作業を把握するのにはおすすめはできません。
ネットワーク工程表であれば、進捗率も工期に影響しやすい作業も比較的簡単に理解ができる工事工程表を作成することができるのです。

ネットワーク工程表で最も使われるアロー型とは

他の工程表に比べると比較的難しいとされるネットワーク工程表ですが、その分多様な情報を含んでいる工程表でもあります。
ネットワーク工程表は作業を矢印表示する「アロー型」と、楕円で表示する「サークル型」および「イベント型」があります。3つの表示方式を比較すると、最も多く使用されるのがアロー型だと言われています。そのため、ネットワーク工程表を作成する場合はアロー型を採用すると良いでしょう。
アロー型で表される矢線は「アクティビティ」または「ジョブ」と呼ばれます。矢線は、作業活動や見積りなど時間が必要となる行動を意味しています。
矢線は作業名の上に記述をし、その作業を行うのに必要となる時間は矢線の下に記述します。アロー型では矢線の長さは時間軸を表していないので注意してください。
また、アロー型では作業軸となる矢線は左から右へと流れていきます。材料の発注搬入やコンクリ養成なども矢線で表示します。
丸印で表示される記号は「結合点」と呼ばれ、作業の開始および終了を表しています。結合点には番号が記されています。結合点に記されている番号は、一つの工程表で重複してはなりません。また、作業の進行方向に向けて数字が大きくなっていく必要があります。矢線が結合点に到達した時点で、その作業は完全に終了したものとなります。ちなみに、結合点部分は時間はゼロ時間となります。

アロー型のネットワーク工程表には基本ルールがある

アロー型のネットワーク工程表の基本ルールとして、矢線が結合点に全て入ってきた後でないと、結合点から出てくる矢線、いわゆる作業には着手できません。また、一つの結合点からの次の後続結合点に入る矢線の数は1本です。
作業がループするような矢線を戻すという使い方はできません。また、一つのネットワークについて、工事着手となる結合点と工事完了となる結合点は1つである必要があります。このルールにより工程に関する所要時間の計算ができるため、非常に大切な決まりごとの一つとなるのです。
施工手順の組み立てが終了して全ての作業が矢線で結ばれることで、工程の所要時間が計算でき、そうすることで、工期内に完了するよう工程を調整することができるようになってきます。

工程管理や進捗管理に関わるさまざまな工程表

工程管理や進捗管理における工事工程表の作成は1種類だけではありません。土木工事や建築工事などといった工種や進捗率により取り扱う工程表が変わります。
また、実施工程表・作業工程表・週間工程表・月間工程表およびゼロ工程表と、数種類の工程表による工程管理や進捗管理が必要となる場合があります。
こうした場合、実施工程表・作業工程表・週間工程表・月間工程表およびゼロ工程表をゼロから作成するわけにはいきません。加えて土木工事や建築工事などの工種ごとの工程表も加わり、工程表を管理するだけでも重労働になってしまいます。
本来であれば進捗率など工程管理・進捗管理を行いやすくするためのツールやシステムである工程表が、作業の負担になってしまいます。
こうした実施工程表・作業工程表・週間工程表・月間工程表・ゼロ工程表および土木工事・建築工事の工種別工程表については、ソフトウェアやアプリケーションソフトによる作成および管理がおすすめです。

ネットワーク工程表の作成にはエクセルテンプレートやツールを使う

実際にネットワーク工程表を作成する時には、excel(エクセル)のテンプレートやツールを使うのがおすすめです。これは、ネットワーク工程表だけではなく、ガントチャート、バーチャートそして出来高曲線でも同じことが言えます。
excel(エクセル)のテンプレートやツールはかんたん工程表ソフトウェアとして、無料でダウンロードできるものがほとんどです。また、excel(エクセル)のテンプレートツールだけではなく、マクロなどのアプリもかんたん工程表ソフトとして無料ソフトウェアとして提供されています。
まずはexcel(エクセル)のテンプレートを無料ダウンロードしてみるのがおすすめです。そして、excel(エクセル)のテンプレートにより実施工程表・作業工程表・週間工程表・月間工程表などを、ソフトウェアである程度スムーズに作成できるようになったら、excel(エクセル)テンプレートだけではなく、マクロツールやソフト、アプリなどを利用して実施工程表・作業工程表・週間工程表・月間工程表を作成すると勉強になるでしょう。

フリーソフトやアプリもネットワーク工程表の作成に使える

工程表を作成できるおすすめのツールやシステムはexcel(エクセル)のテンプレートやマクロだけではありません。無料でダウンロードできるフリーソフトやフリーアプリなども、工程表作成や管理には重要な役割を果たします。
かんたん工程表人気ランキングなどでフリーソフトやフリーアプリを比較して、無料ダウンロードして実際にシステムを使用してみると良いでしょう。
かんたん工程表人気ランキングではフリーソフトやフリーアプリなどのほかにも、excel(エクセル)などのアプリケーションソフトも紹介されています。フリーソフトやフリーアプリで無料ダウンロードして、システム的に使い方を理解し、どの機能が自分には必要なのかランキングを参考にしながら比較するのおがおすすめです。
かんたん工程表人気ランキングでフリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードする時に気を付けたいのが、土木工事および建築工事など、工種や分類に対してどこまで適応できるかです。また、かんたん工程表人気ランキングでどんなにおすすめ度が高くても、そのフリーソフトやフリーアプリなどのアプリケーションソフトだけで、理想とする工事工程表が作れるとは限らないということです。
人気ランキングで紹介されているソフトやシステムは、ダウンロード人気があるというソフトウェアです。実務の中で必要最低限のシステムが備わっていると捉えるほうが無難で、そのソフトウェアだけで工程管理や進捗率の全てを把握できるとは考えないのが良いでしょう。ランキングはあくまでもソフト同士を比較するツールとして捉えましょう。

こんなにある工事工程表を導入することで生まれる多くのメリット

土木工事や建築工事において、Excel版の工事工程表を導入することで、次の様なメリットがあります。
無料でダウンロードできるものも多いので、導入に消極的だった方も、これを機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

土木工事や建築工事に対応できる効率的な工程表の作図が可能

エクセルで、ガントチャートやバーチャート、ネットワーク工程表などの工程表が簡単に作成できます。
専任の施工管理者だけでなく、各施工会社の作業指揮者、班長でも操作や作図が可能になるのでおすすめです。

全体の工程表の他に、それぞれ工事内容に合せた工事工程表を作ることもできます。作業工程表、週間工程表、月間工程表、ゼロ工程表、実施工程表、出来高曲線など、工事期間や状況に合わせた工程表が作成可能です。
見やすく、誰が見てもわかりやすい工事工程表を、誰でも簡単に作成することができます。作った工程表はクラウドなどを利用して、社内で共有できるようにしておくと便利です。
ランキングサイトなどを見ていろんなソフトを比較し、使いやすいものを見つけましょう。

工程計画を作成する場合の一般的な手順を確認してみた

工程計画を立案する上で重要なのは、基本施工方針の策定に基づいた工法と作業手順の設定です。工程管理については、経済性を想定した適正な規模の労務・工事機械の投入を考慮して、工期の算出を行う必要があります。また、工期全体にわたって、労務・工事機械の調達や輸送に問題がないかを確認することも重要になります。工事工程に調整が必要であれば、改めて基本施工条件の見直しを行った上で、工事工程の確定を行います。
また、細かい工事の工種別工程表や月間工程表、週間工程表などの作成について検討します。工程管理については、工程の進捗に合わせて必要になる、施工図や見本などの承認、検査、立会いなどの日程についても、考慮しなければなりません。
バーチャート工程表は、作成が容易で工期・所要日数が明確ですが、重点管理作業・作業相互関係がわかりづらいです。

工程計画を作成する場合の一般的な手順は、次の通りです。 工種分類に基づき、基本管理項目である工事項目について施工手順を決める。 各工種別工事項目の適切な施工期間を決める。 全工事が工期内に完了するように、工種別工程を相互調整する。 全工期を通じて労務、資材、機械の必要性をならし、過度の集中や待ち時間が発生しないように 工程を調整する。 各種工程表を作成する。

工程管理にあたっては、実施工程が工程計画よりも、やや上回る程度に管理することが 望ましいといわれます。常に工程の進行状況を全作業員に周知徹底させ、全作業員に作業能率を高めるように努力させることが重要です。部分工事の終了日が完成期日に 収まらない場合、部分工事の相互調整を行い、全工事が工期内に完了するように しなければなりません。

工程管理の目的と手順について。 工程計画と実施工程の間に生じた差は、労務・機械・資材・作業日数など、 あらゆる方面から検討する必要があります。原因が分かったときは、速やかにその原因を除去するか、工程計画の一部を修正するなどの処置をとるようにしましょう。

工事工程に調整が必要であれば、改めて基本施工条件の見直しを行った上で、工事工程の確定を行います。 細かい工事の工種別工程表や月間工程表、週間工程表などの作成について検討します。 工程管理については、工程の進捗に合わせて必要になる、施工図や見本などの承認、 検査、立会いなどの日程についても、考慮しなければなりません。 グラフ式工程表は、作成が容易で工期・所要日数が明確ですが、重点管理作業・作業相互関係がわかりづらいです。

多くの並行作業を伴う工事に役立つのは、ネットワーク工程表だ

多くの並行作業を伴う工事に役立つ、ネットワーク工程表。
<ネットワーク工程表の利用価値>
多くの並行作業を伴う工事において、バーチャート工程表で施工管理を行うには限界があります。規模が大きな工事や、様々な工種がある工事の施工管理に役立つのが、ネットワーク工程表です。

<ネットワーク工程表は納期管理以外にも活用できる>
ネットワーク工程表の活用で、並行施工が可能な作業を把握することができ、工期の短縮を図ることができます。仮設材・重機のレンタル料や労務賃金の削減につながります。
出典:ネットワーク工程表をエクセルで作成、納期管理も他にも活用できた

<ネットワーク工程表の種類>
ネットワーク工程表には、作業を丸印で記載しているサークル形と、矢線で作業を表示しているのアロー形があります。主に作成されるネットワーク工程表は、アロー形です。

<ネットワーク工程表のメリット>
ネットワーク工程表は、工期短縮の検討に活用でき、経費削減・利益拡大につながります。作業の手順や進捗状況を正確に把握することが可能です。作業の遅延がを判断することができます。

ネットワーク工程表のこんな長所と短所

ネットワーク式工程表は、ネットワーク表示により、工事内容を系統だてて明確にし、 作業相互の関連や順序、施工時期、重点管理を必要とする作業などを的確に判断できるようにしたものです。現在使われている方法は、PERTとCPMとが統合されたものであり、 PERTは主として時間を対象とした手法で、CPMは費用を含めた手法です。

ネットワーク工程表の長所は、重点管理作業の把握が容易で、労務・資材等の投入時期がわかりやすく、 工期短縮の方針を立てやすいところにあります。 反面、ネットワーク工程表の短所は、作成に手間がかかり、各作業の進捗状況の把握が困難なところです。 ガントチャート工程表は、作成が容易で進捗状況が明確ですが、工期・重点管理作業・作業相互関係がわかりづらいです。

ネットワーク式工程表には、横線式工程表に比べて、工程表の作成に多くの費用と労力を必要とする欠点があります。また、図表の作成が複雑であるため、短期工事や単純工事には不向きです。 工事の進行に応じて余裕がなくなる経路が発生することから、余裕の少ない経路は、 クリティカルパスに準じた重点管理をする必要があります。

工事に合った運用しやすいエクセル工程表を見つけましょう

こんなにあった、土木建築工事にエクセルの工事工程表を導入するメリット
<工事工程表の導入は、前後工事の周知、工期短縮に繋がる>
日程や期限を明確にしたエクセルの工事工程表は、工期短縮やコスト削減に大きく貢献できます。様々な有料や無料ソフトがある中、工事に合った運用しやすい工程表を見つけましょう。

<工事工程表のタイムリーな変更で遅延なし>
突発的な工程変更があったとしても、使い慣れたエクセルなら簡単に変更が可能です。専任の施工管理者でなくても、工事工程表の作図ができ、遅延なく工事変更に伴う処理が完了します。

Excel工事工程表を導入することで生まれるメリット
こんなにあった、土木建築工事にエクセルの工事工程表を導入するメリット
<土木建築工事の工程表の問題点>
土木や建築工事は、施工方法・工事手順・工期などの変更が多い、季節や天候に左右される、工事作業の内容が煩雑で管理しづらい、工事内容によって長期と短期工事がある、などの問題が挙げられます。

<Excel版の工事工程表を導入することで生まれるメリット>
全体の工程表の他に、それぞれ工事内容に合せた工事工程表を作ることができます。簡単にカスタマイズできるのも、エクセル版工程表の特徴の一つです。誰でも簡単に操作や作図が可能です。

タイトルとURLをコピーしました