CADリンク集/トレーラ・trailer、セミトレーラー




トレーラ・セミトレーラのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
トレーラには、セミトレーラやフルトレーラなどの種類があります。
特種トレーラには、タンクトレーラ、バルクトレーラ、コンテナトレーラ、車両運搬車、キャリアカーなどがあります。

トレーラ・セミトレーラのCADデータにはさまざまな種類があるため、どれを使えばよいか迷うのではないでしょうか。
そこで、このページでは各社が取り扱うトレーラ・セミトレーラの特徴と、トレーラのCADデータのリンクをまとめて紹介します。


後半では、セミトレーラとフルトレーラの構造の違いや、特殊トレーラについて説明しています。

トレーラ・セミトレーラのCADデータをすぐに入手したい場合は、下記のトレーラのリンク集からダウンロードしてください。




トレーラー・セミトレーラー 2Dcadデータ

トレーラー・セミトレーラーの2Dcadデータは、
特に、東京重機、東邦車輛、日鋼トラック、トラスト、CAD forum、などのサイトで、使えるデータが参考になります。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「株式会社 NICHIUN」のサイトでは、
大型トレーラーや移動式クレーンなどの、大型重機の規格寸法図や性能が紹介されています。取り扱っている建設車両について、車両ごとに特徴や使用実績の写真が紹介されています。最大積載量100tを超える超重量級マルチトレーラーや、吊上荷重1200tのオールテレーンクレーンなどの超大型重機を取り扱っています。

東京重機東邦車輛極東開発工業日本トレクス古河ユニック日鋼トラック株式会社 NICHIUN松田産業丸辰運輸 株式会社相栄産業 株式会社藤岡運送 株式会社株式会社 上陣中村産業株式会社 小川建機トラック・バス・重機の総合情報サイト東日本産業輸送日置運送 株式会社丸喜運輸機工千代田重機工事松田建設工業CAD blocksDWG modelsCAD forum現場代理人な日々Grab CADpixabayトラストPinterestAll-free-download.comarch webFreepikThe-Blueprints.comCanStock PhotoiStockdimension CAD123RFFOTO SEARCHトレーラ cad-data.comトレーラ 図面cadデータ Googleトレーラー cad Google




トレーラー・セミトレーラー 3Dcadデータ

トレーラー・セミトレーラーの3Dcadデータについては、
特に、3D CAD BROWSER、TURBO SQUID、PIXTA、shutter stock、iStock、などのサイトで、使えるデータが掲載されています。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。
「shutter stock」のサイトでは、
2億5000万点以上の画像や動画、音楽を有料でダウンロードできるサイトです。個人で利用する場合、画像5点、または、25点を選んでダウンロードできるプランと、1か月にダウンロードできる画像点数によって支払う月額プランがあります。ダウンロードをするには、アカウント登録が必要になります。アカウント作成は無料です。

CAD forum3D CAD BROWSER3D Warehouse
pixabayPinterestGrab CADTURBO SQUIDCadNavBiblio CADarch webcgtrader123RFPIXTAshutter stockiStockHum 3DCanStock PhotoAsset Storetrailer 3Dデータ Google

積載重量を分担して支えるセミトレーラー


それでは、代表的な構造のセミトレーラとフルトレーラの違いや、特殊トレーラについて説明しましょう。

トレーラとは、厳密にいうと被牽引車のことですが、一般的には、エンジンがある運転席であるトラクタとエンジンが無い荷台であるトレーラをひっくるめてトレーラと呼ばれています。
トレーラは、建設現場で使われる重量機材や国際海上コンテナなど主に特殊で大きな貨物の輸送に適しています。

トレーラには、様々な構造がありますが、代表的なものとして主にセミトレーラとフルトレーラがあります。

セミトレーラとは、積載重量をトラクタとトレーラとで分担して支えており、連結装置を介する構造になっています。
セミトレーラについているキングピンとトラクタについているカプラーとを連結させて牽引します。
トレーラの一部の荷重をトラクタが負担することによって、トラクタの後輪に大きな制動力が発生し、運転がしやすくなります。

フルトレーラとは、総重量をトレーラだけで支える構造になっています。
トラクタ部分に荷重がかかっていないため、曲がるときに後部が揺れることがあり、運転が難しいのが特徴です。
また、荷重の支え方によりタイヤの位置が異なり、ドーリー式とセンターアクスル式とがあります。

その他、運搬するものによって特殊なトレーラがあります。
たとえば、石油などの液体を運ぶタンクトレーラや粉体を運ぶバルクトレーラ、海上コンテナを運ぶコンテナトレーラ、ショベルカーやブルドーザーなどの重機を運ぶ重機運搬セミトレーラなどです。






 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする