CADリンク集/スケッチアップ、SketchUp




スケッチアップ、SketchUpのCADフリーデータのサイト紹介です。
SketchUpで作成した3Dギャラリー、スケッチアップのレンダリング、実務に使えるスケッチアップの活用法、etchupとCGを採り入れたデザインなどの、CADフリーデータが、ダウンロードできます。

 このダウンロードサイトでは、スケッチアップ、SketchUpなどの評判のCADフリーデータが掲載されています。
 私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。






スケッチアップ、SketchUp CADデータ

KENKI、3D ギャラリー、スケッチアップ作品集、SketchUp 図集、SketchUp レンダリングなどのサイトで、たくさんCADフリーデータが用意されています。
ダウンロードして、はじめてはどうですか。
「SketchUp 図集」のサイトでは、工事看板、バリケード、カラーコーン、標識、ガードレールなどの安全施設、縁石、横断函渠、側溝などのコンクリート製品、鋼材など、SketchUpのデータが、たくさんあります。

KENKI3D ギャラリー3D PEOPLEスケッチアップ作品集SketchUp 図集SketchUp スケッチアップで3D設計SketchUp EffectSketchUp レンダリングアルキテクトーン/髙橋建築研究所KOBAYASHI ARCHITECTS STUDIOスケッチアップ cad-data.comスケッチアップ 図面 Google

スケッチアップ、SketchUpの効果的な情報とは

スケッチアップはマウスのドラッグでモデリングができる 3D描画ソフトです

SketchUpは、3Dモデルを作成するためのソフトウェアです。マウスやポインティングデバイスを利用して、紙の上にペンで図面を書くような感覚で使用することができます。紙の向きを変えるように図を回転させたり、頭の中で2Dの図を3Dにするようなイメージで使用できるツールです。

スケッチアップは、CAD感覚の設計図が描けます。これから設計してみよう、気軽に設計図を描いてみたいという方におすすめのCADソフトです。住宅やビルといった建物の3Dモデルを作ることができるだけでなく、室内に設置する家具類もモデリングできます。

直観的に作り上げたモデルをもとに、設計図として仕上げることができます。我が家のリフォームなど、自分で家のビフォアアフターを、SketchUpを使って、モデリングしてみることができます。描けば描くほど面白くて、自分も建築士になったような気分になります。

スケッチアップは直感的な操作で、覚えやすく簡単です

Google SketchUpの出現で、アイディアを3Dモデルで表現するのが驚くほど簡単になりました。直感的な操作がほとんどなので、覚えやすく、操作が簡単です。描いて起こして立体を作るというのが基本です。驚くほど簡単に3D画像ができます。

ツールバーに基本的なツールが並んでいるだけで、サブウィンドウが表示されません。しかし、これだけでも十分に立体を作って楽しむことができます。鉛筆画の優美で自然なタッチと、デジタルメディアのスピードと柔軟性を融合させています。SketchUpは、インストールするとチュートリアルがあるため、初めてでも説明に沿って描いてみるとすぐに覚えられます。


タイトルとURLをコピーしました