CADリンク集/シートパイル・鋼矢板




シートパイル・鋼矢板のCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
シートパイル基礎、鋼矢板、ハット型鋼矢板、軽量鋼矢板、シートパイル圧入、鋼矢板圧入工法などの、CADデータがあります。鋼矢板は、断面形状により、U形、Z形、直線形、H形の4種があり、圧延によって製造されます。

このダウンロードサイトのリンク集からは、河川護岸や仮設土留、 仮締切など、 広範囲に使用されるシートパイル・鋼矢板のCADデータを探すことができます。
継手をはめ込みながら連続して打ち込む、施工例集などもリンクされています。


また、記事の後半では、鋼矢板圧入工法CADを用いて、安全配置計画と施工手順の説明資料の作成方法を説明しています。

まずは、シートパイル基礎、鋼矢板、ハット型鋼矢板、軽量鋼矢板、シートパイル圧入、鋼矢板圧入工法などの、CADデータのダウンロードサイトを紹介しましょう。




シートパイル・鋼矢板 2Dcadデータ

シートパイル・鋼矢板の2Dcadデータについては、
特に、三喜 株式会社、丸藤シートパイル、エムオーテック、株式会社 トキワ、などのサイトで、高品質のデータが掲載されています。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。
「ジェコス」のサイトでは、
仮設工事の設計・施工や建設機械のリース、仮設鋼材のリース・販売などを行っている企業です。山留部材や防護構台、覆工板をどの角度からでも確認できる3Dデータを公開しています。さまざまなサイズのH型鋼のボルト継ぎ手詳細図を、PDFファイルで公開しています。

日鐵住金建材ジェコス北日本建材リース日建リースJFE建材三喜 株式会社JFEスチール丸藤シートパイル太洋ヒロセ 株式会社エムオーテック株式会社 トキワイマギイレ株式会社 メーソンCAD forum土木のお部屋鋼矢板 cad-data.com鋼矢板 図面cadデータ Google




シートパイル圧入工法 2Dcadデータ

シートパイル圧入工法の2Dcadデータは、
特に、株式会社 親和、全国圧入協会、株式会社 小澤土木、技研製作所、ダイワテクノ、などのサイトで、お探しのデータがダウンロードできます。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「セキ土木設計」のサイトでは、
公共下水道や上水道施設、共同溝、河川構造物、地下構造物などの詳細設計を行う企業です。過去に設計した、合流式下水道管渠系統図や、ケーシングマンホール構造図などが公開されています。エンビライナー工法やアンクルモール工法などの概算工事費を計算したシートを公開しています。

株式会社 德永組株式会社 親和株式会社 砂井セキ土木設計全国圧入協会株式会社 小澤土木株式会社 﨑山組能代 橋梁下部工柳生基礎センター技研製作所ダイワテクノ株式会社 松原興業渡辺アーステックオーエム設計シートパイル圧入 鋼矢板 cad Google

シートパイル・鋼矢板 3Dcadデータ

シートパイル・鋼矢板の3Dcadデータは、
特に、3D Warehouse、D-PROJECT、Pinterest、などのサイトで、使い勝手が良いデータがダウンロードできます。
一度試してみてはどうでしょうか。
「3D Warehouse」のサイトでは、
3Dモデリングソフト「Sketch Up」のための3Dモデルがダウンロードできる無料サイトです。「Sketch Up」には無償版の「Sketch Up Tree」があり、私用の範囲内で使うことができます。「Sketch Up」以外のソフトでも、いったんダウンロード後にインポートが可能です。

3D WarehouseD-PROJECTPinterest123RFシートパイル圧入 鋼矢板 cadデータ Google

鋼矢板圧入工法CADを使った、安全配置計画


この項では、事故発生を抑止する安全対策として、鋼矢板圧入工法CADを使い、安全計画と施工手順の説明資料が作成できます。

掘削工事を行う際に、掘削場所の側面地盤が崩壊し土砂が流出することを防ぐための工事が山留工事です。
山留工事には、H型鋼と横矢板で行う親杭・横矢板工法と、コの字型の鋼板を地中に埋め込むシートパイル工法、地中に連続した壁を作る地中連続壁工法があります。
なおここで、シートパイルは鋼矢板とも言います。
掘削すると地盤によっては湧水が出ることがあり、この影響が少ない工法がシートパイル工法です。
シートパイルの形状には、軽量鋼矢板、U形鋼矢板、広幅型U形鋼矢板、ハット形鋼矢板などの種類があります。
シートパイル工法ではこの鋼矢板を互いに噛み合わせて地中に埋め込みます。

シートパイルを地中に埋め込む工法には、3点式杭打機のハンマーで打撃して貫入させる打撃工法、鉛直方向の振動で打ち込むバイブロハンマ工法、油圧で鋼矢板を押し込む油圧式圧入引抜工法などがあります。
いずれの工法でも、ラフタークレーンで鋼矢板を釣りながら圧入機械で地中に埋め込む工事となります。
重機械による事故発生の防止が重要です。

そのために、建設機械の配置と合わせ作業員・監視人の人員配置を検討した安全計画と施工手順を作成します。
工事を問題なく進めるためには、その計画書をもって、作業員、届け出官庁、工事発注者、場合によっては周辺住民に対し、分かり易い説明と理解を得ることが必要です。
分かり易い説明の手段の一つとして、建設機械やシートパイルなどのCADデータを使い、3Dモデル化した説明資料による説明があります。
関係者の納得が得られると同時に、事故発生の抑止につながります。






 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする