車両旋回軌跡図










車両旋回軌跡図の耳寄り情報

車両旋回軌跡図のフリーソフトは独自理論で作図するものが多い

車両軌跡図のソフトは、道路の交差点計画、道路の狭小部の線形計画、工事車両の搬入路計画、駐車場計画などに使用できます。 車両軌跡図のソフトは、いろいろな状況に応じた車両軌跡図を作成することができ、 バック旋回や後退走行は、独自理論で作図されます。 車両の走行状況を、コマ送りやアニメーションで確認することができる、 走行シミュレーション機能をもつソフトもあります。

車両軌跡図のソフトは、計画路線や既存路線に対して、車両の走行軌跡を計算し、走行軌跡図を作図するソフトです。
車両軌跡図の作図理論は、日本道路協会の道路構造令の解説と運用、国土交通省の旋回軌跡による偶角部の設計について、自動車技術会のセミトレーラ・フルトレーラの直角旋回軌跡図の様式(JASO Z 006-92)、などによる、プロッタ法を採用しています。
バック旋回や後退走行は、独自理論で作図するソフトが多いです。
車両の走行状況を、コマ送りやアニメーションで確認することができる、走行シミュレーション機能をもつソフトもあります。

車の走行ルートは、直線と円弧を使って、走行軌跡図として作図することができます。 車両軌跡図で作図できる車種は、 小型自動車、普通自動車、トラック、セミトレーラ、ポールトレーラ、フルトレーラなどですが、 トラッククレーン等の特殊車両に対応しているソフトもあります。
車両軌跡図の旋回方法には、通常走行、S字走行、Uターン、止まりハンドル、バック走行、切り返し走行、 スイッチバック走行などがあります。 作図設定の種類が豊富で、いろいろな状況に応じた車両軌跡図が作成できます。

エクセルの車両軌跡図ソフトで、歩行者にも優しい道路計画を実現しよう

車両軌跡図のソフトで安全な走行を確保しましょう。
<車両軌跡による必要拡幅量と最小必要幅には差がある>
設計速度に基づき、安定した快適な走行ができるように、最小曲線半径が規定されています。この半径は安定した快適な走行ができるためのものであり、最小必要幅ではありません。

<最小必要幅を検討して安全な走行を確保する>
用地の制限やその他制約がある場合、特定の区間の道路幅を少なくするという手法が必要になる時もあります。車両軌跡図のソフトで安全な走行を確保するための最小必要幅を検討しましょう。

<車両軌跡図を検討する際の問題点>
道路構造基準に依らず、個別に道路幅を検討する場合、車両軌跡図の計算ソフトが不可欠です。道路の余裕幅を明らかにし、歩行者などの通行安全性も確保して、道路幅を決定します。

<エクセルの車両軌跡図ソフトを使って事故防止に貢献>
最小幅の検討では、想定される走行速度や最大の車両サイズなどを検討します。道路幅を小さくした分、速度制限を設ける、注意喚起の看板を設置するなどの措置で事故防止に努めましょう。

タイトルとURLをコピーしました