機械損料の計算










機械損料の計算の耳寄り情報

機械損料の計算フリーソフトの積算で見習うべきこととは

<機械損料は適用ミスに注意、現場ごとの補正も必要>
現場によっては豪雪地域補正、岩石土木作業補正など、悪条件に対して損料の割増しにより対応します。機械損料の理解不足による適用ミスが発生しない工夫が求められます。

<一般的な建設機械を使用する場合に注意すること>
工事に使用するのが一般的な建設機械の場合は、機械損料表に示されている値で損料を計算できます。土木工事の積算ソフトなどを利用する場合は、引用データの作成年度にも注意しましょう。

<特殊な建設機械の使用は、現場に最適な機械を選択する>
特殊な機械の使用には、類似する機械や工法などから損料を算出する必要があります。現場状況や作業内容を検討して、最適な機械を選択しましょう。機械損料の計算ソフトを使って、土木工事の積算をしてみませんか。

<機械損料を適用するとき間違えやすいポイント>
機械損料は毎年更新されます。常に最新のデータであるか注意しましょう。時間当たり、日当たりなどの単位に注意して積算しましょう。機械の仕様、規格などに注意して、必要な作業が可能な条件設定にしましょう。
出典:機械損料の計算ソフトを利用した土木工事の積算で見習うべきこと


◇ よく読まれている関連記事と広告






数量計算 ソフト
フリーソフト・CADデータのダウンロードサイトさがしは、こんなに面白い
タイトルとURLをコピーしました