CADリンク集/バケット・高所作業車



バケット・高所作業車の2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
バケット・高所作業車にはたくさんの種類があります。例えば、トラック式バケット高所作業車、トラック式スーパーデッキなどです。
他にもトラック式折り曲げ式ブーム高所作業車、自走式バケットホイール、自走式ポスト型ホイール、垂直昇降型ホイール、垂直昇降型クローラ高所作業車などの、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

 このダウンロードサイトでは、バケット・高所作業車などの便利なCADデータが紹介されています。
2Dcad・3Dcadデータだけでなく、規格寸法図なども皆がよく利用しているサイトを紹介しています。これらのサイトをお勧めします。



高所作業車・バケット車 2Dcadデータ

スカイワーク京都、イマギイレ、とまとゴンドラ、瀧冨工業、高所作業車 図面cadデータ Googleなどのサイトで、使えるが2Dcadデータ紹介されています。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。
「イマギイレ」は、建設機械器具などのレンタル・販売・修理を手掛ける会社です。アイチコーポレーション製やタダノ製の高所作業車・バケット車、橋梁点検車・トンネル点検車、不整地運搬車、路面切削機、コンクリートカッター、パッカー車、吸引車、散水車、ブレーカーなどの規格寸法図、仕様書、図面、カタログがあります。
「大原エコテック」のサイトでは、高所作業車・バケット車などの2Dcadデータが揃っています。高所作業車はシザースタイプやアームタイプが一般的です。油圧式の高所作業車の場合、圧抜けによる作業時の危険性がありますが、水圧式は圧抜けもなく高い安全性を確保できます。
「The-Blueprints.com」のサイトでは、高所作業車・バケット車、バックホウ、ブルドーザー、ユニック車、キャリアダンプ、パッカー車、散水車、ボーリングマシンなどのCADデータがダウンロードできます。そのほか、トラック、船舶、建設機械などのデータもあり、メーカーごとに分類されています。

北海産業三和機工共成レンテム木信産業アクティオ西尾レントオール城西運輸機工アイチコーポレーションエムシーサプライスカイワーク京都イマギイレ松田建設工業TADANO株式会社 東部重機デンヨー株式会社 大木産業株式会社 電動舎トラック・バス・重機の総合情報サイトとまとゴンドラ株式会社 ジャスト株式会社 トキワ瀧冨工業レント千代田機電高所作業車 図面cadデータ Google

APLUSarch webThe-Blueprints.comサポートサービスオートレント現場代理人な日々コミュニケーション・リンク大原エコテックDWG modelsCAD BLOKS freeBiblio CADCAD forum高所作業車 cad-data.com高所作業車 cad Googledimension CADYasui企画iStockThe-Blueprints.comCanStock PhotoPIXTAshutter stock123RFFOTO SEARCHコーヨー技研



高所作業車・バケット車 3Dcadデータ

Freepik、D-PROJECT、Grab CAD、3D Warehouse、高所作業車 バケット車 3D Googleなどのサイトで、たくさんの3Dcadデータが掲載されています。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。
「D-PROJECT」のサイトでは、建設機械の3Dcadデータが公開されています。数多くのデータがそろっています。高所作業車、コンプレッサ、トンネル点検車、バックホウ、ブルドーザー、トラック、ロードカッター、削孔機、工事用バリケードなどの3Dcadデータが掲載されています。
「Hum 3D」のサイトでは、3Dモデルを購入できます。高所作業車・バケット車、油圧ショベル、ブルドーザー、トラクター、ホイールローダ、クローラクレーン、クローラダンプ、タイヤローラ、LED信号機などのデータがあります。家具、自動車部品、動物などもあります。

TURBO SQUID3D CAD BROWSERGrab CADD-PROJECTFreepikCIVIL CLUBGrab CAD3D Warehouseコーヨー技研高所作業車 バケット車 3D GoogleHum 3DcgtraderPIXTACanStock PhotoPIXTAshutter stockamanaimagesAsset Store



バケット・高所作業車について知っておきたいこと

高所作業車は、電線工事や窓ガラス掃除作業でも活躍しています

高所作業車やバケット車の特徴は、人間を高いところまで運ぶ作業に特化している点にあります。バランスを保つための安全管理は勿論、高所でも安心して作業ができるように、高所作業車やバケット車は設計されています。

高所作業車やバケット車が活躍する場面としては、電線などの高い場所に施設されている設備関係の工事を行う場合などがあげられます。比較的低いビルの窓ガラス掃除などの場合にも、高所作業専用の車両のバックアップをえて清掃作業が行われています。本格的に作業をする場合には足場を組みますが、そこまで必要が無い場合には、高所作業車やバケット車が活躍します。

