CADリンク集/ダンプ・トラック




ダンプ・トラックのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
積載量が2トン以下を小型トラック、4トンクラスを中型トラック、10トンクラスを大型トラックといいます。
主な形状は、平ボディ、バンボディ、ウィングボディ、冷凍冷蔵車、幌ウィングなどのCADデータが、ダウンロードできます。

ダンプ・トラックのCADデータは、種類が多い上に落とし込み方も幅広いため、どのデータを使用すれば良いかわかりにくいかもしれません。
このページでは、ダンプ・トラックのCADデータの無料ダウンロードが可能なサイトのリンク集と、ダンプトラックの特徴や大きさ、機能の差などについてまとめてご紹介します。


この記事の後半では、ダンプトラックの解説と、PTO装置を操作する上での留意点などについて説明していきます。

それではまず、ダンプ・トラックのCADデータがすぐに欲しい方のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
下記のCADデータリンク集からダウンロードしてくださいね。






ダンプ・トラック 2Dcadデータ

ダンプ・トラックの2Dcadデータでは
特に、コマツ建機販売、イマギイレ、トラスト、All-free-download.com、CanStock Photo、などのサイトで、質の高いデータが揃っています。
使い勝手が良くて凄く重宝していますよ。
「日野自動車」のサイトでは、トラックやバス、産業用ディーゼルエンジンなどを製造している企業で、トヨタグループの一翼を担っています。トラックとバスの車種別に、エンジン性能曲線図や燃費値計算条件、基礎情報、環境性能情報などを公開しています。最新の税制優遇の情報とともに、トラックとバスの車種別に適用される、減税区分の一覧を公開しています。

いすゞ自動車コマツ建機販売東京重機日野自動車西尾レントオール極東開発工業日本トレクス丸喜運輸機工中村産業スカイワーク京都藤岡運送 株式会社千代田機電レント株式会社 東部重機トラック・バス・重機の総合情報サイト新明和工業アクティオ瀧冨工業イマギイレリョーキ株式会社 電動舎カナモト株式会社 トキワサコスGrab CADAPLUSarch web建築情報.net

トラスト働く車Pinterest現場代理人な日々たけもと工務店上田技研CAD blockspixabayAll-free-download.comdimension CADThe-Blueprints.comCanStock PhotoFOTO SEARCH123RFPIXTAshutter stockiStockダンプ cad-data.comトラック cad-data.comダンプ トラック 図面cadデータ Googleダンプ 図面 Googleコンテナ車 図面 Google


ダンプ・トラック 3Dcadデータ

ダンプ・トラックの3Dcadデータは、
特に、TURBO SQUID、3D Warehouse、CAD forum、FPIXTA、Hum 3D、などのサイトで、多くの種類のデータが紹介されています。
一度試してみてはどうでしょうか。
「sharecg」のサイトでは、3DモデルやPoserなどの素材をダウンロードできるサイトです。無料の会員登録をすれば、ほとんどの素材を無料でダウンロードできます。有料の素材はサイト上部の「Store」タブをクリックすると表示されます3Dモデル用の素材は3dc、3ds、dwgなどさまざまなフォーマットのものが用意されています。

TURBO SQUID3D CAD BROWSER3D WarehouseCadNavarchive3DCAD forumGrab CADPinterestANIMIUMsharecgarch webトラストD-PROJECTBiblio CADpixabayGAHAGDLmarket123RFPIXTACanStock PhotoHum 3DAsset StoreFOTO SEARCHcgtraderダンプカー トラック 3D Google

ダンプアップするPTO装置の使い方


この項では、ダンプトラックに関する解説や、PTO装置の操作方法について説明しましょう。

工事で使われる車両のダンプトラックとは、荷台がせりあがって、土砂などの骨材をすぐに降ろせるのがダンプトラックです。
ただ、単にトラックと呼べば平ボディトラックを差し、こちらは荷物の運搬用になります。

