風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算










風圧力・風荷重の計算のソフト、ダウンロードのまとめ

風圧力・風荷重の計算のソフトをお探しの方は、次のリンク集を、是非ご活用ください。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。

風圧力 Kさん0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算QValue0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算建築物 風圧力計算0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算建築物の風圧力計算0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算


排煙計算、結露計算ソフトの使えるソフトいろいろ

まずはダウンロードサイトのリンク集から、排煙計算、結露計算ソフトのリンク集を覗いてみてください。
既製品のソフトでも、オリジナルのものでも、役に立つデータがきっとあるはずです。

EXEL 火気使用室換気計算 (ガス換気計算)0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算結露 Kさん0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算結露算定プログラム V20 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算




開口計算のソフトをまとめて紹介

このページのダウンロードサイトのリンク集から、開口計算のソフトをチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかるかもしれません。

開口 Kさん0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算建基法による開口面積0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算開口部検討0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算JpEx法 チェック表0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算ガラスの安全設計0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算

採光計算の便利なソフト

ダウンロードサイトのリンク集から、採光計算のソフトを覗いてみましょう。
ご希望のソフトが見つかれば、業務にお役立てください。

日影交点計算プログラム0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算採光有効面積計算0 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算日照る君 300 - 風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算

風圧計算、結露計算、採光計算、排煙計算について知っておきたいこと

小規模の建築物は構造計算を必要としないが、異例で必要となる場合とは

建築基準法に基づく風荷重の算定については、構造骨組用風荷重、外装材用風荷重の規定に準じて計算する必要があります。風圧力の計算は、次の建築物に対して安全性を算定します。高層建築物、低層建築物、外装材、独立上家、開放型建築物、円弧屋根、ラチス、網状構造物、煙突、ガラスなどの算定を行います。
風荷重や屋根構造の計算をソフトウェアで行う場合には、風荷重の考慮については、屋根面、壁面の風荷重の選択が必要になります。また、積雪荷重を考慮する場合は、一般の地域、多雪地域の選択指定を行います。

建築基準法では、小規模の建築物は構造計算を必要としないという規定がありますが、建築物の屋根構造については、 次の場合は、構造計算が必要になります。 木造では、延べ床面積500m2を超え、3階建て以上のもの、S造またはRC造では、延べ床面積200m2を超え、2階建て以上のもの、 このような規模の建築物では、屋根の構造についても、構造規定を満足する構造計算が要求されます。

住宅の窓面積は、居室の床面積の1/7以上が必要とされています

窓の採光面積は、窓の採光面積=窓の開口面積×採光補正係数、で表されます。 採光補正係数は、住居系地域、工業系地域、商業系地域などの地域区分により計算の方法が異なります。 換気設備の設置については、一般の居室では、自然操気設備、機械換気設備、 中央管理方式の空気調和設備などの換気設備の設置が義務づけられています。

採光計算について、住宅での採光に有効な面積は、必要な窓面積として規定されています。住宅の窓面積は、居室の床面積の1/7以上必要とされています。住宅では、居室、キッチン、トイレに換気が設けられます。居室の換気は、換気に有効な開口部の面積として、床面積の1/20以上が必要になります。開口部の面積が、1/20未満の場合は換気設備を取付けなければなりません。キッチンなど火を使う場所にも換気設備を取付ける必要があります。トイレについては、水洗便所で換気設備を設けたもの以外は、外気に接する窓が必要となります。

採光計算について、住宅での採光に有効な面積は、必要な窓面積として規定されています。住宅の窓面積は、居室の床面積の1/7以上必要とされています。窓の採光面積は、窓の採光面積=窓の開口面積×採光補正係数、で表されます。採光補正係数は、住居系地域、工業系地域、商業系地域などの地域区分により計算の方法が異なります。
換気設備の設置については、一般の居室では、自然操気設備、機械換気設備、中央管理方式の空気調和設備などの換気設備の設置が義務づけられています。また、劇場・映画館・演芸場・観覧場・公会堂・集会場などの特殊建築物の居室では、 機械換気設備、中央管理方式の空気調和設備などの換気設備の設置が義務づけられています。

居室の採光については、採光のための窓、開口部を設け、採光に有効な部分の面積を確保するように定められています。 その採光のために必要な面積は、居室の床面積に対して、住宅では1/7以上、その他の建築物においては1/5から1/10までの面積になっています。 換気設備の設置については、劇場・映画館・演芸場・観覧場・公会堂・集会場などの特殊建築物の居室では、機械換気設備、 中央管理方式の空気調和設備などの換気設備の設置が義務づけられています。

風荷重・排煙計算・結露計算のフリーソフト探しに失敗しないためには

<構造設計の簡素化に一役、風荷重ソフト>
鉄骨造では、鉄筋コンクリート造とは違い、荷重計算よりも風荷重が重要な場面がかなりあります。例えば、折板などの屋根構成であれば、荷重は施工時の荷重が最大となる場合が多いです。

<豊富なデータ量を基に簡単に結露計算ができる>
近年の住宅は高気密住宅が増え、室内の水蒸気量は加傾向にあり、壁面結露などの問題が出やすい環境です。結露のメカニズムを視覚で説明できるデータシートや換算表を提示できます。

ソフトを導入し、業務効率改善に役立てましょう。
<風荷重計算ソフトが今すぐ欲しい方へ>
建物の構造により、計算の比重を置く荷重は様々です。特に、鉄骨造で屋根が折板であるときなどは、風荷重が重要な要素を占めます。このページからお探しの計算プログラムを探してみてください。

<ソフトを導入し、業務効率改善に役立てましょう>
風荷重計算は、どんな形状の建物であっても、あらかじめ用意されたプルダウンメニューから選択していくことにより、簡単に入力することができます。専門的な知識が求められる箇所もありますが、実に豊富なデータが用意されています。


タイトルとURLをコピーしました