木造の壁量計算・N値計算










木造の壁量計算・N値計算について知っておきたいこと

木造軸組工法は強風などに強く、地震時は揺れを吸収するメリットがあります

木造軸組工法は、最近では耐震性向上のために壁量が増えていますが、開口幅は大きくとることができます。筋交いなどの変更や改造は比較的簡単に対応でき、将来の増築も、比較的容易に施工可能になります。真壁造りなどによる木のよさを表現できる工法で、木の調湿効果が期待できます。

木造軸組工法は、軸組構造のため、使用する木材が細くても、適切に連結されていれば強度を確保することができます。しかし、補強材の筋交いや金具が不足していると、地震などの強い揺れで倒壊する危険があります。木造軸組工法においては、適切な設計・施工を行い、建物の所要の強度を確保する必要があります。

木造軸組み工法(在来工法)は、木造住宅で最も多く使われている工法のため、 木造住宅を施工するほとんどの会社が対応することができ、木材の部材類も豊富に揃っています。 木造軸組工法は、軸組構造のため、使用する木材が細くても、適切に連結されていれば強度を確保することができます。 しかし、補強材の筋交いや金具が不足していると、地震などの強い揺れで倒壊する危険があります。 木造軸組工法においては、適切な設計・施工を行い、建物の所要の強度を確保する必要があります。

在来軸組工法は、木造建築の代表的な工法として、木造住宅などに広く用いられています。 日本で古くから発達してきた伝統工法が簡略化し、発展した工法で、一般には在来工法とよばれています。 柱は、軸組の主要な構成部材で、土台の上に垂直に建てられます。 柱の太さは、最小寸法が規定されていて、一般的な太さは105~120mm角のものが多いです。 建物の隅にある柱は土台から小屋組まで一本で構成される通し柱とします。 壁の構造については、柱を主な構造要素としている在来軸組工法の壁には、柱や梁の軸組をあらわにする真壁と、 軸組面の上に仕上げ板を貼り付ける大壁の2種類があります。
1970年代に導入された枠組壁工法は大壁仕様になっています。

木造軸組工法は、 基本構造が柱と梁の枠組みであるため力学的に安定した構造になります。 木造軸組工法は、台風などの横風にも強く、地震時には揺れを吸収して倒壊しにくいという長所があります。 耐震性能は、適切な金物の使用と適切な施工がされれば問題なく、揺れはツーバイフォーより大きくなります。 木造軸組工法は、大工手間が多くなり、工期が長くなります。

木造の壁量計算フリーソフトを使えば最大のパフォーマンスが可能になる?

木造の壁量計算・N値計算は、エクセルを使うか、有料ソフトにすべきか。
<HOUSE-ST1(株式会社構造システム)>
老舗メーカーによる初心者向けソフトです。詳しいヘルプ機能やサポート体制もあります。平屋~2階建木造住宅に強い、シンプルで合理的な作りのソフトです。非常に安価な価格構成です。

<STRDESIGN(株式会社構造ソフト)>
大規模建築にも対応する、多機能・高性能なソフトです。数値を入力すると、そのまま計算書や図面まで完成する手軽さです。

<ソフトを活用した構造計算は部材の無駄を省きます>
木造建築の設計の中でも、法律や品質に直接かかわってくるのが構造計算です。ソフトを活用した構造計算は、設計時間や部材の無駄を省くことにつながり、コストカットに有効となるでしょう。

<無料ソフトがいいか、有料ソフトにすべきか>
壁量計算・N値計算・4分割法の手計算に自信のある方は、エクセルを加工して作られたフリーソフトを使ってみてもよいでしょう。補助的なツールとして活用することをお勧めします。


タイトルとURLをコピーしました