工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板




工事看板のCADデータをお探しなら、フリーでダウンロードできるサイトを探してみましょう。同じ意味を持つ看板でもさまざまな種類のデザインを見ることができます。使用したいデザインがあれば、サイトの規約に則って無料で使用することも可能です。自分で工事看板をデザインするよりも、効率的に作業することができておすすめです。







工事看板・安全看板ソフトのまとめ

工事看板や安全看板のソフトをお探しなら、以下にまとめていますのでご覧ください。
要望に沿ったソフトがきっと見つかると思います。

HOAN0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板助六 安全標識アイコン0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板安全用品カタログ丸ごと印刷 ~立入禁止!!~0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板工事黒板文字作成0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板若手監督さん御用達 工事写真の黒板印刷ソフト0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板作業主任者一発看板 12種0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板匠 安全標識フリー(無料)作成 立入禁止編0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板工事看板くん0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板時間をかけずに ササッと作成 安全掲示板 決定版0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板現場代理人な日々0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板トラスト0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板安全施設 cad-data.com0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板安全看板 図面 Google0 - 工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板




工事写真ソフトのダウンロードはこちらからどうぞ

以下のサイトリンクはすべて工事写真ソフトのダウンロードサイトです。
無料版もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

EXCEL 簡単デジタルカメラ用 工事写真帳QuickProject シリーズ フリー版工事写真アルバム作成 「フォトマスターⅡ Pro」 フリーらくらく 写真台帳工事写真管理のフリーソフト フォトマネージャエクセル 写真帳工事写真 WorkmanQuickProject PhotoManager XMLビューア 官公庁用工事写真帳匠! 工事写真帳 (表紙付)A4縦 工事写真エクセル工事工程写真作成マクロ工事写真帳作成ツール C_Photo猫の手 工事写真簡易印刷

工事看板・安全看板、工事写真、工事黒板の課題をあっさり解決する

安全看板は、工事看板の手前に設置

工事看板とは、工事予告や工事中であることを、周辺に周知さえるための看板で、年度末等に良く道路上で見かける看板ツールです。代表的な物は、白地の看板に青枠と黒文字で作られています。工事看板には、工事の目的、工事期間、施主名、工事発注者、道路上の場合は占用許可番号や占用者を明記等、誰が何の目的で工事をしているかを明確にする必要があります。また、各自治体により看板の大きさや、表示する文字の大きさ及び内容等がマニュアルで決まっていることもあります。
安全看板とは、工事看板の手前に良く設置されていて、次のような物があります。「まわり道」「ダンプ出入口」「立入禁止」「通行止め」「路肩注意」等の、工事に対して安全予告をしている看板であり、工事看板と合わせて使われることが多くあります。
安全標識とは、工事現場内や立入禁止区域内等に設置されている標識で、次のような物があります。「高電圧」「火気厳禁」「安全第一、整理整頓」等、大きさ的にはコンパクトな物が多く、一目で分かるように黄色や緑等の目につきやすい色を用いて、注意をはらっているツールです。
工事黒板とは、工事写真を撮るときに添える小さな黒板です。工事黒板には、工事件名や場所などの情報を書きます。「蔵衛門」のような工事黒板アプリを使うと、スマホやタブレットで工事写真を撮り、デジタルの工事黒板を工事写真に合成できます。「蔵衛門」を使えば、工事黒板を誰かに持ってもらう必要がなく、ひとりで工事黒板を撮影することができて業務の効率化につながります。
また、「蔵衛門御用達」という工事写真台帳アプリと連携して、効率的に工事台帳を作成することも可能です。連携にはライセンスキーが必要となるシステムです。
「蔵衛門」はiPadやiPhoneに対応した人気の工事黒板アプリです。Android系のスマホやタブレットを使っている人は、似たような工事写真アプリを探す必要があります。

現在、公共工事では工事で撮影・作成した写真や図面、書類の電子納品が進んでいます。工事黒板アプリを選ぶ際は、監督省庁が定める電子納品の要領を満たしたものを使いましょう。

現場に合わせた工事看板を作成して、視覚に訴える現場を作りましょう

工事現場には看板が欠かせません
工事関係者御用達の工事看板は、伝えたい内容によって種類がたくさんあります。
工事をドライバーや歩行者に知らせるもの、工事に関する情報を歩行者や近隣住民に知らせるもの、工事の予告を行うもの、歩行者や作業員に危険を知らせるものなどがあります。

工事看板を現場で作成するメリットは?
工事看板は専門業者に発注して、購入やレンタルで現場に届けてもらっていますか?
出来上がった看板を選ぶ場合システムなら、納入までの期間も短く、現場ですぐ使用することができて便利ですよね。
でも、工事看板のいくつかは現場の工事名や工事期間などの現場固有の情報を入れる必要があり、特注品も少なくありません。
また、工事中に看板の情報を書き換える場面も、数多くあります。そんな時、看板を購入やレンタルではなく、現場で製作できれば、より便利だと思いませんか?製作に必要なソフトは、比較ランキングサイトなどで探しましょう。

外注せずに、現場で看板をするメリットがいくつかあります
・デザインを工夫することができ、地元のゆるキャラや自治体のマークなどを採用することができる。
・絵を中心にしたカラフルな看板を作ることで、企業のイメージアップを図ることもできる。
・情報を頻繁に変更することができ、リアルタイムの情報を提供できる。

工事看板を購入やレンタルするのもいいですが、自分で簡単に作れれば、思いついた時にすぐ作成することができます。
また、購入やレンタルより価格も抑えることができ、現場の原価率低減に貢献することができるのでおすすめです。

工事看板は、近隣住民や歩行者などの目に毎日触れるもです

現場で工事看板を作成して、看板のイメージが悪くなってしまった事例として、
 ・紙による切り貼りで情報を変更している
 ・ガムテープで図面を止める
 ・工事看板自体が古くて汚い
 ・説明文ばかりの看板で見づらい
などが挙げられます。

デザインや配色、配置などにも気を配り、現場のイメージアップにつながるようなものにしたいものです。

このダウンロードサイトで提供されているソフトウェアは、エクセル(excel)をベースにしているものが多いため、CADの扱えない人でも看板の作成ができるシステムです。難しいマニュアルなどもありません。

また、テンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)もたくさん用意されているので、工事経験者以外(新人・事務)の方でもカンタンに作成することができるシステムです。

出力をしたり、協力会社にデータを送ったり電子納品をする際などにも、特別なソフトを使っていないので、ファイルの共有が簡単なのでおすすめです。
どのソフトを使えばよいか迷う人は、ソフトの比較ランキングサイトなどを参考にしてみましょう。

一度作成してしまえば、後は現場名や工事期間を変更するだけで、次の現場での作業も、ぐっと楽になるはずです。

普段から、打ち合わせや書類作成で忙しい現場監督の方も、効率的に看板を作成して、現場の安全を守ることができます。

工事標示板類は、次の事項を基本として設置するものとされています

 ① レイアウトは単純明快にすること
 ② 工事の内容が簡単に確認できること
 ④ 設置する場所は見やすい位置であること
 ⑤ 必要最小限でもれなく情報を提供できること

このダウンロードサイトのリンク集に準備されたソフトウェアは、エクセル(excel)をベースにしているものが多いため、写真や画像の貼り込みも自由です。
作成したデータはクラウドに保存しておくと、複数の人で共有ができます。

外からは見えない現場の様子や、完成予想図など、わかりやすく情報を提供することも可能です。
工事用看板には、工事の情報を使えるだけでなく、現場内で安全管理や衛生管理などに用いられるツールもあります。

例えば、消火設備や足場など危険箇所に注意喚起を促すものや、廃棄物の分別管理などに用いられるものです。
これらの看板は色分けすることで、現場の設備が色だけで判別できるようになったり、危険度が一目瞭然にわかるようになったりします。

こういった看板も、外注せずに現場内で作成できれば、安全パトロールで気づいた危険箇所に、すぐに看板を設置したり、現場から上がったアイデアをすぐに看板の形にできたりします。
工事中に安全マニュアルを見直すような場合にも、すばやく対応できるのでおすすめです。

以上のように、工事看板を現場で作成するメリットはいろいろあります。
みなさんも一度お試しになってはいかがでしょう?
比較ランキングサイトを見れば、ソフトの評判が載っているのでソフト選びの参考になります。

エクセルのテンプレートを活用して、わかりやすく安全な現場づくりに工事用看板を役立てましょう

工事用看板を外注せずに自分で作成するメリットは、次のようなものがあります

・デザインを工夫することができ、写真や図面を使ってオリジナルの看板を作成することができます。
・安全パトロールなどで気づいた危険箇所に、すぐ注意喚起の看板を設置することができます。
・情報を頻繁に変更したり、リアルタイムの情報に更新したりと最新の情報が提供できます。
・外注するよりコストが掛からず、また納入されるまで待つ必要がありません。
・一度ひな形(雛形)を作ってしまえば、同じような工事の際にデータを再利用することができます。
・特別なソフトを使用していないので、データの受け渡しも簡単にできます。

守らなければいけない看板作成の基準もわからないし、センスのいい看板を作る自信もないという方にも、エクセル(excel)のテンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)が数多く準備されたこのサイトのソフトウェアであれば安心して作成できるはずです。

また、普段CADソフトを使わない人でも、エクセル(excel)ならば慣れているのではないでしょうか?
そんなCAD操作に慣れていない人にも、マニュアルを読む必要がなく、看板作成を手伝ってもらうことができます。

現場から出た意見や近隣住民の方の意見も取り入れ、わかりやすく安全な現場づくりに工事用看板を役立てましょう。

工事看板・安全看板 ソフト、工事黒板蔵衛門

工事現場の工事看板の設置について検討します。工事期間は、支障を与える工事期間のうち、工事終了日、工事時間帯等を標示します。工事安全管理計画書、安全管理体系図、工事看板、安全看板、安全管理ポスター、工事ポスターなど、安全衛生管理・安全施工サイクル表・工事看板が無料でダウンロードできるフリーソフトです。ソフトで製作したデータはクラウドに保管しておくと便利です。

施設利用者に、工事の情報をわかりやすく提供することにより、円滑な施設利用を確保します。工事看板の設置をはじめとした、現場における標示施設、防護施設の設置・管理などが規定されています。
作業主任者・技能資格者看板の作成、労働安全衛生法に記載の条文を使用、お願い板・通行止め・片側通行・一時停止・ダンプ出入口・工事中などの人気の工事看板などの工事看板・安全看板、安全標識のフリー(無料)のソフトウェアです。

工事黒板は、工事写真を撮る際に添える小さな黒板です。狭い足場など工事黒板を置くのが難しい場合は、スマホやタブレットで工事写真を撮り、黒板を表示させるアプリを使って合成します。工事黒板アプリ「蔵衛門」は、撮影した工事写真に黒板画像を簡単に貼り付けることができます。誰かに黒板を持ってもらう必要がないので便利です。「蔵衛門」のダウンロードは無料です。「蔵衛門」は2500種類以上の黒板用テンプレート・フォーマット・ひな形(雛形)を搭載し、工事現場に合った工事黒板を工事写真に合成することができます。

また「蔵衛門」は「蔵衛門御用達」というソフトウェアと連携すると、工事写真台帳を瞬時に差作成できます。「蔵衛門御用達」は工事写真台帳ソフトです。クラウドにデータをバックアップすることもできます。
「蔵衛門御用達」は「蔵衛門」アプリを入れたデバイスで撮影した写真を、工事現場別などに自動的に振り分け、写真整理の手間がかかりません。
さらに「蔵衛門御用達」で作成したデータは、国土交通省をはじめとするさまざまな監督官庁の電子納品出入力基準に対応しています。
ただし、「蔵衛門」はiPadまたはiPhoneでしか使えません。また、「蔵衛門御用達」はWindows系のパソコンのみで使えます。両者を連携させるにはライセンスキーが必要になります。

Android系のスマホやタブレットを使っている場合は、Android系のスマホ・タブレットに対応した工事黒板アプリを探して使いましょう。
Android対応の工事黒板アプリも「蔵衛門」と同様に、無料でダウンロードできるものがあります。ネットを検索して調べてみてください。
現在、国土交通省をはじめとする多くの公共工事では、工事に関わる図面や写真の電子納品が進んでいます。工事黒板アプリなどをうまく使い、業務の効率化を実現しましょう。

施工主体は、施工主体とその連絡先を標示します

施工主体は、施工主体とその連絡先を標示します。地山の掘削作業主任者、土止め支保工作業主任者、ずい道等掘削等作業主任者、現場の安全標識や案内看板、安全掲示板・工事安全標識・作業主任者の職務などの作成など、工事看板・安全看板、安全標識のソフトです。
必要事項を表示した標示板を工事区間の起終点に設置しなければなりません。安全管理、土木工事、安全書類、全建統一様式、エクセル(excel)書式、建設工事、安全衛生管理・安全施工サイクル表・工事看板のフリーソフトです。こうしたソフトを使うと電子納品ができるようになります。無料でダウンロードできるフリーソフトで、ライセンスキーなどは不要です。工事内容は、工事の内容、目的などを標示します。工事種別は、工事の種類を標示します。

工期の限度内で、経済的な工程を検討しなければなりません

求められる工期の限度内で、さらに経済的な工程を検討しなければなりません。工事進捗状況表、工事成績の逆算シミュレーション、工事進捗率の計算、作業日報から原価管理、労務管理、材料の数量管理、支払い業者別の管理など、施工管理の人気ソフトウェアです。作成した書類は電子納品が推奨されています。
地質や気象などの環境面、現場独自の自然条件についても十分に調査する必要があります。労務計画は、作業人員の移動を極力減少させることを想定して、工種毎の工程順序、所要日数を修正することが肝心です。
エクセル(excel)、施工計画書、作業計画書、安全施工サイクル、工程管理、工程表、工事看板などのフリーソフトが、無料でダウンロードできます。電子納品にも役立ちます。ライセンスキーはいりません。発注者より求められる工期が、施工者にとっていつも最良の工期とはいえません。

安全標識とは?フリーソフトを使って作成するには

安全標識とは、特定の行動を禁止したり目的を明確化したりする、危険を警告するなどの意味を持つ標識のことを言います。例えば「消火装置設置場所」や「AEDキットの場所」を示すもの、非常口への誘導標識なども安全標識に部類されます。

安全標識を作成するなら、無料でダウンロードできるフリーソフトがおすすめです。また、無料でcadデータを公開しているサイトもあります。そうしたサイトは無数にありますが、人気ランキングサイトを活用すれば、どんな安全標識が人気か、使いやすいかを比較することができるので、ぜひ利用してみてください。

「見える化」がいかに大事か

安全標識は、見られることによって現場に潜む危険などから注意を促すことができるものです。ですから、見られなければ意味がありません。また、見た人がはっきりとその意味を理解することができ、瞬時に行動に移せることが何より重要です。さまざまな種類の人が働く工事現場では特に、安全標識のデザイン性、設置する場所、位置、高さなどが大きなポイントになります。

安全標識の種類の基礎知識

安全標識は、①禁止標識②指示標識③注意警告標識④安全状態標識⑤防火標識という5種類に分類されています。

①禁止標識
禁煙、立ち入り禁止、さわるな、火気厳禁など、赤丸に斜線を引いてそのものを禁止するマークがつくことが多いのが禁止標識です。

②指示標識
安全靴着用、防護服着用、ヘルメット着用など、行為を指示するために使われるものです。

③注意警告標識
転落注意、感電注意、段差注意など、危険が及ぶ可能性がある場所で注意を促すためのものです。

④安全状態標識
非常口、避難所、避難はしごなど、安全であること、ものを指すためのものです。

⑤防火標識
消火器、非常ボタン、非常電話など、消防機器の存在を示すためのものです。

安全標識は、ISOによって定められた作図の原則に沿って作成する必要があります。デザインを作成する場合は、そうしたルールを守って作成するように注意しましょう。

路上工事看板のデザインが新しくなりました

工事標示板類には、次のようなものがあります。工事標示板、工事予告標示板、車線減少標示板、方向標示板、交互通行標示板、停止位置標示板、徐行標示板、段差予告標示板、工事終了標示板、迂回路標示板、迂回路補助板、立入禁止標示板、歩行者通路標示板、工事情報板、工事説明看板などがあります。また、保安用品の種類には、バリケード、セフティコーン、保安灯、工事用信号機などがあります。

工事内容などをわかりやすく表示するため、 路上工事看板のデザインが新しくなりました。 何のために工事をしているのか、いつになったら工事が終わるのか、といった道路利用者の声に応えるため、 工事内容、工事目的、工事期間などが一目でわかる新しい路上工事看板が、全国の路上工事に導入されました。

新しい路上工事看板のデザインは、全国の各地域で試行が実施され、多くの道路利用者や景観、 認知工学等の有識者の方からの意見を参考にして決定されました。 新しい路上工事看板の導入にあわせ、歩行者や工事現場の住民に対して情報提供するための看板も新たに設置されます。

工事現場の安全看板などは、必要事項を表示し工事区間の起終点に設置する

工事現場の工事看板などの設置については、次の事項を表示した標示板を工事区間の起終点に設置しなければなりません。 工事内容は、工事の内容、目的などを標示します。 工事期間は、支障を与える工事期間のうち、工事終了日、工事時間帯等を標示します。 工事種別は、工事の種類を標示します。 施工主体は、施工主体とその連絡先を標示します。

