CADリンク集/A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケード




バリケードのCADフリーデータです。
A型バリケード、B型バリケード、フェンスバリケード、工事用バリケード、単管バリケード、バネルゲート、ガードフェンス、単管たれ幕などの、CADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。

工事計画書の作成には、工事現場の図面が必要になります。
A型バリケード、B型バリケード、フェンスバリケードなどバリケードのCADデータはこのページからダウンロードできます。
数多くのバリケードのCADデータが用意されています。


また、記事の後半では、バリケードの種類や使い方、工事計画書の図面に添付されるバリケード図面の必要性を説明しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、バリケードのCADデータをチェックしてみましょう。
お探しのバリケードCADデータが見つかれば、工事計画書の図面作成に役立つはずです。






A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケード 2Dcadデータ

A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケードの2Dcadデータでは、
特に、株式会社 カンエツ、共成レンテム、キタムラ産業、株式会社 八木熊、ゲート工業、などのサイトで、評判のデータが参考になります。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。
「日建リース」のサイトでは、
建設用鋼製軽量仮設資材、運搬用器材、バリケードやパネルゲートなどの安全施設、ビケ足場などの規格寸法図、仕様書、カタログが揃っています。大手の仮設リース会社なので、大変多くの仮設物の情報が豊富に取り揃えられており、便利に利用できます。

株式会社 カンエツ株式会社 かねなか商店トラスト日建リースアクティオ株式会社 アオト共成レンテムキタムラ産業松本鋼機 株式会社株式会社 八木熊日本機電ヒロニチグリーンクロス南部興産東山産業株式会社セフテックCAD forum現場代理人な日々株式会社 日保株式会社 スチール工業トラストブラスト興業標識.jpサインオンラインゲート工業Biblio CADCAD BLOKS freeCAD blocksiStock123RFshutter stockCanStock PhotoFOTO SEARCHPIXTAバリケード cad-data.comバリケード 図面cadデータ Google工事バリケード 図面cadデータ Google


A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケード 3Dcadデータ

A型バリケード・B型バリケード・フェンスバリケード・工事用バリケードの3Dcadデータでは、
特に、TURBO SQUID、3D Warehouse、トラスト、shutter stock、などのサイトで、多くの種類のデータが揃っています。
ダウンロードして、始めてみてはどうですか。
「トラスト」のサイトでは、
建設業界のニュースや天気予報、構造物や検察機械などのCADデータなどを集めた、建設業支援サイトです。サイトは、長崎県で建設業関連の印刷物や測量ソフトなどを制作する会社が運営しています。「フリーデータ集」には、エクセルデータやCADデータ、3Dデータ活用法などが掲載されて、すべて無料でダウンロードができます。

TURBO SQUID3D WarehouseCadNavANIMIUMトラストD-PROJECTarchive3D3D CAD BROWSERcgtraderCanStock PhotoPIXTA123RFshutter stock工事バリケード barricade 3Dデータ Google

バリケード図面は、安全対策に不可欠


それでは、バリケードの種類や工事計画書の図面に添付されるバリケード図面の必要性を説明します。

バリケードは工事現場などで、工事箇所の周囲を囲んで、外部と工事場所を明確に区分する安全機材です。バリケードで囲む場所としては、工事資材、廃棄物置き場などにも適用されます。
バリケードには、A型バリケード、単管バリケードなどがあり、単管バリケードはA型バリケードのバーの部分を単管に変えた頑丈なものです。B型バリケードは、ガードフェンスとも言い、工事現場と隣接する土地の境界に設置し、工事現場全体を囲って工事関係者以外が容易に立ち入れないように区画します。ガードフェンス1枚の大きさは、高さ1200~1800mm、長さ1800mmあり、これを何枚も連ねて設置するため、工事現場は外からほぼ遮断されます。
工事現場では、バリケードを設置して、歩行者が工事用車両や建設機械に触れないようにする使い方と、工事資材が外部の人によって危害が加えられないようにも使われます。また、ガードフェンスは、周囲の人や一般車両が建設機械と接触しないようにします。また、外部から容易に人が出入りできないように、安全・保安上から設けられます。
こうした工事の安全対策は、工事計画書に加えられ添付図面に表すために、バリケードのCADデータが必要です。工事現場の全体図に合わせて実寸法で表現できるため、問題点がどこにあるかをチェックすることができます。

A型バリケード・B型バリケードの圧倒的に便利な情報

バリケードは工事現場で道路や通路を遮断するための安全保安用品

バリケードとは、工事現場で道路や通路を遮断するための安全柵です。
フェンスバリケード、ガードフェンスなどと共に、安全保安用品として提供されています。
バリケードの中で、最もポピュラーなものは、A型バリケードです。
バリケード CADフリーデータは、A型バリケード、B型バリケード、フェンスバリケード、工事用バリケード、単管バリケード、バネルゲート、ガードフェンス、単管たれ幕などの、CADデータが、ダウンロードできます。

敷地面積が非常に大きい建設現場の場合、図面上にバリケードなどの仮設資材を作図していくのは、たいへん手間のかかる作業になります。工事用バリケードを作図する場合、CADのコピー・貼り付け機能を使えば、非常に簡単に作図できるようになっています。

<バリケードを使った安全計画の立案>
バリケードを使った安全計画の立案には、CADデータをうまく利用します。
視覚に訴える資料を効率よく作成し、安全な現場運営を行いましょう。
色や配置でわかりすく歩道や待機場所を知らせましょう。

<工事現場周辺での安全確保>
工事現場周辺での安全確保として、資材運搬の車両の出入りなど、地域住民へのアピールも大事な仕事です。
住民への説明ツールの一つとして、バリケードのCADデータを活用してみましょう。

出典:バリケードの2D・3Dcadデータを使って、現場内外の安全対策に配慮

ガードレールの規定と設置する際の注意点について

ガードレールは、道路のわきにたてられ、安全確保のために役立っています。
設置される場所や環境によって様々なタイプのガードレールがあり、それぞれ求められている強度が異なっています。
ガードレールの強度は、鉄板の厚さや衝突速度などによって細かく分類され、適材適所となっています。

ガードレール、防護柵高さについては、次のように規定されています。
車両用防護柵の路面から防護柵上端までの高さは、原則として、0.6m以上1.0m以下とする。
所要の性能を満たすためにやむを得ず1.0mを超える高さとする場合は、車両衝突時における乗員頭部の安全性を確保できる構造としなければならない。

ガードレール、歩車道境界用車両用防護柵の形状については、次のように規定されています。
歩車道境界用車両用防護柵、種別Cp、Bp、Ap、SCp、SBpは、ボルトなどの 突起物、部材の継ぎ目などにより、歩行者等に危害を及ぼすことのない形状とするなど、歩行者等に配慮した形状を有しなければならない。

ガードレールを設置する際の注意点について
ガードレール、ガードパイプ、ガードケーブルなどの設置における留意事項については、支柱基礎は「車両用防護柵標準仕様・同解説」を標準とします。
ただし、構造物に設置する場合は、既設構造物は削孔方式、新設構造物は箱抜方式とします。
車両用防護柵を構造物上に設置する場合は、設置する構造物の耐力を十分に照査した上で設置するものとします。
設置する構造物のコンクリート設計基準強度が21N/mm2以外の場合(重力式擁壁等)は、「車両用防護柵標準仕様・同解説」に基づいた設計計算を行い、補強鉄筋量で対応するものとします。

ガードレールの設置場所については、次のように規定されています。
ガードレール、車両用防護柵の設置場所については、
路側に設置する場合は、路側用車両用防護柵、種別C、B、A、SC、SB、SA、SSを、用いるものとする。
分離帯に設置する場合は、分離帯用車両用防護柵、種別Cm、BmAm、SCm、SBm、SAm、SSmを、用いるものとする。
歩車道境界に設置する場合は、歩車道境界用車両用防護柵、種別Cp、Bp、Ap、SCp、SBpを、用いるものとする。

建設工事の施工と騒音振動対策、柵の材料、防錆・防食処理について

騒音、振動対策の計画、設計、施工にあたっては、施工法、建設機械の騒音、振動の大きさ、発生実態、発生機構等について、十分理解しておかなければなりません。
建設工事の施工にあたっては、設計時に考慮された騒音、振動対策をさらに検討し、確実に実施しなければなりません。
工事現場周辺の立地条件を調査し、全体的に騒音、振動を低減するよう、次の事項について検討する必要があります。
低騒音・低振動の施工法を選択すること、低騒音型建設機械を選択すること、作業時間帯・作業工程を設定すること、騒音・振動源となる建設機械を配置すること、しゃ音施設等を設置すること、などです。

防護柵は、人や自転車、車両用の柵のことです。
主に道路や河川、港湾などで使われ、侵入防止や転落防止などの役割をもっています。
使われる現場や用途に合わせ、最適な防護柵を選ぶことが大切です。

転落防止柵、歩行者自転車用柵の材料、防錆・防食処理については、次のように規定されています。
材料については、歩行者自転車用柵に用いる材料は、十分な強度を持ち、耐久性に優れ維持管理が容易なものを 用いるものとする。
防錆・防食処理については、歩行者自転車用柵に用いる金属材料などのうち、錆または腐食が生じる材料に対する防錆・防 食処理は、車両用防護柵の防錆・防食処理に準ずるものとする。


タイトルとURLをコピーしました