CADリンク集/ボーリングマシン




ボーリングマシンの2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
ボーリングマシンには、地盤改良機、ボーリングマシン、高圧グラウトポンプ、ミキシングプラントなどがあります。
ボーリングマシン、土壌汚染調査専用機、高速井戸掘専用ボーリングマシンなどの、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

 このダウンロードサイトでは、ボーリングマシンなどのCADデータがたくさん掲載されています。
 2Dcad・3Dcadデータだけでなく、規格寸法図なども手に入るので、図面の添景などに活用できます。






ボーリングマシン・削孔機 2Dcadデータ

たけもと工務店、ジェコス、株式会社 高知丸高、株式会社 沖縄計測、ボーリングマシン cad-data.comなどのサイトで、人気の2Dcadデータが揃っています。
きっとお役に立つと思います。
「株式会社 高知丸高」は、大口径岩盤削孔、橋梁基礎工事など特殊基礎工事を専門にしている会社です。ボーリングマシン、杭打ち機、アースオーガーなどの2Dcadデータが無料で紹介されています。ドーナツ・ダブルオーガ工法、油圧ハンマー・フライングハンマー工法などの解説があります。
「東亜利根ボーリング」のサイトでは、ボーリングマシンの規格寸法図、仕様書が、ダウンロードできます。
「軽量型ボーリングマシン研究会」は、二重管掘削方式が可能なロックボルト工法専用機を開発した研究会のサイトです。ボーリングマシン・削孔機などの、規格寸法図、仕様書、カタログが掲載されています。エアーキッドは、エアホースのみでの駆動が可能な軽量型ボーリングマシンです。

ジェコス不二ボーリング工業株式会社 沖縄計測ニッケンキソ・コンサルタント東亜利根ボーリング共伸機電工業東邦地下工機ワイビーエム株式会社 セリオス守谷鋼機扶桑工業ボーリングマシン 図面cadデータ Google古河ロックドリル株式会社 アント鉱研工業株式会社 アマノアクティオ軽量型ボーリングマシン研究会奥山工業 株式会社アイチコーポレーションたけもと工務店株式会社 高知丸高SUPER COLORINGekouhou.net株式会社 ジオブレインボーリング調査横浜テクノスジオ・フロント 株式会社シップスレインワールドエムオーテック地山補強土東亜利根ボーリング日本建設機械商事ボーリングマシン cad-data.comボーリングマシン 図面 Google




ボーリングマシン・削孔機 3Dcadデータ

「dimension CAD」のサイトでは、数多くの3Dcadデータが紹介されています。ボーリングマシン・削孔機・不整地運搬車・クローラダンプ・キャリアダンプ、フォークリフト・パレット、ダンプ・トラック、ミキサー車、トレーラなどの3Dcadデータが紹介されています。AutoCAD、IntelliCAD、3ds Maxのデータがメインです。
「3D Warehouse」のサイトでは、豊富な3Dフリーデータをダウンロードできます。ボーリングマシン・削孔機、杭打ち機・杭抜き機、ユンボ、ホイールローダ、ユニック車、タワークレーン、キャリアダンプ、パッカー車、バケット車、工事看板、鋼矢板などのデータが揃っています。
「CIVIL CLUB」のサイトでは、ボーリングマシンのCADデータが、ダウンロードできます。
タイヤショベル、クラムシェル、ユニック車、ダンプ、生コン車、削孔機、発電機、高所作業車、橋梁点検車、杭打ち機、ボーリングマシンなど。

dimension CADThe-Blueprints.comCanStock PhotoFOTO SEARCHTURBO SQUID3D CAD BROWSERD-PROJECT3D Warehouseボーリングマシン 削孔機 cad GooglecgtraderCIVIL CLUBCanStock PhotoFOTO SEARCH

油田や温泉、そして地質調査などで用いられるボーリングマシン(削孔機)は、小型なものから大型なもの、自走式・定置式など、多種多様に発展を遂げてきました。穴をあけるだけの機械と思われがちですがその役目は幅広く、多くの作業場所の図面作成においてcadデータが必要とする場面も少なくありません。

ボーリングマシンの課題をあっさり解決する

回転式、打撃式、圧力式があるボーリングマシンの方式

ボーリングマシン(削孔機)は、原理の観点から見ると「回転式」、「打撃式・圧力式」に分けることができます。回転式のボーリングマシン(削孔機)は、「ロータリー・ボーリングマシン」と言われます。地質調査で、コアの採取を行う時に主に用いられます。水を加えながらロッドの先端を回転させて掘り進んでいきます。

グラウト注入などで用いられるボーリングマシン(削孔機)は「パーカッション・ボーリングマシン」と言われる打撃式です。先端にビットが付いているロッドを打撃することで掘り起こします。そのため、コアの採取が必要な地質調査では用いられず、グラウトの注入などで活躍を見せています。ただし、ボーリングマシン(削孔機)の打撃音が発生してしまうため、人が多い住宅街や都市部などでは使用を制限されている場合もあります。