施設利用者に、工事の情報をわかりやすく提供することにより、円滑な施設利用を確保するため、 工事看板の設置をはじめとした、現場における標示施設、防護施設の設置・管理などが規定されています。

工事標示板類は、次の事項を基本として設置するものとされています。 レイアウトは単純明快であること。 標示板類の統一性に留意すること。 通行規制の内容を確認すること。 設置する場所は見やすい位置であること。 標示板類の設置枚数は、必要最小限であるよう留意すること。

建設工事などの施工写真には写真区分があります

工事写真の整理については、国土交通省や、地方自治体で写真区分が基準化され、共通仕様書などに記載されています。 基準化されている写真区分は、次の通りです。 着手前および完成写真、施工状況写真、安全管理写真、使用材料写真、品質管理写真、出来形管理写真、災害写真などの写真区分があります。工事写真の整理を行う場合は、この写真区分ごとに整理する必要があります。施工の、どのタイミングで、どの箇所の写真を撮るかということも、写真撮影箇所の基準で、決められています。

工事写真の撮影対象、撮影箇所は、撮影の目的や工事内容により、監督職員と協議して決定してください。 工事写真の撮影方法についは、次の内容を記入した黒板・白板を、文字が判読できるよう撮影対象とともに写し込みます。工事名、工事種目、撮影部位、寸法規格、表示マーク、 撮影時期、施工状況、立会者名・受注者名など。デジタルカメラで工事写真を撮影する場合は、有効画素数、記録形式などについて、監督職員と協議して決定します。

工事写真は、紙または電子のいずれかで提出するものに、位置づけられる

施工管理における、工事写真の撮影と提出について。
工事写真はカラー写真とします。工事写真は信憑性を考慮し、工事写真の編集は認められません。工事写真の大きさは、L版、サービスサイズ程度とします。工事写真は原則として、原本とアルバムを工事完成時に、1部づつ提出します。原本はネガとし、APSの場合はカートリッジフィルム、電子媒体とします。黒板・白板の判読が困難な場合、黒板・白板を写し込まない場合は、必要事項を記入し、原本・アルバムに添付します。撮影箇所がわかりにくい場合には、撮影位置図、平面図、構造図等の説明図等を原本・アルバムに添付してください。

国土交通省のデジタル写真管理情報基準では、工事完成図書の分類について、紙のみで提出するもの、 紙または電子で提出するもの、紙と電子の両方で納品するもの、電子のみで納品するものに分けられています。

工事写真は、紙または電子のいずれかで提出するものに、位置づけられました。 また工事写真は、従来は工事完成図書として図面ファイルと一緒の媒体で納品していましたが、 工事写真だけの提出となりました。
紙または電子のいずれかで提出するものには、 工事写真、工事打合せ簿、材料確認願、段階確認書、確認・立会願、施工計画書、工事履行報告書、 関係機関協議資料、品質管理資料、出来形管理資料などがあります。

工事看板フリーソフトが工事現場の業務効率を向上させる

工事看板のフリーソフトを導入して、業務の効率化を
<工事看板ソフトが工事現場の業務効率を向上>
工事看板・安全看板・安全標識は、工事現場での必要な情報や危険の存在を、周囲に対し一目で伝達できます。ひな形やテンプレートとして、エクセルソフトを利用し業務の向上を図りましょう。
<自由にアレンジできる工事看板のエクセルソフト>
会社名を入れてアピールしたり、文言を付け加えてより注意喚起を促したり、アレンジも自由に行うことができます。有料ソフトは、テンプレートやデザインが豊富で、工事看板の作成にも幅が広がります。

工事看板のフリーソフト導入のメリット
工事看板のエクセルソフトが現場の無駄を削減、フリーソフト
<工事看板のエクセルソフトは操作が簡単>
エクセルのひな形、テンプレートが主体なので誰でも簡単に使えます。目的のものを選択し、用紙サイズに合わせて印刷するだけの作業です。後は、ラミネートなどで防水の処理を施します。
<工事看板のエクセルフリーソフト導入のメリット>
工事現場で必要となる、あらゆる種類の看板が揃っています。エクセルがベースのためアレンジがしやすいのが利点です。外注費を減らしコストの削減が促進されるため、原価管理の効率が高まり、現場管理に貢献できます。

タイトルとURLをコピーしました