バーチカル計算、道路縦断曲線










バーチカル計算、道路縦断曲線の課題をあっさり解決する

道路設計の詳細な計画、目的、留意するべき重要なポイントとは

道路設計では、次のものの設計を行います。道路、自転車歩行者道を含む歩道、平面交差点、立体交差点、道路休憩施設、一般構造物などの設計を行います。
道路概略設計は、道路事業を実施しようとする最適の路線を選定することを目的として行われます。路線の選定については、地域の自然、社会的条件、コントロール物件を考慮し、設計条件に適合した可能と思われる比較路線を選定します。路線を選定する上での、路線の平面線形、縦断線形はトンネル、橋梁、函渠、擁壁、土工構造物などの主要構造物、連絡施設を考慮して計画し、最適路線を選定します。

道路の幾何構造の問題点の分析や改良の方針と可能性を検討するために必要なデータを収集します。各流入部については、チェックリストを作成する。 また、植栽、道路照明等の付属物もそれらのあり方によっては、 交通の安全性に影響を与えるので、運転者や歩行者の立場からみた交通への支障の有無をチェックすることが重要です。

道路詳細設計は、路線を選定する上での、路線の平面線形、縦断線形はトンネル、橋梁、函渠、擁壁、 土工構造物などの主要構造物、連絡施設を考慮して計画し、最適路線を選定します。 道路詳細設計の業務内容は、設計計画、現地踏査、平面設計・縦断設計、横断設計、 道路付帯構造物の設計、小構造物の設計、仮設構造物の設計、用排水設計、施工計画、 路線図・平面図・縦断図・横断図、詳細図などの設計図の作成、数量計算、照査、報告書の作成などの業務を行います。

道路計画については、信号灯器、照明灯、障害物表示灯、黄色点滅灯等の安全施設の位置を図上に表示しておきます。路面勾配は、右折もしくは左折専用車線の速度と軌跡に影響を及ぼすので重要な調査項目です。路面排水の状況は歩行者の通行の快適性にとって重要な点であり、排水桝の位置、雨天時に水たまりができるか否か、またその規模等についても沿道の住民等から聞き取る必要があります。夜間の照明灯や沿道の明かりの影響により区画線や路面標示が見えにくくなったり、昼間と違った見え方になるので、夜間にっいても昼間と同様にチェックが必要になります。

道路設計の区分は、次のように分類されます。 道路概略設計A、道路概略設計B、道路予備設計A、道路予備修正設計A、道路予備設計B、 道路予備修正設計B、道路詳細設計などに分類されます。 道路詳細設計は、道路予備設計B、道路予備修正設計Bで確定した中心線位置、 用地幅杭位 置に基づき、工事に必要な詳細構造を経済的、合理的に設計し、 工事発注に必要な図面・報告書を作成する 目的で行われます。

エクセルのバーチカル計算で道路景観を意識して縦断曲線を計画しよう

平面分離は道路デザインとしても有効な方策です。
<道路縦断曲線の検討に欠かせないバーチカル計算>
バーチカル計算を行うため、道路の縦断計画高さを計算するソフトがあります。道路構造令を満たし、安全に道路を通行する際の、視距を確保した縦断線形を計画する必要があります。

<上下線を分離する平面分離とその効果>
平面分離は、安全かつ円滑な交通の確保に用いられることが一般的ですが、道路デザインとしても有効な方策です。歴史的な資源なども道路景観に取り込んで効果的な景観演出ができます。

<安全に道路を通行する際の視距を確保する>
視距には、最大停止距離内に入る前に、物体を目視するための制動停止視距、対向車を十分に目視するための追越視距、ヘッドライトで道路を照らすための視距などがあります。

<手軽に利用できるエクセル計算ソフトの活用>
構想検討の段階では、道路計画用のソフトでなくても、バーチカル計算、道路縦断曲線の計算ソフトで十分対応します。イメージ図や完成予想図など、正確な座標が必要ない作業に手軽に利用することができます。

タイトルとURLをコピーしました