法人税申告書 フリーソフト/エクセル










法人税申告書をチェックしてみた

法人税対策として、税理士と顧問契約を結ぶ、会計処理ソフトを導入する

法人税とは、法人に対して課税する税金であり、収益から経費を差し引いた残額に対して課税されます。 なお、この残額がマイナスになる赤字の場合は、法人税はかかりません。 しかし、消費税・法人住民税の均等割りには、税金がかかることになります。 優秀な税理士であれば、節税を行って業務を助けてもらうこともできるため、 自社業務内容に詳しい税理士と、顧問契約を結んでいる企業も大変多くなってきています。

法人税の申告書作成業務の効率化で有力な方法は、専用の申告書作成ソフトを導入することです。 面倒な法人税の申告書を簡単に電子データで作成できるソフトが多数あります。 このソフトを使って申告書の作成を行えば、一連の作業を形式化できるので、法人税の申告書作成業務をシステム化することができます。法人税のシステム化には、経理の担当者がソフトウェアの操作をマスターするということも重要になります。 法人税の申告書作成業務をシステム化するには、使い勝手の良いソフトの導入と、 それを自由自在に操作できる人材育成が重要なポイントになります。

会計処理のソフトを使用するメリットについてです。会計ソフトを使うことで、 集計されたデータを、Excelなどに書き出すことで、自社独自の資料作成ができます。 売上や売上原価など、予算と実績の比較、資金繰りの管理ができます。 また、青色申告や白色申告の申請書類が作成できます。

法人税の税率と、法人税、法人住民税、法人事業税の3つの分野を見極める

法人税の税率は、資本金が1億円を超える大企業や、所得が800万円を超える中小法人は、基本税率の25.5%になります。 所得が800万円以下の場合は、19%になりますが、平成27年3月31日までの開始事業年度部分は15%が適用されます。 なお、例として資本金が1億円以下、課税対象利益が2000万円の会社の場合、全体に25.5%がかかるのではなく、 800万円までの部分には19%(15%)、残りの1200万円に25.5%が適用されることになります。

法人税は、法人税、法人住民税、法人事業税の3つの分野が存在します。法人税のシステム化を図るにあたって、これらの違いを見極め、どうやって効率化を図るかが重要になります。

給料を受け取る個人は所得税と住民税が課税されますが、会社である法人には法人税の中に所得税や住民税のような課税がかかります。 これが法人事業税です。 国税である法人所得税と、地方税である法人住民税と法人事業税が、会社が負担しなければならない税金です。 法人税は3種類ありますが、一般的には国税である法人所得税を指します。 法人税が3つのうち、どの法人税を指しているのか、混合しないようにしておきましょう。

法人税のシステム化では、不正が起きない手段を確保する必要がある

法人税は会社の所得を対象に課税され、利益には課税されません。 利益金から損金を引いたものが所得です。 法人税のシステム化にあたって、所得の計算式がきちんと導き出されるように、仕組みを作っておく必要があります。 そうしないと、納付すべき法人税の金額が間違ってしまうことになります。度々の税制改正で、法人税の処理にも変更を求められることが多いため、法人税の処理については、柔軟な対応ができるシステムづくりが必要になります。

また、自治体などの一時的な特例措置や特別制度にも対応を求められることも頻繁に発生するはずです。会計処理を電子化して行う場合に、共通する課題は不正や改ざんの防止です。電子化により修正がしやすいメリットは、逆に変更を加えやすいデメリットも含んでいます。そのため、正当性や信憑性が保たれたデータ処理がなされるべきであり、会計処理も特定の者だけが全て行うことを避けるなど、不正が起きない手段を確保しておく必要があります。

法人税のシステム化では、個別に調整できるシステム化を考慮すること

法人税のシステム化は、経理や会計のパソコンソフトで行いますが、会社の経費と売り上げは、把握していなければなりません。
法人税は、比例税率が適用されるのですが、法人の種類と規模などによって税率が変ってきます。これにより複数の法人を有する企業の場合、各法人ごとの法人税を算出するシステムは個別のものとなります。売り上げによっても優遇措置がありますので、個別に調整できるシステム化が必要とされます。

法人税の課税所得金額は、益金から損金を引いたものであり、会計上の利益から決算調整や申告調整などの税務調整を行なったものです。その為に法人税の算出方法は、税務調整を把握しておくシステムが必要になります。税務調整の中で重要なものは損金不算入で、一般的には交際費などのことをいいます。この交際費は会計上の費用となりますが、法人税上では経費に含まれません。法人税の額に関与しているため、交際費を減らすシステム化の推進が重要になってきます。

企業の経営については、法人税に対する対策を適切に行っていく必要があります。 特に企業に対して適用される法人税は、計算がとても複雑なものになっています。 そのため、正しく法人税を納税をしていくには、税理士に依頼することも選択肢のひとつになります。 税理士に相談することにより、企業で行う対策をアドバイスしてもらうことができるため、 法人税への対応も、しっかりと行うことができます。


タイトルとURLをコピーしました