高所作業車はバケット車とも呼ばれる

高所作業車は、大きなカゴ状の装置に人が乗って、高い所で作業するための車両で、リフト車やバケット車とも呼ばれます。1965年に電線工事の感電事故から作業員を守る目的で開発され、現代に至るまで高所における工事、点検、補修作業の現場などで大活躍しています。高所作業の際、作業員の足場となる作業床を備えた、建設車両です。

作業床の昇降する構造により、ブーム式と、垂直昇降式に分けられます。ブーム式は、クレーンのようなブームを備え、昇降、伸縮、旋回が可能です。垂直昇降式は、プラットホームが、垂直に昇降する構造を持ち、ブームの伸縮や、旋回が困難な狭小現場でも、使用が可能です。また、走行方法により、高所作業のための機構が、トラックに組み込まれ、公道走行が可能な「トラック搭載式」があります。他には、高所作業車自体が走行機能を持ち、公道を走ることができない「自走式」などに分けられます。高所作業車は、このように構造や走行方式で分類されており、作業内容や作業場所などに合わせて、適した高所作業車を、選ぶ必要があります。

ニッケンやアクティオなどのレンタル業者には、さまざまなタイプの高所作業車を取り揃えています。作業用バスケットの床面が、地面から2m以上の高さに上げられる昇降能力があり、かつ移動能力がある車両です。主に、建設現場や大型施設での天井照明設置等といった高所作業、ガラス清掃等のメンテナンス作業の際に使用されます。外部作業での多くはブーム式が利用され、内部作業では垂直昇降式が多く利用されます。

高所作業車の場合はステージを高所に上げるスーパーデッキタイプが多くなります。作業員と資材や道具を一度に高所に上げ、そのステージ上で資材の加工や仕上げの作業がそのままできる利点があります。バケット車は、トラックに搭載されたブームやアームの先に、籠・バケットが取り付けられています。その中に乗り込んで作業を行うことになります。主に外部設備の施工や修理の際などに用いられます。足場の設置しにくい高所での作業や、垂直昇降式では届かない高所の作業等に利用されます。

高所作業車・バケット車のCADデータを活用した、危険を予防できる関係書類作り

高所作業者・バケット車はスカイマスターのアイチコーポレーションやタダノ製がよく知られています。実際は購入するよりも、ニッケンやアクティオなどのレンタル業者からレンタルすることが多いでしょう。高所作業車・バケット車は頻繁に建設現場において利用されます。

そのため、用途外使用による危険予知や労働災害の防止の注意喚起を行う必要があります。ただ単に安全表示や標語だけの注意喚起では、作業員の意識には入らず、周知徹底にはなりません。2DCADデータや3DCADデータを活用し、視覚的にも注意を促す必要があります。

高所作業車・バケット車の使用現場において、例えば2DCADデータであれば車両の設置場所の表示や、図面と合わせて使用禁止区画の表示を行えます。3DCADデータでは、危険操作の注意喚起や、外見だけでは解りづらい高所作業車やバケット車の機械的な注意点や、危険操作の様子を視覚的に表示することができます。こうしたCADデータの利用は、工事に携わる作業員への情報の共有や周知徹底に役立ちます。

ニッケンやアクティオなどからレンタルする前にあらかじめ意識を向けておきましょう。作業計画書の作成も簡単になりますよ。スカイマスターなどの高所作業車は、その名の通り高い場所で作業を行うための専用車です。高く梯子などで作業を行えない場所には、この高所作業車は欠かせません。その反面、危険な場所で作業をすることもあり、安全性についても考えていく必要があります。

高所の作業で足場を組む方法もありますが、時間がかかりすぎてしまうこと、短期工事には向きません。高所作業車は、作業が終わったあとにすぐに片付けられ撤去できる流れになります。ブームを動かしたときにバランスが崩れないように、アウトリガーなどの部品もついています。

クレーン車と同じように旋回し伸縮するなど作業場所によって変えることもできます。高所作業車といってもサイズの違いがあります。小さなものはモーターの力を使って走りますが、大きなものになるとディーゼルエンジンが主流になります。また走るためにはタイヤが使われているのも高所作業車の特徴といえます。高所作業車は他にも「アウトリガー・アクチュエーター」や「テーブルリフト」などもあり、それぞれの役割を担っています。

高所作業車には、スーパーデッキがついているものもあります。アイチコーポレーションや、ニッケン、タダノから登場しているものの多くに、スーパーデッキがついており、作業の安定性にも繋がっています。ニッケンやアクティオなどでレンタルすることもできます。作業床及び昇降装置などで構成されているスーパーデッキは、作業姿勢のままで走行できます。スーパーデッキは時間を無駄にしないこと、長期の作業にもスーパーデッキは向いています。作業内容に合わせてスーパーデッキを選んでください。

高所作業車はそれぞれ違うからこそ、cadのデータを使って図面を比較しましょう。Cadならではの内部しかわからないものもありますし、無料で使えるフリーダウンロードなども十分に活かせます。図面に迷ったとき、jwwで困ったときは使ってくださいね。

バケット・高所作業車、CAD技術者に必要なスキル

バケット・高所作業車の高さや幅を総合的に考慮して、立体的に通行可能かどうかの判断を出す能力など、CAD技術者にとって必要なスキルや能力ついて説明していきます。

高所作業車の高さや幅から立体的に通行可能かを判断する能力

平面図、断面図(横断図、縦断図)、正面図、軌跡図等の図面を作成するには、図形を立体として捉える能力が必要です。

例えば、平面図から断面図を作成する際も、今ある平面の情報から断面を作成すると、どのように見えるかを立体的に考え、図面を描く能力が必要となります。
また、バケット・高所作業車が走行可能かという検討も、高さや幅を総合的に考慮して、立体的に通行可能かどうかを判断する能力が必要です。

ミリ単位まで正確に図面を描く能力

点検工事では、設計図面のミリの間違いで大きな問題に発展します。
そのため、ミリ単位まで間違いがないか注意し、正確な図面を作成する必要があります。
ミリ単位まで間違いがないかチェックし、細かく正確に図面を描く能力が必要となります。

色や線の太さで表現する能力

設計図面には、多くの線が重なる場合が多々あります。
例えば、道路図面であれば、多くの企業の埋設管が道路地下に埋まっています。
そこに、地下構造物を設計する際には、干渉しないような位置にバケット・高所作業車を配置する必要があります。

多くの企業の埋設管等が、色々な位置や深さや大きさで埋まっているため、非常に多くの線が重複し、複雑な図面になります。
そこで、バケット・高所作業車の配置についても、線の色や線の太さを変更して区別させて、誰にでも分かりやすいように表現する能力が必要となります。

高所作業車のCADデータのダウンロードのポイント

無料で利用できるCADソフトがあるので、ぜひフリーダウンロードをしてみてください。
そのダウンロードしたフリーソフトで、メーカーが提供している平面図や正面図のCAD図を読み込んでみるとどのようなものかわかるはずです。
特におすすめはJWW(jw-cad)です。

平面図や正面図のCADデータを無料配布しているメーカーが多いものの、軌跡図や旋回軌跡図の図面を扱っているメーカーは少ないので、見つからない場合はソフトの図形を組み合わせて自作するひつようがあります。
JWWは図形を組み合わせて設計ができるので、徐々に複雑な図形の作成をしていくとよいでしょう。

ちなみに、JWWを含めてフリーダウンロードしたCADソフトで利用できる拡張子が決まっています。
まず、CADデータを扱う際には「DWG」「DXF」といった拡張子が関係してきます。
DWGはCADソフト「AutoCAD」のファイル形式です。
DWGは仕様が非公開になっていますが、様々な解析手法によって互換性のあるソフトが数多く提供されています。
導入する場合は、ダウンロードできるCADデータを使用して使い勝手を確認してみてください。

「jww」ファイルでのやり取りを行うクライアントや顧客もいる時があります。
「jww」ファイルは基本的に「Jw_cad for Windows」で開いて使うファイルです。
そのため、多様なクライアントやユーザーに対処するためにもこちらのソフトを導入しておくと良いでしょう。

加えて、「jww」ファイルをillustratorファイルに変換する時などにも重宝します。
「jww」ファイルとして提供されたり、フリー素材や無料サイトからダウンロードしたcad図を幅広く取り扱ったり、フォークリフトのCADデータを汎用的に保存しておきたいといった時のために、ソフトをダウンロードしてインストールしておくと良いでしょう。


-------------------
オフに行きたい「岬めぐりと灯台旅」あの場所を探してみませんか
今年の新しいトレンドとして「岬めぐりと灯台旅」が注目されています。
あなたも灯台旅のガイド本を参考にして、オフに行きたいあの場所を探してみてはいかがですか。
おすすめガイド本: 灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー、藤井和雄著、2023年11月発行、¥2,860
日本最北端流氷のオホーツク宗谷岬灯台から日本最南端サンゴ礁の石垣島御神埼灯台まで、
7年をかけて著者自ら現地を巡り撮影した、全国100カ所の灯台ストーリーは圧巻です。
掲載されている全国灯台100カ所の一覧は、こちらへ


灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Amazon】
灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Rakuten 楽天】
半島や岬の突端から大海原遥か彼方にまで光を届ける灯台の姿は、四方を海に囲まれた日本列島ならではのたぐいまれな魅力ある光景だと思います。灯台を訪ね歩いた巡礼の旅は、灯台の灯りを一身に受けた明るい未来に向き合う旅といえるでしょう。
-------------------


運搬車両 トラック、点検車



フリーソフト・CADデータのダウンロードサイトさがしは、こんなに面白い
タイトルとURLをコピーしました