ダンプトラックは、軽自動車から1t・2t・4t、そして8tから11tまで、様々な大きさがあります。
通常使われるダンプトラックで、最も大きなサイズはトレーラーダンプです。
工事現場ではあまり使われず、主に骨材の運搬用に使われています。

ダムなど工事現場で使われるのがマンモスダンプです。
あまりにも巨大なため公道は走行出来ず、部品を工事現場に持ち込み現場で組み立てられます。

ダンプの荷台を上げることを、ダンプアップといいます。
ダンプトラックには、ダンプアップするためにPTO装置がついています。
ダンプアップするには、PTOスイッチをオンにしてクラッチを踏み込み、荷台操作レーバーを引きアクセルを踏み込めばダンプアップして行き、荷台の土砂を下ろします。

ダンプトラックは、作業の都合からダンプアップしたまま走行出来るようになっています。
うっかり荷台を下ろすことを忘れてしまい公道走行をしてしまうと、電線を切ってしまったり、トンネルや歩道橋に激突して、重大事故が発生してしまいます。
ダンプアップした後は、荷台がちゃんと降りているか、十分に注意しなくてはいけません。

ダンプ・トラックの耳寄り情報

ダンプトラックは、荷台が傾き荷物を下す装置の付いたトラックです

ダンプトラックは、荷台が傾き、荷物をすばやく下ろすことのできる装置の付いたトラックです。ダンプトラックの略称が、ダンプカーになります。土砂や岩石などの運搬に用いられています。トラックシャシにダンプ荷台を取り付けたもので、ダンプ方向に応じてリヤダンプ、サイドダンプ、3ウェイダンプがあります。

トラックの規格は、一般に最大積載質量(t)で表します。一般的な荷物を運ぶ事業者用のトラックの大きさには、積載量別に大きく分けて、小型・中型・大型の 3つの種類があります。小型トラックは、積載量が2トン以下で、荷台がフラットなボディのもの、荷台の部分に箱形のものが付いているバンタイプのもの、クール宅配便などで見られる保冷車などがあります。

中型トラックは、積載量が4トンクラスのものを指します。小型のタイプに加えて、荷物の積み降ろしがしやすいように、荷台の横側が開くウィングタイプのものがあります。大型トラックは、積載量が10トンクラスのものを指します。木材や石材などの建設の基礎となる材料を運搬するのに適しています。小型や中型のものが更に大きくなったもので、形状や装備によって積める荷物の重さに大きな差があります。

工事計画書の図面作成にもダンプのCADデータが活躍します

荷物台の土砂や廃棄物などをダンプから下ろす場合は、油圧などによって荷物台を持ち上げて土砂や廃棄物を一気に落とします。通常、大型トラックは10トンの積載量があり、ほかには中型の5~8トン、小型の2~4トンの積載量があるダンプがあります。ダンプは、公道を走ることができるように設計されていますが、それ以外に、工事現場専用で使用するものもあります。

建設現場では、様々な用途の建設機械が活躍しています。建設機械は、荷台に積載できる積み荷制限の量が決まっているため、制限量の重さを常に把握しておく必要があります。工事用道路の計画、重機の配置計画をする際には、ダンプトラックなど車両CADデータが必要になります。また、工事計画書の図面に貼りつけるために、トラックの車両イラストデータが使われています。

ダンプやトラックのCADデータを探す際のポイント

<ダンプトラックのCADデータは多くの情報が必要>
ダンプトラックのCADデータは、平面図・立面図・旋回軌跡図など、多種の情報が必要になります。メーカーで形状も異なるため、図面の用途に合わせたCADデータを見つける必要があります。
<目当てのCADデータが見つからない場合に大事なこと>
目当てのCADデータが見つからない場合でも、業務に使う場合は、商用利用可能なCADデータを使用してください。素材によっては改変可能なCADデータもあります。実在する車種のCADデータを使用する際は、意匠権の確認も重要です。
出典:ダンプトラックのCADデータを探すコツ、見つからない場合に大事なこと

 

タイトルとURLをコピーしました