農業日誌、農作業記録、家庭菜園 フリーソフト/エクセル










農業日誌、農作業記録、家庭菜園の効果的な情報とは

農業日誌を記入することで、出荷量から売上高までの流れを管理できる

農業日誌とは、農業をする上で日々発生する事象を日誌として記録するということです。 農業日誌と併用することでより効果的に農作業量を把握することが可能となります。 これらの農作業量を管理すれば、必然的に収穫時期を割り出すことに繋がり、 最終的には出荷量から、売上高までを管理できるような情報の流れを掴むことができます。

農業日誌に記入する内容は、農作物の売上や価格推移であったり、気象情報、農作業の予定や内容、 農薬や肥料の使用量などがあげられます。 これらを日誌として記録することで、日々の動きや発生しうるリスクを回避することができます。 これらは日誌として書きとめることでも管理は出来ますが、専門のソフトなどを使用すれば、効率の良い管理が出来ます。 いずれにせよ、品質の良い農作物を生産するためには、日々の日誌を積み重ねて管理することが重要となります。

農作業量は、季節による作業量や、その日何をするべきかを把握し、 トータルでの農作業量を管理することを目的とします。 例えば、農薬散布の時期を管理しておくことで、 無駄な散布や散布忘れなどを予防することが出来ます。 他には多数の肥料の成分と価格を元に、最適な基礎肥料や 追加肥料の量を計算することも、農作業量に直結します。

タイトルとURLをコピーしました