CADリンク集/配管アイソメ図




配管アイソメ図のCADフリーデータです。
配管図・アイソメ図で使用する継手類、フランジ、カップリングなどのシンボル類を搭載。アイソメを平面図・縦断図から自動作成、2次元のCAD図面から立体図を作成などの、CADデータが、ダウンロードできます。

配管作業には、配管アイソメ図が必要になります。
配管アイソメ図のCADデータは、このページからダウンロードできます。
このサイトでは、配管図・アイソメ図で使用する継手類、フランジ、カップリングなどのシンボル類なども用意されています。


この記事の後半では、配管アイソメ図の説明と、配管アイソメ図をご自分で描くことのお奨めについて説明しています。

配管アイソメ図のCADデータをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。




配管アイソメ図 2Dcadデータ

配管アイソメ図の2Dcadデータは、
特に、A-PIPING/2D 配管図作成支援ツール、LPGCad R1、aisome CAD、ZEROCAD 水道申請、などのサイトで、多くの種類のデータが参考になります。
ダウンロードして、始めてみてはどうですか。
「NYKシステムズ」のサイトでは、
CAD立体素材、空間立体素材、CGツールなどが豊富で、サポートシステムも完備しています。初心者にもわかるQ&Aも準備してあり、事例ごとのまとめもあります。コンテンツごとの説明には画像が使われ、どのようなツールなのかを目視できます。

A-PIPING/2D 配管図作成支援ツールLPGCad R1NYKシステムズaisome CADZEROCAD 水道申請フォトロンISOTOOLBentleyのAutoPLANT Isometrics配管 アイソメ図面 Google




配管アイソメ図、自分で描いてみませんか


自分で配管アイソメ図が描けると、配管作業がとても能率よく行えます。

配管アイソメ図とは、等角投影法で描かれたアイソメトリック図の略で、ただ単にアイソメと呼ばれることもあります。
配管図には、平面図、立面図、系統図等がありますが、平面図や立面図を見ただけで実際の配管をイメージすることは非常に困難です。
そこで必要になるのが、配管アイソメ図です。
必要な材料を調べる時も、立面図や平面図よりも、配管アイソメ図を見て調べるほうが遥かに能率的です。

配管アイソメ図の特徴は、縦方向、横方向、高さ方向の長さが同じであれば実際の配管も同じ長さになります。
つまり配管の長さもイメージとしてとらえることが可能です。
何かと便利な配管アイソメ図、自分で書いてみたいとお思いの方も多いと思います。
コツさえつかめばさほど難しいことではありません。

ぜひご自分で配管アイソメ図を書くことにチャレンジしてみませんか。
まずはアイソメ図と、実際の配管を見比べることから始めてください。
配管アイソメ図が書けるようになると、実際の配管作業もとても能率よく行えるようになります。






 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする