CADリンク集/フォークリフト・forklift




フォークリフト・パレットのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
フォークリフトには、ガソリン、ディーゼル、LPGガスなどで動く内燃機関式フォークリフトと、バッテリーで動く蓄電池式フォークリフトがあります。カウンタバランスフォークリフト、リーチフォークリフト、サイドフォークリフト、オーダーピッキングトラック、ウオーキーフォークリフトなどの種類があります。

ここでは、フォークリフト・パレットのCADデータのリンク集を紹介しています。
リンク集には、汎用性が高い一般的な形式のフォークリフトや、各メーカーごとの各種CADデータが揃っています。
積載量の違いなどで、イメージに合ったフォークリフトのCADデータを手に入れることができるでしょう。


そして記事後半では、フォークリフトの解説と運転する上での必要事項についても説明しています。

まずは、フォークリフト・パレットのCADデータのダウンロードサイトを紹介しましょう。お役に立てれば幸いです。






フォークリフト・パレット 2Dcadデータ

フォークリフト・パレットの2Dcadデータには
特に、コマツリフト、TOYOTA L&F、共成レンテム、西尾レントオール、APLUS、などのサイトで、高品質のデータがダウンロードできます。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「コマツリフト」のサイトでは、建設機械のフォークリフトの販売・レンタルを行っている会社です。中古車の案内もあります。販売・レンタル中のフォークリフトは、仕様書や規格寸法図をサイトで確認できます。エンジン式・バッテリー式のフォークリフト、アタッチメントや物流機器が他にもあります。

コマツリフトTOYOTA L&F共成レンテム西尾レントオール城西運輸機工松田建設工業豊田自動織機レント上田技研リョーキサコス千代田機電ジェコスイマギイレスカイワーク京都アクティオトラック・バス・重機の総合情報サイト現場代理人な日々pixabayPinterestarch webFreepikDWG modelsAll-free-download.comdimension CADThe-Blueprints.comiStock123RFCanStock PhotoPIXTAshutter stockFOTO SEARCHフォークリフト cad-data.comforklift cadデータ Googleフォークリフト 図面cadデータ Google




フォークリフト・パレット 3Dcadデータ

フォークリフト・パレット 3Dcadデータのデータは、
特に、Grab CAD、CadNav、CAD forum、3D Warehouse、Biblio CAD、などのサイトで、使い勝手が良いデータが紹介されています。
検索すれば本当に沢山のデータが出ていますよ。
「archive3D」のサイトでは、著作権がない3Dモデルがダウンロードできるサイトです。会員登録をせずに30,000個以上のフリー素材がもらえます。インテリアコーディネーター向けの、ソファー・テーブル・イスなどの3Dモデルがダウンロードできます。

Grab CADTURBO SQUIDCadNavsharecgCAD forum3D Warehouse3D CAD BROWSERPinterestarchive3DFreepikarch webAll-free-download.compixabayBiblio CADANIMIUMGAHAG123RFFOTO SEARCHPIXTAamanaimagescgtraderAsset StoreCanStock Photoforklift 3D Google

フォークリフト、回転半径が小さいのがいい


それでは、フォークリフトの解説と必要事項について説明しましょう。

フォークリフトとは、荷役用のフォーク(つめ)を車体前面に備えた荷役自動車です。フォークを油圧で昇降、傾斜させ、パレットに差し込んで荷物を持ち運びします。ホイールベースが短く、最大舵角が大きいため小回りが効きますが、短距離の荷役運搬用のため最高速度は低く、駆動輪が1輪のリーチリフトでは10km/h 程度のものもあります。
後部にカウンターウエイトを備えるカウンターバランスフォークリフトは、小回りがきき、屋外・屋内問わず用いられています。動力がバッテリーのため、定期的な充電が必要になります。積載量は0.5 t – 40 tクラスまであり、フォークリフトの中で最も一般的な形式です。マストが前後に移動(リーチイン・リーチアウト)できるリーチリフトは、カウンターバランス式より最小回転半径が小さく、倉庫内など狭隘な作業場所において広く用いられています。
私有地内で運転するには自動車の免許は必要ありませんが、公道に出る際はフォークリフト免許のほかに軽車両の運転免許も必要になります。

フォークリフト・forkliftのワンポイント情報

フォークリフト(forklift)とは

フォークリフトは、台や棚の上に荷物を乗せる役割や、倉庫や工場で荷物を運ぶ重要な役割を担っています。今までにないフォークリフト(forklift)専用の車として誕生しました。港や工場の影の力持ち的な存在といえば「フォークリフト(forklift)」ではないでしょうか。重い荷物を運び入れたりする専用車になり、車体の前にフォークがついており、そのうえに荷物をのせます。

狭い倉庫内でも問題なく作業ができるように、荷重がかかる前輪はそのまま向きをかえずに後輪(リアタイヤ)で向きを変えるのもフォークリフトの特徴です。前輪は路面を蹴りながら走る機能の役割をしています。

操作方法は通常の自動車のようにハンドルを使っていますが、後ろのタイヤが方向転換をするのは大きく異なります。またフォークリフトは、後ろに移動することもできるので、使う場所を選びません。

そもそもフォークリフトは、車体の前で荷物を持ち運んでいます。ときには人間では持ち上げられないような重い荷物を運ぶこともあります。バランスを維持しないと車体がよろけてしまう危険性もあります。そのため広報部にバラストを載せ一定に保つようにしています。

フォークリフトを製造しているメーカーは、コマツ・トヨタ・日産だけの大手だけにとどまりません。それぞれ、ガソリンエンジンを搭載したもの、天然ガスエンジン、ディーゼルエンジン、モーターなどがあり、パワーに違いがあります。野外で使うものは、主にガソリンやエンジンを搭載したものが多く、室内になるとガスを排出できないこともあり、電力でモーターを使って走るものもあります。

フォークリフトCADデータは、作業計画書や施工図において重要なデータのひとつです。
フォークリフトの旋回軌跡図、平面図、上面図などのCADデータは建設現場の設計図を作るために重要です。さまざまなメーカーで製造されており、コマツ・トヨタ・日産でも数々の軌跡図を残しています。

フォークリフトの仕組みも、3dcadを使ってcadデータの図面を使いながら確認するのをおすすめします。営業で説明しにくいポイントもcadデータの図面を使えば簡単です。3dcadなど無料(フリー)ダウンロードで誰でも使えるのも嬉しいポイントです。

倉庫や店舗、港湾まで活躍するフォークリフト

フォークリフト(英語:forklift truck)は、その取り回しの良さや荷物を運ぶ際の便利さから、倉庫や店舗そして港湾まで幅広い活躍を見せている建機です。
「forklift」の「fork」は日本語で「爪」、「lift」は日本語で「持ち上げる」という意味です。フォークリフトは爪で荷物を持ち上げるため、合わせてforkliftという名前となっています。ちなみに、英語圏では「forklift」と表現すると釣り上げする機械を指します。そのため、日本語で言うところのフォークリフトを表現するのであれば、「forklift」ではなく「forklift truck」と記します。

フォークリフトの仕組み

荷物を運ぶのが仕事のフォークリフトには、荷物を運ぶためにさまざまな仕組みが採用されています。見た目からもわかる部分としては、荷物の積み込み部分が前方になっているというところです。これは、荷物を見ながら運搬できるように、運転席より前で荷物が運べるように配慮されている形です。
また、荷物の重さに対して十分なパワーを発揮するために、前輪が駆動部となっています。一方で、狭い場所での運転や回転をしやすくするため、操舵を担うのは後輪となっています。

フォークリフト安全性を充分に確保する

フォークリフト操作は、周囲の人や配置物に注意して、安全性を充分に確保するのが最優先です。
特に、荷物や車体などで死角になりやすい部分は注意が必要です。
運搬物が崩れた場合は、安全のためフォークリフトを一旦停止させてから積み直しましょう。
また、規格を超えた荷物の積み込みや不安定な積み方は避けましょう。

現場でのフォークリフトに関する事故

フォークリフトの操作はマニュアルが基本です。
そのため、人的要因からトラブルに繋がるケースが多く見られます。
フォークリフトによる事故は、前方不注意による衝突事故だけでなく、レバーに洋服や体が巻き込まれたり、挟まれたりする事例が代表的です。

cadデータの入手や取り扱い

コマツやトヨタといったメーカーは、現在でもフォークリフトを製造・販売していますが、日産フォークリフトなど合併・吸収されたメーカーのフォークリフトは中古などが出回っている状態です。
そのため、メーカーサイトで対象のフォークリフトを探そうとしても、商品が存在しないのでメーカー公式のフリーcadデータが存在しない場合も少なくありません。
現在では、平面を図面化する2dcadだけではなく、BIMやSIMといった3dcadを活用した図面作成が国交省などにより促進されています。
cadで図面を作成したり、BIM・SIMといった3dcadでフォークリフトを利用する際には、メーカーサイトだけではなく、無料でcadを取り扱っているフリーダウンロード可能なサイトから、フリーのcadデータをダウンロードすると良いでしょう。
また、軌跡図や3dcadといった、フリーや無料で提供されているcadデータだけでは作成できない図面もあります。こういった軌跡図や3dcadの図面を作成するときには、フリーのカタログを無料ダウンロードしたり、メーカーに直接問い合わせて性能表を手に入れるなどして、旋回軌跡図、平面図、上面図などのcadデータを作り上げ図面を完成させましょう。

フォークリフトは、ガソリンか電気で動くものの2種類に分類されます

物流の発達に貢献しているフォークリフトは、大きく分けて、ガソリンで動くものと電気で動くものの、2種類に分類されます。ガソリンで動くフォークリフトは大型のもので、倉庫や製造現場などで多く使用されています。電気で動くフォークリフトは、比較的軽い荷物を持ち上げるもので、火気などに注意しないといけない場所で使われています。

CADデータを図面で使用する上で起こる問題点

<フォークリフトのCADデータがなかなか見つからない>
使えるCADデータが見つからないケースはよくあります。見つかったとしても縮尺や解像度などが、図面に合わなければ使えません。希望の機種が存在しない場合もあります。
<フォークリフトのCADデータ集から探す>
フォークリフトのCADデータ集を使えば、作業効率もアップします。20年以上前のデータは意匠権に関係なく自由に使うことができます。png形式のデータは背景が透明で、図面への転用がしやすくおすすめです。
出典:フォークリフトCADデータ、探し方と図面への落し込みを教えます

タイトルとURLをコピーしました