CADリンク集/日本地図




日本地図のCADフリーデータのサイト紹介です。
日本地図、地方別地図、国土地理院のデジタルデータ、都道府県別の日本地図と数値地図データなどの、CADフリーデータが、ダウンロードできます。

 このダウンロードサイトでは、日本地図などのCADフリーデータがたくさん掲載されています。
 きっとお役に立つと思います。






日本地図 CADデータ

ハルス設計、Art.Gray Landscape Design Support、トラストシステム、日本地図 cad-data.com、日本地図 図面 Googleなどのサイトで、質の高いCADデータが揃っています。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。
「日本地図 図面 Google」のサイトでは、日本地図の図面、写真、イラストが、たくさん見られます。検索から多数のアイテムを表示できます。一般図とは、縮尺に応じて平均的に、地形・水系・交通路・集落など、地表の形態と分布する事物を描き表した地図です。特定のテーマに限定されずに使用される地図です。

ハルス設計Art.Gray Landscape Design SupportVector Map Makerトラストシステム日本地図センター vector日本地図 cad-data.com日本地図 図面 Google地図センターネットショッピング

日本地図について知っておきたいこと

PR資料などに地図を使用すると、視覚的に認識しやすくなります

企業や団体、個人等のホームページ、PR資料などで日本地図を使用すると、説明がわかりやすくなることがあります。例えば、企業のPR資料において、日本の地図を使用して、自社の所在地が、日本全体のどの位置にあるかを示しておけば、資料を手に取った人が、その企業がどこにあるのかを視覚的に認識しやすくなります。

日本地図を描くためには、地図専用の機能を持った無償提供のツール中から、使いやすいものを選ぶ方法もあります。縮尺ツールは、様々な種類のCADに共通している機能です。

地図などの2次元データも、CADを使うことにより、効率的に3次元の立体へ再現することができます。2次元図面データから立体変換を行うには、等高線をポリラインとして繋げます。その後に、ポリラインに高度を与えて同じ高さを繋げば、等高線が作成できます。

地図の等高線は、主曲線、計曲線、補助曲線に分類されます

地図の等高線は、主曲線、計曲線、補助曲線に分類されます。主曲線は、1/25,000地形図は10m、1/50,000地形図は20m などのように、地図の図式で決められた等高線です。計曲線は、等高線を読みやすくするため、主曲線を5本ごとに線を太くして表した等高線です。補助曲線は、主曲線だけでは表現しにくい、緩い地形を表す場合に用いる破線表示の等高線です。1/25,000地形図は、5m、2,5mごとの等高線になります。


タイトルとURLをコピーしました