CADリンク集/杭打ち機・杭抜き機




杭打ち機・杭抜き機の2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
大型の打撃ハンマーを落下させる杭打ち機、振動を用いてる杭打ち機、ピストン化しているディーゼルハンマなどがあります。
杭打ち機・杭抜き機・油圧ハンマー・バイブロハンマなどの、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

杭打ち機・杭抜き機の2Dcadデータ・3Dcadデータ・規格寸法図などをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。
無料のCADデータも揃っています。






杭打ち機・杭抜き機 2Dcadデータ

日立住友重機、アボロンシステム、柳生基礎センター、丸藤シートパイル、株式会社 アマノなどのサイトで、利用できる2Dcadデータが揃っています。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。
「丸藤シートパイル」のサイトでは、杭打ち機の規格寸法図、仕様書が、ダウンロードできます。
「杭打ち機 図面 Google」のサイトでは、杭打ち機 図面、写真、イラストが、見れます。多数のアイテムを表示できます。
「CanStock Photo」は有料ですが、質の高い2Dcadデータが揃っているサイトです。杭打ち機・杭抜き機、ボーリングマシン・削孔機、トラクター、ホイールクレーン、フォークリフト・パレット、タイヤローラ、コンプレッサ、フェンスバリケードなどの2Dcadデータがダウンロードできます。

日立住友重機日本車輌製造三和機工 株式会社アボロンシステムシロタ技研 製作所柳生基礎センター阿久根基礎工業丸藤シートパイルジェコス川重産業 株式会社エムオーテック日本基礎建設協会植田基工株式会社 丸善重機瀧冨工業共成レンテム竹本基礎工事 株式会社株式会社 アント株式会社 NICHIUN南部興産トラック・バス・重機の総合情報サイト杭打ち機 図面cadデータ Googlearch webCAD forumアットキャド東栄特殊基工astamuseDWG modelsBiblio CAD杭打ち機 図面 Google123RFiStockCanStock Photoshutter stockYasui企画


杭打ち機・杭抜き機 3Dcadデータ

TURBO SQUID、3D Warehouse、pile-driver 3D Google、D-PROJECT、Pinterestなどのサイトで、高品質の3Dcadデータがダウンロードできます。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「TURBO SQUID」のサイトでは、無料のフリー3Dモデルを紹介しています。数多くのデータがあります。杭打ち機・杭抜き機・不整地運搬車・クローラダンプ・キャリアダンプ、フォークリフト、トラック、生コン車、コンクリートポンプ車、ゴミ収集車、バキューム車、セミトレーラ、散水車などのデータが利用可能です。
「CIVIL CLUB」のサイトでは、杭打ち機のCADデータが、ダウンロードできます。
タイヤショベル、クラムシェル、ユニック車、ダンプ、生コン車、削孔機、発電機、高所作業車、橋梁点検車、杭打ち機、ボーリングマシンなど。

TURBO SQUID3D Warehouse3D CAD BROWSERpile-driver 3D GoogleD-PROJECTPinterestCIVIL CLUB123RFiStockshutter stockFOTO SEARCH

杭打ち機・杭抜き機の耳寄り情報

杭打ち機、杭抜き機のCADデータは、図面作成の生産性向上に役立つ

杭打ち機、杭抜き機のCADデータは、建設機械の特殊機械のwebサイトで提供されています。
提供CADデータは、平面図、立面図として利用できまるため、杭打ち機、杭抜き機の図面作成の生産性向上に役立てることができます。

設計事務所では、基本設計や実施設計において、意匠図や構造図をCADを用いて描くことが増えてきました。
建設現場において、施工図を描く場合にも、コンピューターを利用して図面を書くことが多くなっています。
実情に合わせて図面を変更することが多い、基礎工や仮設工などの現場の場合には、修正が容易であることは仕事の効率化につながることになります。

ビルやマンションを建設する際には、必ず基礎工事のため、杭打ち機と呼ばれるものでコンクリート杭を打ち込みます。
解体工事の時にはその逆で、杭抜き機で古い建物の基礎杭を抜く作業があります。
最近では、衛生管理的な観点と工事現場での環境維持の問題から、杭打ち機、杭打抜き機の騒音や埃、振動などが、かなり厳重に管理されるようになっています。

騒音、振動対策については、騒音、振動の大きさを下げるほか、発生期間を短縮するなど全体的に影響の小さくなるように検討しなければなりません。騒音、振動の発生を防止すること、騒音・振動が発生しても大きさを低減すること、発生期間を短縮することなどが重要になります。

 

タイトルとURLをコピーしました