出来形管理・工事台帳、実行予算書、出面管理










出来形管理・工事台帳、実行予算書、出面管理のものすごく便利な情報

出来形管理は、施工された出来形が契約条件を満足しているかを確認する

出来形管理は、施工された構造物が発注者の意図する規格基準に対して、どの程度の精度で施工されたか、その施工技術の度合を管理するものです。出来形管理では、施工管理基準の各工種の測定項目を定めた出来形管理基準、出来形に対する合否の判定の規格値が規定されています。出来形管理は、それらの基準を遵守して管理を行い、契約条件に十分満足している必要があります。また、見えない部分の構造物については、工事完了後明確に確認できるように、写真による出来形の整理を行わなければなりません。出来形管理資料としては、測定結果総括表、測定結果一覧表、出来形管理図表、出来形管理図、工程能力図、度数表、ヒストグラムなどの資料があります。

出来形管理は、施工された出来形が契約条件を満足しているかを確認するために行うものです。 また、出来形管理で作成された出来形管理資料は、出来高数量計算の基礎資料となります。 出来形管理資料としては、測定結果総括表、測定結果一覧表、出来形管理図表、出来形管理図、工程能力図、度数表、 ヒストグラムなどの資料があります。

実行予算の精度を高め、予算作成業務のスピードアップを図るためには、類似工事の実績、企業独自の標準歩掛などの蓄積・整備が必要になります。 工事原価は、直接工事費と、間接工事費に分けられます。 直接工事費としては、材料費、労務費、水道光熱費・機械経費などの直接経費があげられます。 間接工事費としては、運転費・仮設費・安全費・役務費・技術管理費などの共通仮設費、現場管理費があげられます。 一般管理費等とは、一般管理費と利益のことをいいます。

建設土木工事の出来形管理、二回抜取り検査、全数検査、抜取検査について

建設土木工事の出来形管理については、二回抜取り検査、全数検査、抜取検査などの検査を 実施して所要の品質を確保する必要があります。 二回抜取り検査は、1つのロットについて、1回目として指定した大きさのサンプルの 試験結果の合否を判定します。検査続行となれば、2回目として指定した大きさのサンプルの 試験結果を1回の試験結果と類型成績により判定して検査します。 全数検査は、検査ロット中のすべてについて実施する検査で、不良品の混入は許されません。 ロットの大きさが小さい場合に適します。

出来形管理・出面管理のフリーソフト導入のメリットを検証してみた

<出来形管理のフリーソフトは操作が簡単>
一画面で工事名や発注年度、発注者、工期開始日や終了日などの入力が可能です。迷わず使える使い勝手のよい操作性です。工事情報を入力する際に測点を登録すると、施工した構造物の精度を明確に示せます。

<出来形管理・出面管理のフリーソフト導入のメリット>
多くの構造物の略図が収録されており、思い通りに編集することも可能です。CADソフトなどで作成した略図を使用することもできます。出来形管理図表などと工事写真を一緒に管理することが可能です。

<出来形管理ソフトが施工精度を明確に示す>
出来形管理のフリーソフトを使用すれば、発注者が望む規格基準に対して、施工した構造物の精度を明確に示すことができます。実行予算書を作成すれば、コスト削減ができる部分を明らかにできます。

<出来形管理のフリーソフトは操作が簡単>
パソコンなどの操作に自信がない人でも迷わずに使えます。工事ごとにツリー構造となっているフォルダに格納して管理できます。その都度、必要なデータの呼び出しが容易にできます。


タイトルとURLをコピーしました