ダクト圧力損失計算、抵抗計算、空調負荷計算










ダクト圧力損失計算、抵抗計算、空調負荷計算をチェックしてみた

ダクト換気による圧力損失計算で適切な換気風量を求めることは重要です

空調設備システムの計画については、空調システムシミュレーションを行うことで、エネルギー消費量の定量的な分析をし、制御性の客観的な評価をして、より適切な空調システムを選択することができます。また、時々刻々のエネルギー消費量の予測位を使って、契約方法および季節、時間帯などによって単価が変わる電力会社やガス会社の料金制度を考慮したランニングコストの計算ができます。

ダクト換気による圧力損失計算を行い、ダクトの長さ、曲りの数、屋外取付部材などから、適切な換気風量を求める必要があります。必要換気風量計算は、ダクト径、ダクトの種類、配管経路、長さ、曲りなどから計算します。直管部の圧力損失は、摩擦抵抗線図より求めます。局部の圧力損失は、局部損失係数より求めます。ダクト系全体の圧力損失を求めます。ダクト系全体の直管相等長は、部材の直管相等長表から求めます。得られた圧力損失に余裕を加味して、必要静圧を設定します。このようにして、静圧風量特性曲線より、特性を満たすダクト機種を選定することができます。

静圧風量特性曲線より、特性を満たすダクト機種を選定することができます。 局部の圧力損失は、局部損失係数より求めます。ダクト系全体の圧力損失を求めます。 ダクト系全体の直管相等長は、部材の直管相等長表から求めます。 得られた圧力損失に余裕を加味して、必要静圧を設定します。

流量線図を用いたダクトサイズの決定方法とは

ダクトサイズの決定方法としては、等圧法、等摩擦法による方法が一般的です。これは、そのダクト系統における最長または抵抗が最大となる経路について、単位長さ当りの圧力損失が一定となるようにダクトサイズを設計する方法であり、流量線図を用います。ダクトサイズの決定方法としては、等圧法が最も計算が容易で、特に概算計算を行う場合に有効であるといえます。一般空調・換気設備においては、低速ダクトによる設計が一般的で、ダクトサイズは単位長さ当りの摩擦損失を、1.0~2.0Pa/mとして設計することが多いです。

ダクトサイズの計算方法については、ダクトの部材、形状、送風量、サイズ決定基準からサイズを求めますが、 送風機の静圧から逆算してダクトのサイズを選定することもできます。 熱負荷計算について、機器を選定するための熱負荷計算は、時間ごとの最大熱負荷計算を行います。 エネルギー消費量を計算するための熱負荷計算は、年間熱負荷計算を行います。 ポンプを選定する配管抵抗計算については、配管の部材、形状、サイズ、水量から抵抗損失を求め、ポンプに必要な揚程と動力を計算します。

ダクト抵抗計算の送風機選定、空調機の空気線図の作成で知っておきたいこと

ダクト抵抗計算の送風機選定については、ダクトの部材、形状、サイズ、送風量から抵抗損失を求め、送風機に必要な静圧と動力を計算します。
空調機の空気線図の作成については、空調機の室内冷暖房負荷、外気量、送風温度差を用いて、送風量、加湿量、外気負荷、空調機の必要能力などを計算し、空気線図を作成します。

ダクトの抵抗計算について、 送風機を選定する場合は、ダクトの部材、形状、サイズ、送風量から抵抗損失を求め、 送風機に必要な静圧と動力を計算します。
空調機の空気線図の作成については、 空調機の室内冷暖房負荷、外気量、送風温度差を用いて、 送風量、加湿量、外気負荷、空調機の必要能力などを計算し、空気線図を作成します。
ポンプを選定する配管抵抗計算については、 配管の部材、形状、サイズ、水量から抵抗損失を求め、ポンプに必要な揚程と動力を計算します。

温度差がある場合の熱伝導の計算方法とは

熱伝導とは、1つの物質内で熱が伝わることをいいます。 また、材料によって、熱の伝わりやすさが異なることを、熱伝導率といいます。 例えば、金属は、樹脂などよりも熱伝導率が高く、熱が伝わりやすいということになります。 ある物質内での熱伝導を計算するには、一般には、有限要素法を用いたソフトを使用します。

