建築工事の積算、躯体・内装・仕上げ










建築工事の積算、躯体・内装・仕上げで知っておくべきコト

住宅の建築工事で行う積算で留意しておきたいポイント

建築工事の積算について。 実際にかかる工事で使用する部材の数量を算出することを積算といい、住宅の場合、施工を請け負う予定の工務店が行う場合が大半です。積算では、まず建物を構成するすべての材料の数量を実施設計の図面をもとに算出します。この数量に、材料の単価を掛け合わせ、手間賃、運搬費、工務店の経費などを計上していきます。建物を構成する部材の種類は多岐にわたり、数量も数えられる物から、数えきれない物までさまざまです。

余剰分を見込んで発注しておかないと材料が不足してしまうこともあります。そのため、それぞれの部位・部材ごとに係数が設定されており、図面から拾った数量に係数を掛けてから単価を掛けて金頷を算出します。膨大な作業であるが、積算した結果、予算と相違するケースも多く、その場合、建築主と設計者は相談して、減額や増額案を検討します。予算に合うまで、調整を行う必要があります。

建築積算のフリーソフト導入で、建築現場の事務負担を劇的に軽減する

<原価と見積額の把握が同時にできる積算ソフト>
積算ソフトなら、あらかじめ決まった形式があるので、原価の変更や追加があっても素早く反映できます。現場ごとの利益率や、工事項目ごとの利益率などを正確に把握することもできます。

<建築工事の積算ソフトには、クラウド対応型のソフトも>
現場に出ることが多いスタッフ向けに、スマホやタブレットPCなどからデータを入力できるクラウド対応型のソフトもあります。ネット環境があれば、どこからでもデータの入力が可能です。
出典:建築積算のフリーソフト導入で、建築現場の事務負担を劇的に軽減する

<ソフトの導入で、現場の事務負担を軽減>
建築工事の積算業務は、原価確認や見積書の作成に不可欠なものです。建築工事積算ソフトを用いることで、その積算業務を効率的に行うことが可能です。データが蓄積されると、より業務にフィットしていきます。

<繰り返しの入力作業が削減できる>
建築工事は、項目や単価などが共通なことも多くあります。躯体工事なら柱のサイズや構造部材の単価を、内装工事なら壁紙や床材などの単価を設定しておけば、積算が短時間で完了します。

積算・単価・見積書のフリーソフトには、 測量経費積算、機械運転単価表、設備積算ソフト、簡易土留の賃料計算、建築見積ソフト、公共工事見積比較表、公共工事積算ソフト、建築工事の積算単価表 などのフリーソフトがあります。


タイトルとURLをコピーしました