鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算










鋼材の重量計算ソフトのダウンロードと探し方

まずはこのページのダウンロードサイトのリンク集から、鋼材の重量計算ソフトをチェックしてみましょう。
きっとお探しのデータが見つかります。

Excelで作る 鋼材重量表0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算Excelで作る ボルト選定表0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算重量計算・取合いソフト『よろずや 2019』
0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算鋼材重量計算0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算


鋼材の強度計算、断面計算のソフトが見つかる

鋼材の強度計算、断面計算のソフトが必要な際には、下記のリンク集からダウンロードし、活用してください。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。

断面特性計算名人0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算JISボルト選定0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算質量計算 for EXCEL0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算fai0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算最適切断 8号0 - 鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算

鋼材の計算、重量計算、強度断面計算、鉄骨の応力計算に求められるものは

鋼材の長所と短所について、鋼管の腐食の分類について

鋼材の長所は、材料の強度が大きく、粘り強くて、材料の信頼性が高いこと。 比重に対する強度が他構造と比べて大ぎいため、骨組みを軽くできること。 工事現場の環境や工程を考慮して工法を自由に選ぶことができること。 骨組みが耐震性能に優れ、変形してもすぐに崩れないこと、などがあげられます。 一方、鋼材の短所は、高温になると強度が低下し、変形しやすくなり、低温ではもろくなること。 通常の火災の温度で骨組みは軟化・変形するため、耐火被覆が必要なこと。 水分と空気中の酸素により表面に錆びが生じるため、防錆処理が必要なこと。 他の金属と接触することで電気化学反応が起こり、腐食する場合があることなどです。

鋼管の腐食は、外面の腐食と内面の腐食とに大きく分けられ、それぞれ次のように分類されます。埋設による外面腐食には、土壌の性質や土中電池作用などの土壌条件による鋼管の腐食、電食による鋼管の腐食、コンクリートの影響による鋼管の腐食があります。露出による外面腐食には、大気中の水分などによる鋼管の腐食があります。内面腐食には、水質その他の条件における鋼管の腐食があります。

配管材料の種類と鋼材重量を求める計算式について

配管材料は、SGP 配管用炭素鋼鋼管、OST-2 油圧配管用炭素鋼鋼管、STKMR370 角形鋼管、 STKR490 角形鋼管などの鋼管があげられます。

配管材料の強度は、引張強さ、耐力、縦方向の伸び、縦弾性係数、せん断抵抗などの数値で表されます。 配管材料の主なものは、次のような鋼管があげられます。 SUS304TP 配管用ステンレス鋼管、STPG370 圧力配管用炭素鋼鋼管、STPG410 圧力配管用炭素鋼鋼管、 STKM13A 機械構造用炭素鋼鋼管、STKMR290 角形鋼管、STKR400 角形鋼管などがあります。

鋼材重量は、次の計算式で算出できます。 丸棒の 1m当たりの重量=直径×直径×0.7854×比重÷1000 六角棒の 1m当たりの重量=丸棒の算出重量×1.103 四角棒の 1m当たりの重量=丸棒の算出重量×1.273 パイプの 1m当たりの重量=(外径-肉厚)×肉厚×3.1416×比重÷1000 鋼板の 1m当たりの重量=板厚×幅/1000×長さ/1000×比重。


タイトルとURLをコピーしました