看板・広告塔・標識の計算










看板・広告塔・標識の計算で圧倒的に役立つ知識

看板、広告塔の構造計算を行う際の設計条件と経年劣化とは

看板、広告塔の構造計算を行う際の設計条件は、建築基準法、日本建築学会編「建築基礎構造設計指針」、「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」等の関連規準に準拠して設定します。
地域条件としては、地表面粗度区分、基準風速などがあります。
使用材料と荷重としては、柱材、看板材、下地材、下地材の設置間隔、副部材や設備などが必要になります。
材料強度の設計条件としては、柱脚の固定方法、コンクリートの設計基準強度、地盤種別、地盤の地耐力、基礎タイプ、柱主筋、ベース筋などがあります。
部材の寸法関係では、看板の幅、看板の高さ、柱の間隔、最高高さ、基礎深さなどが必要になります。
部材の断面性能として、単位重量、断面積、断面2次モーメントなどを設定します。

材料は、年月が経つにつれて劣化していきます。これを経年劣化とよびます。例えば、海風が強い土地では鉄骨、鉄筋が錆びやすいことなど、使用される環境によって経年劣化を見据えた設計が必要になります。また、時とともに材料の強度も変化します。さらには構造物をとりまく環境や想定される荷重自休が変化する場合もあります。

一般道路の案内標識、警戒標識の種類とその役割について知っておきたいこと

一般道路の案内標識には、目的地・通過地の方向、距離や道路上の位置を示し、目標地までの経路を案内する次の標識があります。目的地の方向や距離・路線名・路線番号など経路を案内する標識、都道府県・市町村の境界や地点を案内する標識、待避所・パ-キングなどの附属施設を案内する標識などの標識があります。

道路標識である警戒標識は、道路管理者が設置しています。 直轄国道に設置されている警戒標識は国土交通省が設置しており、補助国道・主要地方道・一般県道は その道路のある都道府県、または政令指定都市が設置しています。 案内標識は、国土交通省、都道府県、市町村など、それぞれの道路の道路管理者が設置しています。 標識の柱には、設置者を示すラベルが貼ってあります。

一般道路の案内標識には、目的地・通過地の方向、距離や道路上の位置を示し、目標地までの経路を案内する次の標識があります。
①目的地の方向や距離・路線名・路線番号など経路を案内する標識
②都道府県・市町村の境界や地点を案内する標識
③待避所・パ-キングなどの附属施設を案内する標識
案内標識は、国土交通省、都道府県、市町村など、それぞれの道路の道路管理者が設置しています。標識の柱には、設置者を示すラベルが貼ってあります。

警戒標識は、道路上で警戒すべきことや危険を知らせ、注意深い運転を促すために設置されます。 警戒標識には、道路交差点あり、ロータリーあり、右方屈曲あり、左方屈折あり、右つづら折りあり、踏切あり、 学校・幼稚園・保育所等あり、信号機あり、すべりやすい、落石のおそれあり、路面凹凸あり、 合流交通あり、車線数減少、幅員減少、二方向交通、上り急勾配あり、道路工事中、横風注意、 動物が飛び出すおそれあり、その他の危険、などの標識があります。

まだ外注? 自前で簡単! 看板・広告塔計算フリーソフトのすすめ

最適な看板支柱を選択しコスト改善しましょう。
<ソフトを使えば構造計算書が簡単に作成できる>
使用する材料や看板の形状などがわかれば、必要項目の入力だけで、官庁・審査機関へ提出できる構造計算書が作成できます。作業時間の短縮・確認申請業務への迅速な対応も可能となります。

<最適な看板支柱を選択しコスト改善できる>
看板の形状と支柱を相互に検討することで、コストパフォーマンスに優れたものを選定することも可能です。看板・広告塔計算ソフトを使用して、作業時間の短縮、人件費削減を実現できます。]

<看板・広告塔計算ソフトは、直感的な操作が可能>
看板の大きさや構造・使用部材などをプルダウン形式、またはフローチャートに基づいて入力していくだけなので、必要な項目を伝えれば、専門的な知識が無くても充分使いこなすことができます。

<一般的な形状の看板基礎に対応している>
看板基礎形状の一般的な「ポール」「1本柱」「2本柱」「ダブル看板」など、様々な構造に対応しています。看板形状に最適な基礎形状を比較、検討できる統合された看板・広告塔計算ソフトもあります。


タイトルとURLをコピーしました