木造の構造計算、偏芯計算










木造の構造計算、偏芯計算の課題をあっさり解決する

一定規模以上の建築物の構造設計で義務づけられていることとは

耐震壁のモデル化と壁エレメント置換については、1次設計のみブレース置換とすることができます。 多スパンにわたる壁は1スパンごとに置換する必要があります。 面積等価・包絡開口などの壁の複数開口の扱いについては、面積等価の選択が可能です。 面積等価の場合は、開口間のあき寸法の自動判定はできません。

木造梁部材の断面算定、木造横架材の曲げとたわみの検定、木造の継手・仕口の構造を算定、 木造軸組工法住宅の許容応力度計算、壁量計算、確認申請や性能評価申請に必要な構造計算、 木造住宅の精密診断シート、在来木造の簡易耐震診断などのソフトが、ダウンロードできます。

建築物の構造設計に関して、一定規模以上の建築物の構造設計については、構造設計一級建築士が自ら設計を行うか、 構造設計一級建築士に構造関係規定への適合性の確認を受けることが義務づけられています。 ソフトウェアを使用して建築構造計算を行う場合、 変動軸力の考慮については、柱のせん断強度は、一次設計地震時軸力に指定した倍率を乗じた値と、長期軸力の合計値を用いて計算されます。 崩壊形が不明確な際には、関係する全部材最下位の種別になります。

建築設計の人気ソフトはどんなソフト?建築材料の良し悪しとは?

建築設計の人気ソフトは、 建築の構造計算、住宅間取、木造建築、木造建築・金物・N値計算、 風圧力の計算、屋根構造、採光計算・換気計算・排煙計算、 建築基礎の地耐力・支持力計算、建築鉄骨・鉄筋計算、柱脚構造、 建築確認申請、風荷重の計算 などが人気のソフトです。

建築物を造りあげる上で必要となる材料についてです。
外力に耐え、建築に形を与えて保持する構造材料を紹介します。 木材は、軽量で加工が容易にできるなどの長所に対して、耐火性が低いなどの短所もあります。 鉄鋼は、重さに比べて強度、剛性が高く、資源豊富で比較的安価なことから、 多く使用されている優れた材料です。 コンクリートは、耐久性、耐火性、遮音性に優れており、 地下や基礎に使用されますが、重たく脆性的なため、地震時には問題を起こしやすい材料です。 また、古くから建築物に使用されているその他の材料には、石、土、レンガなどがあります。

木造の構造計算ならこれ!企業におすすめの木造構造・偏芯計算フリーソフト

<バランスが悪いデザイナー住宅でも対応できる>
建築デザイナーが作成した設計図から住宅の構造設計をする場合、どうしても欲しい場所に壁が作れないなど、不経済な設計になったりすることがあります。難解な構造でも構造計算・偏心計算ソフトを使えば解決できます。

<ソフトを導入した際のメリット>
どんな設計案件でも、木造構造計算・偏芯計算が可能です。設計CADデータを活用でき、操作性がよく直感的に利用できます。確認申請書類にも対応できます。コスト改善に役立ち、業務改善の第一歩となるでしょう。

木造住宅に対する耐震性の要求は非常に高くなっています。
<木造住宅に対する耐震性>
昨今の木造住宅に対する耐震性の要求は、非常に高くなっています。4号建築物に該当する場合でも、構造の検討は必要です。仕様規定に基づいた設計であるかを検討する際に、効力を発揮するのが、木造構造計算ソフトです。

<エクセルデータやCADデータを活用できる>
エクセルを主体とした木造の構造計算ソフトのほかに、CADデータを取り込み、通り芯・柱寸法を入力する手間を省けるソフトなどもあります。確実にミス無くデータ入力できるので非常に便利です。


タイトルとURLをコピーしました