さらには、双方の良いところを取り入れたボーリングマシン(削孔機)として「ロータリー・パーカッション・ボーリングマシン」が存在します。打撃をしながら回転力を与えることで、掘削をより強い力で行うことが可能となっています。

ボーリングマシンとは、地質調査、井戸工事、建築基礎杭等の目的で地中に穴を掘るときに使用する掘削機械の総称で、自走式・定置式などがあります。
ボーリングマシンは、次の3種類に分けられます。
・注水を行いながら回転掘削を行う、ロータリー(回転式)ボーリングマシン
・ロッドで岩盤に衝撃を与えて掘削する、パーカッション(衝撃式)・ボーリングマシン
・両者の要素を併せもつ、ロータリー・パーカッション・ボーリングマシン

どのタイプ機械を使用するかは、工事の削孔深度、削孔径、対象地質等で判断します。ボーリングマシンのCADデータや図面には、機械の形状や仕組みなどが記載されています。そこから、ボーリングマシンの性能や構造を知ることができます。

重なる岩盤をも貫通する力を備えたクローラドリル

一例として、「クローラドリル」という岩盤に穴をあけるなどが主要なボーリングマシン(削孔機)を取り上げます。クローラドリルは、主にセメントの原料となる石灰石などを砕く仕事をしています。クローラドリルで穴を開けた岩盤に火薬を詰め込み、爆発させることで岩を砕くというわけです。

また、クローラドリルは直径約6センチメートルから12センチメートル、深さ20メートル以上の穴をあけることができ、複数にも重なる岩盤をも貫通する力を備えています。ちなみに、クローラドリルはドリフタという箇所を備えている「打撃式」のボーリングマシン(削孔機)です。また、穴をあける部分は、複数の部品をつなぎ合わせて岩盤を砕いていく仕様となっています。

建設基礎工の分類とそれぞれの活用方法

建設基礎工とは、上部構造から作用する鉛直荷重や、地震や風といった水平方向の荷重を、地盤に伝達させるための構造物です。直接基礎、杭基礎、ケーソン基礎などの種類があります。
直接基礎は、構造物を、基礎地盤上に直接支持させる形式の基礎です。1本の柱を支持する独立フーチング、フーチングを地中梁で連結したものがあります。
他にも、べた基礎などの、単一の版で多くの柱や壁を支持するものなど、種々の形式があります。地表面から比較的浅いところに、良好な支持層がある場合は、経済的に有利な工法となります。

杭基礎は、既製杭や、場所打ち杭を用いる深い弾性体基礎であり、支持層が深いです。直接基礎が適用できないような場合に、よく用いられます。ケーソン基礎と並ぶ深い基礎の一つですが、一般に工費および工期の面では、ケーソン基礎に比べて有利とされています。

ケーソン基礎は、地上で製作した箱、状、たは筒状の基礎躯体(ケーソン)を、底部から地盤を掘削しながら、沈下させて設置する工法です。古くから、橋梁基礎をはじめ、重要構造物の基礎に用いられ、多くの施工実績があります。

ボーリングマシンのサイズや種類の違いの確認、CADデータ探しのポイント

建設現場の環境とのマッチングを考慮する

削孔機は種類が多いので、建設現場の場所や地質、岩盤の硬さなど、環境によって必要なボーリングマシンの種類が変わります。大きさの違いや自走式・定置式等の違いを把握しておくと、目的に合ったCADデータを見つけやすくなるでしょう。また、無料のものを使うかどうかも事前に検討しましょう。

工法の特徴によって適するボーリングマシンを知ること

ボーリングの工法は、ロータリーボーリング工法、トップドライブリバース工法、マッハ工法など、使用する機器やサイズもさまざまです。作業現場の環境が低く狭い場所か、地層の硬さはどれくらいか、騒音振動レベルはどれくらいかなどで適する工法が異なります。したがって、ボーリングマシンの選別も工法に合わせる必要があります。

例えば、狭小な敷地でボーリングを行う場合は、施工機械が小型でコンパクト性に優れているボーリングマシンを採用します。マシンの組立・解体に重機を必要としない、騒音・振動が低レベルのロータリーボーリング工法に適するマシンを選ぶことになります。

ボーリングマシンの種類の違いを知ること

3種類のボーリングマシンの特徴、どんな場所、地層に適しているかを把握しておきましょう。ロータリー式は、比較的柔らかい地盤から岩盤までの岩盤を掘削するのに役立ちます。地盤構成の把握、地質調査のコア採取等の用途で使用されます。

パーカッション式は、深度が浅く、比較的柔らかい岩質で掘削するのに使用します。
主にグラウトの注入で使用されますが、パーカッション(打撃)の騒音が発生するため、都市部や住宅地での使用には向いていません。
ロータリーパーカッション式は、パーカッション式のロッドに回転力を加え、掘削のパワー、スピードを強化したタイプです。強固な場合や玉石混じりの地層、深部の深い岩盤で使用します。

個人の共有サービスからボーリングマシンを探してみよう

メーカーのサイト以外でCADデータを探すなら、個人が作成したCADデータを共有しているサイトも見てみましょう。メーカーのサイトになかったタイプのボーリングマシン、拡張子が異なるものなどが見つかる場合がありますよ。フリーでも品質の良いものが多いので、一度見てみてください。ただし、無料でも有料でも、ダウンロードしたcadデータは、著作権について一度サイトポリシーを確認しましょう。

地質調査でコアの採取に用いられるロータリーボーリングマシン

日本語で削孔機と呼ばれるボーリングマシンの種類には、「ロータリーボーリングマシン」、「パーカッションボーリングマシン」、「ロータリーパーカッションボーリングマシン」の3種類があります。また、自走式・定置式があります。まず、主に地質調査を目的としてコアの採取を行う際に用いられるのが、ロータリーボーリングマシンです。ボーリングロッドの先端を回転させ、注水を行いながら掘削を行います。

次に、深度が浅く砂岩や泥岩など比較的柔らかい岩質に用いられるのが、パーカッションボーリングマシンです。先端にボーリングビットが取り付けられたロッドを打撃しながら掘削し、コアを採取はできないため、主にグラウト注入などの用途に用いられます。また、作業時に打撃音が生じるため、都市部や住宅街ではあまり用いられません。

そして、パーカッションボーリングマシンのロッドに回転力を加え、より掘削が容易になるよう改良されたものが、ロータリーパーカッションボーリングマシンです。深部や硬い基岩を掘削する場合に用いられています。CAD図面を無料ダウンロードする場合、ボーリングマシンの種類によって形状も異なりますので、注意が必要です。

掘削をスムーズにする上で大きな役割を果たすボーリングロッド

ボーリングロッドは、機械からの回転や給圧の力をボーリングビットに伝えるという働きを持ちます。さらに、ポンプから流れる水を供給すると同時に、摩擦熱を軽減するためボーリングビットを冷やすという効果もあるので、掘削をスムーズにおこなう上で大きな役割を果たしています。ボーリングロッドは、掘削する深さによって長さも異なりますので、フリーダウンロードサイトでCAD図面を無料ダウンロードする場合は、掘削部の深さにも注目しましょう。

ボーリングマシンの機械はロータリー式(回転式)とロータリーパーカッション式(衝撃式)とに大別されます。ロータリー式は、ビット(刃先)に回転力と給進力を加えることにより地盤を削孔することができ、コアを採取する調査ボーリングで良く使われています。ロータリーパーカッション式と比較し小型機械が多いため、施工箇所が狭い場合に使われます。また、水平ボーリング専用の機械もあり、回転方向は右回転です。

一方、ロータリーパーカッション式はロータリー式に油圧による打撃力を加えることにより急速削孔を可能にした機械です。ボーリング時に騒音が発生するため市街地での施工は制約がかかることがありますが、玉石混じりの地層等、強固な地盤でも施工が可能で、回転方向は左回転です。

地中に円筒状の穴をあけるためのボーリングマシンは、圧力や打撃、もしくは回転力を利用して掘削する建設機械です。トンネルや井戸工事のほか、地質調査にも使われます。
国内のメーカーでは、東邦地下工機、鉱研工業等が製造しています。

多様化するボーリングマシンのcadデータの正確性

ボーリングマシンは先にも紹介したように、多様性に長けているため、専門的な発展をそれぞれに遂げているマシンが少なくありません。そのため、無料のcadデータやフリー素材といったダウンロード可能なデータは、数は多いものの探すのが困難な場合もあります。こうした場合、無料cadデータやフリー素材に頼るのではなく、メーカーのカタログをダウンロードするなどして、寸法や図面を基にcadデータを作り上げるのが最も良い方法かもしれません。

自分自身で作り上げたcadデータでクライアントへプレゼンを行ったり、作業場の配置図を作り上げたりすることで、より信頼感のあるcadを作り上げることができるはずです。もちろん、無料やフリーのcadを流用して、効率よくそして正確性を持ってデータを作り上げるようにするのは、言うまでもありません。

ボーリングマシンや削孔機のCADデータは、メーカーのサイトで公開されている

ボーリングマシンや削孔機のCADデータは、メーカーのサイトなどで公開されています。
入手したデータは対応しているソフトウェアを使うことで閲覧することが可能になっています。
CADデータを閲覧すると、ボーリングマシンなどの大きさや機能を把握することができます。
削孔機などを使用する場合には、たいへん参考になる資料です。

タイトルとURLをコピーしました