円筒物体に伝熱がある場合、物体の両面には温度差が生じます。 円筒形に熱が伝わる物体の温度差は、 外半径、内半径、物体の熱伝導率、伝熱量の数値を用いて計算します。 厚さのある物体の両面に温度差がある場合、伝熱量が発生します。 平板の温度差がある物体の伝熱量は、熱伝導する面積、物体の厚さ、物体の熱伝導率、温度差の数値を用いて計算します。

円筒物体の両面に温度差がある場合、円筒長さ当たりの伝熱量が発生します。 円筒の温度差がある物体の伝熱量は、 外半径、内半径、物体の熱伝導率、温度差の数値を用いて計算します。 円筒物体に伝熱がある場合、物体の両面には温度差が生じます。 円筒形に熱が伝わる物体の温度差は、 外半径、内半径、物体の熱伝導率、伝熱量の数値を用いて計算します。

厚さのある物体の両面に温度差がある場合、伝熱量が発生します。 平板の温度差がある物体の伝熱量は、 熱伝導する面積、物体の厚さ、物体の熱伝導率、温度差の数値を用いて計算します。
厚さのある物体を熱が通過するとき、物体の両面には温度差が生じます。平板の熱が伝わる物体の温度差は、熱伝導する面積、物体の厚さ、物体の熱伝導率、伝熱量、温度差の数値を用いて計算します。

熱負荷計算について、機器を選定するための熱負荷計算は、時間ごとの最大熱負荷計算を行います。エネルギー消費量を計算するための熱負荷計算は、年間熱負荷計算を行います。外壁断熱材の熱負荷を省エネ法により求める場合は、現行の省エネ法に基づき、材質の仕様ごとにPAL計算を行います。ガラスの熱負荷を求める場合は、年間の空調エネルギー消費量を計算して、エネルギーシミュレーションを行います。
ダクトサイズの計算方法については、ダクトの部材、形状、送風量、サイズ決定基準からサイズを求めますが、送風機の静圧から逆算してダクトのサイズを選定することもできます。

意外と知らない?空調設備における、空調の冷媒方式について

冷暖房機器の最大負荷を算出する、熱負荷計算の一般的な手順は、次のようになります。 まず、ゾーニング条件の把握を行います。 続いて、気象、設定温湿度、熱貫流率などの計算条件を設定します。 窓ガラス、内壁、床、天井などの面積を算出します。 計算式に基づいて、冷暖房機器の熱負荷計算を行います。 計算結果の熱負荷を集計します。 最後に、冷暖房機器の熱負荷計算結果のチェックを行います。

空調設備における、空調の冷媒方式についてです。
冷媒方式は外気を採熱源として、冷媒外気と室内空気との間の熱搬送を行う方式です。 冷房専用機とヒートボンブによる冷暖房兼用機があり、冷暖房兼用機では、外気側と室内側の熱交換器を、それぞれ夏は凝縮器、蒸発器、冬は蒸発器、凝縮器として利用することにより、夏は冷凍機による冷凍、 冬はヒートポンプによる暖房が行われます。 冷媒による熱搬送は空気や水によるそれに比べて、搬送エネルギーを節約できること、小容量タイプに適していることからさまざまなタイブが製品化され、近年普及がめざましい方式です。

スプリット型の冷媒方式について。 室内側熱交換器と外気側熱交換器をそれぞれ室内機、室外機に分けた機種で、圧縮機を室外機に納めるタイプと室内機に納めるタイプがあり、小容量から大容量まで種類が豊富にそろっています。 スプリット型ルームエアコンディショナは、主として住宅用につくられているものが多いです。電源コンセントと外壁部の配管用開口部、スリーブを設けておけば、後からでも設置できるので、住宅用冷暖房の主流となっています。

勝ち組は知っている。ダクト圧力損失計算・抵抗計算フリーソフトの裏技

<店舗設計の必需品ソフト>
飲食店の設計では設備機器も多いため、必要排気量や圧力損失などの計算も必要です。ダクトの圧力損失計算・抵抗計算ソフト用のダウンロードリンク集があると重宝します。

<低コストで導入できます、業務改善できます>
ダクト圧力損失計算プログラムの導入費用はかなり安価で、フリーソフトも数多くあります。抵抗計算のできるソフトもあります。タイムリーに作業することで、業務改善に貢献できます。


タイトルとURLをコピーしました