CADリンク集/カラーコーン・セーフティコーン



カラーコーンのCADフリーデータです。
カラーコーン、セーフティコーン、三角コーン、コーンバー、バリケード、ガードフェンス、ヘルメット、ポストコーン、ガードレール、案内標識、セフティコーンなどの、CADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。

カラーコーンのCADデータ自体を集めるにしても、大変な労力がかかります。
このページでは、カラーコーンやコーンバーのリンクをまとめて紹介しています。


記事の後半では、色の違いで明確に区域区分ができる、カラーコーンの様々なシーンでの使われ方を紹介しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、カラーコーンのCADデータを覗いてみてください。
きっとお気に召すデータが見つかるはずです。



カラーコーン・セーフティコーン 2Dcadデータ

カラーコーン・セーフティコーンの2Dcadデータは、
セフテック、トラスト、astamuse、保安道路企画、などのサイトで、利用できるデータが掲載されています。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。
「セフテック」のサイトでは、
現場の安全管理などで欠かせない、保安用品を扱っている会社です。各商品ごとに、商品の特徴と標準サイズが記載されており、写真も多く掲載されています。各カラーコーンや関連グッズは、カテゴリ別に分けられて見やすく、目的の商品を見つけやすくなっています。

サンポールレントキタムラ産業共栄機工株式会社南部興産テント―標識共成レンテムセフテックあしばバンク竹中エンジニアリングトラスト現場代理人な日々ブラスト興業もぐらくんastamuseアド・カンパニー保安道路企画ベクトルサービスPinterestCAD forum123RFPIXTACanStock Photoshutter stockiStockカラーコーン cad-data.comカラーコーン 図面cadデータ Googleセーフティコーン cad Google



カラーコーン・セーフティコーン 3Dcadデータ

カラーコーン・セーフティコーンの3Dcadデータでは、
特に、123RF、PIXTA、iStock、Grab CAD、TURBO SQUID、などのサイトで、人気のデータがダウンロードできます。
使い勝手が良く重宝していますよ。
「photo library」のサイトでは、
イラスト、写真素材のサイトです。基本無料ですが、月額制で使用量の拡大や動画購入などもできます。フリー素材としてノンクレジットで商用利用もOKであり、スマホ用の素材もあります。写真素材が豊富で、季節の風景から人物、年中行事などもあり細かなシーンを選ぶことができます。

Grab CADTURBO SQUID3D CAD BROWSER3D WarehouseトラストCadNavcgtraderCanStock Photo123RFPIXTAphoto libraryiStockshutter stockカラーコーン 3D Googleカラーコーン セーフティコーン 3Dデータ Google



カラーコーン、色の違いで明確に区域分け

カラーコーン・コーンバーは、道路工事や建設工事現場で場所の区分けに使うための保安器具です。カラーコーンとコーンバーを併用することで線状の保安資材として使え、カラーコーン単体の場合は点状の保安資材としても使えます。小型で軽量、移動が簡単でカラーバリエーションが豊富です。

それでは、工事現場以外でも様々なシーンで使われているカラーコーンついて説明しましょう。

カラーコーン・コーンバーは、道路工事現場や建設工事現場のように、場所の区分けに使うための保安器具です。工事現場の場合は第三者との区分けを行うことで、災害を起こさないように導きます。また、様々な場所での区分分けとしても、利用されています。
カラーコーンの種類で一番有名なのが、三角コーンのパイロンです。ラバーコーンやセイフティコーンとも呼ばれており、最近は高さ120cmや180cmのジャンボコーンもあります。色は赤が主流であり、他にも様々な色があります。また、コーンバーは縞模様の物が多く、黄色と黒、黒と白、赤と白などの縞模様が多くあります。カラーコーンとは違い、コーンバーは線で区域区分ができます。
カラーコーン・コーンバーの得意な作業といえば、色合いの違いによって明確に区域区分ができることです。工事現場の区域区分に使っているイメージが強くありますが、様々な部分にも使われています。イベントやお祭りでの人の流れを分けたり、スポーツ競技で選手の誘導の区域区分として使ったりなど、様々なシーンで使われています。



カラーコーンの使い方との特徴

車線の規制や道路工事、工事現場などさまざまなところにあるのが「カラーコーン」です。赤と白の縞々模様は誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。カラーコーンは別名ラバーコーンや三角コーンなどと呼ばれることもあります。カラーコーンの種類や洋とも含めて、ご紹介していきたいと思います。

カラーコーンとは~種類の違いはCAD図面データで比較できる

カラーコン(ラバーコーン、三角コーン)は、規制や区分けなどに主に使われています。カラーコーンは主に高さ70cm~80cmの寸法になり、円錐の形をしています。セフテック株式会社の登録商標としても知られており、プラスチックやゴムなどで形成されたものです。中が空になっている作りなのもあり、重ね合わせて運搬や収納などに使えます。カラーコーン(ラバーコーン、三角コーン)は、赤や白、もしくは黄色のものをイメージしますが、設置場所によってその場の景観に配慮したものもあります。例えば緑や青・白などを使ったものもあり、カラーコーン(ラバーコーン、三角コーン)などの視覚性を高める意図があります。

カラーコーンは使う環境に合わせて使い分ける必要がある

カラーコーン(ラバーコーン、三角コーン)は、使う用途や時間帯による違いもあります。例えば夜間の作業になると、反射テープを用いたものが使われます。遠くから見てもはっきりと確認できる分、機能性も高くなります。

また、カラーコーンと一言でいっても値段はさまざまなものがあります。例えば1個辺り300円程度の安いものもあれば、1,000円を超えるものもあります。この違いは、カラーコーンに使っている材質の違いが関係しています。軽くて易い材質になると、紫外線の影響もあり、1年程度でボロボロになってしまいます。ただ高いもの=長く持つとは限らず、使う頻度が多ければ多いほど、バキバキになって割れてしまいます。ある程度の期間使ったら、交換する消耗品として考えていたほうがいいかもしれません。屋内で使うものは比較的長持ちするケースが多いなどの、使い場所による違いもあります。

カラーコーンはコーンバーと合わせて使うこともある

強風のときは転倒防止機能がついたものを使っていますし、作業の範囲が広いときはカラーコーン(ラバーコーン、三角コーン)の頭頂部にかぶせる、リンク付きのコーンバーでその間をつないでいきます。セーフティーコーンやロードコーンを単体で置くよりも、より範囲をわかりやすくしてくれるのが、コーンバーになります。コーンバーにも色があり、色による使い分けもしています。例えばよく見かけるのが黒と黄色のコーンバーになります。コーンバーはまっすぐな棒に、左右の両方に丸いコーンに引っ掛ける部分がついています。コーンバーの重さは500gと軽量なのもあり、落としてしまっても怪我をすることはありません。寸法を確認したうえで、必要な長さのコーンバーを購入してくださいね。

また、持ち運びを考慮したものにコーンチェーンがあります。収納も簡単にできるタイプなのもあり、工事など場所が頻繁に変わるときなども使えます。状況に応じてコーンバーとコーンチェーンの両方が使い分けられるといいですね。

カラーコーンの呼び方として、他にもセーフティーコーンやロードコーンなどがあります。同じ商品でも、メーカーによってカラーコーンと表記されているものもあれば、セーフティーコーンやロードコーンなどと表記して販売されているものもあります。道に置くもので、安全性を高めるものと考えると、セーフティーコーンやロードコーンなどがイメージしやすいのでは。ないでしょうか。ロードコーンやセーフティーコーンは、道路や工事現場などの規制や区分けを目的としています。また、ロードコーンやセーフティーコーンには、通常よりも大きな寸法のジャンボコーンなどもあります。

カラーコーンの種類と関連アイテム

カラーコーンは寸法こそ大きな違いがないものの、見た目で使い方が変わります。先程も紹介した反射式のラインが入ったカラーコーンは、夜間でも使えるものになります。寸法ではなく、色の違いによって使い分けられ、地域による違いもあります。

また、カラーコーンの寸法にぴったりと合わせたカラーコーンウェイトを使って、転倒するのを防ぐアイテムなどもあります。カラーコーンウェイトはカラーコーンと色を合わせなくてはいけないなどの決まりもありません。カラーコーンはもともと変えるだけでなく、付属品などのオプションを追加して、使える幅を広げられる機能性の高さもあります。例えば、標識等をつけて安全注意をうながすものもあります。「駐車禁止」など、通常のカラーコーンにつけるだけで、より正確に情報を伝えることに繋がります。

メーカーによってもそれぞれ特徴があり、アピールしています。例えば柔軟性に富んだゴム製のものもあれば、折りたたんで持ち運べるものもあります。カラーコーンといっても種類がたくさんあるので、自分の用途に適したものを購入しなくてはいけません。

カラーコーンの種類についてもcadデータはとても役に立ちます。図面もフリー(無料)ダウンロードで使えるものもあるので、使いやすくできるはずです。

カラーコーンが使えない場所もある

カラーコーンは便利なアイテムとしても知られていますが、時と場所によっては使えないケースも出てきます。道路交通法で定められたものによると、道路に許可を取らずに個人の看板やカラーコーンを設置するのは法律で禁止されています。これは人間や車の安全な通行を妨げる危険性があること、交通事故の原因になってしまうことを危惧したものです。そのため、道路交通法で定められた道路に、どんな事情があっても勝手に設置することのないようにしてくださいね。



カラーコーン・セーフティコーンに求められるものは

イベント会場や工事現場などにおいて、そこにいる人間の安全を確保するために用いられるのが カラーコーンやセーフティコーンと呼ばれる保安器具です。
カラーコーンは赤が最も一般的ですが、黄色や青色など様々な種類があります。夜間使用する場合には、蛍光版の張り付けられたカラーコーンやセーフティコーンが配置されます。
カラーコーンやセーフティコーンの道具を用いて会場の安全を確保をする場合、その配置計画を多くの人で共有するためには、CADデータを使用するのが有効な方法です。CADデータは、デザインを立体的に示すことができるので、カラーコーンやセーフティコーンの配置完成形を、関係者にイメージしてもらうための素材としては非常に便利なものになります。

カラーコーンのCADデータや図面を使った安全対策と危険が“見える化”づくり

カラーコーンのCADデータを安全計画で活用しましょう。
カラーコーンは現場の手軽な安全資材です。
最もよく使われるタイプは、高さ約70cm、底面約40cm×40cmのものです。
1kg未満と軽量なため、台座部分に重しを設置して転倒、移動を防ぎます。
よく歩行者の通行帯をわかりやすく示したり、工事現場内の区分けとして置かれたりして使われます。

カラーコーンのCADデータや図面を使った安全対策で、不安全な状態の“見える化”から危険を解消する方法について確認しておきましょう。
カラーコーン・セーフティコーン・コーンバー・ロードコーン・三角コーン・パイロン・ラバーコーンなどの違いについても、チェックが必要です。

ダウンロードサイトでは各種カラーコーンのCAD図面が用意されています。
CADデータだけでなく、規格寸法図、仕様書、カタログなども手に入るので、計画書に添付する参考資料などに活用できます。

カラーコーンのCADデータを使った安全対策として、現場における安全性を確保するためのカラーコーンの使い方を検討しましょう。

カラーコーンのデメリットも理解して、安全計画に活かそう

近年では、カラーコーンは、イベント会場等の安全管理にも使われます。
国内ではカラーコーンと呼ばれることが最も多いですが、カラーコーンはセフテック(株)の登録商標となっており、正式にはロードコーンと呼びます。

また、高さ約120cmや約180cmといった、通常より大きなサイズのジャンボコーンも開発されています。

一方、コーンバーは、カラーコーン同士の間に使用する棒状のバーで、進入禁止区域や境界用として使われる事が多いです。
両者とも、材質はプラスチックやゴムで作られています。
また、中空で底も開いているので重ね合わせて運搬や収納の際にスペースを節約できる等、使い勝手が良くなっています。

-------------------
オフに行きたい「岬めぐりと灯台旅」あの場所を探してみませんか
今年の新しいトレンドとして「岬めぐりと灯台旅」が注目されています。
あなたも灯台旅のガイド本を参考にして、オフに行きたいあの場所を探してみてはいかがですか。
おすすめガイド本: 灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー、藤井和雄著、2023年11月発行、¥2,860
日本最北端流氷のオホーツク宗谷岬灯台から日本最南端サンゴ礁の石垣島御神埼灯台まで、
7年をかけて著者自ら現地を巡り撮影した、全国100カ所の灯台ストーリーは圧巻です。
掲載されている全国灯台100カ所の一覧は、こちらへ


灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Amazon】
灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Rakuten 楽天】
半島や岬の突端から大海原遥か彼方にまで光を届ける灯台の姿は、四方を海に囲まれた日本列島ならではのたぐいまれな魅力ある光景だと思います。灯台を訪ね歩いた巡礼の旅は、灯台の灯りを一身に受けた明るい未来に向き合う旅といえるでしょう。
-------------------


安全機材 バリケード、工事看板



フリーソフト・CADデータのダウンロードサイトさがしは、こんなに面白い
タイトルとURLをコピーしました