パソコンPOSレジ フリーソフト/エクセル、データ分析










パソコンPOSレジ、データ分析の課題をあっさり解決する

パソコンPOSレジは、商品単位の販売情報を管理するシステムです

商品を消費者向けに販売する形態の内、代表的なのが商店街で、様々な商店が軒を連ねることで集客効果を発揮します。 卸といわれる業者より販売する商品を仕入れ、それを一般消費者へ販売する業態です。 地域に根ざしたサービスを提供することで、大型チェーン店にはない付加価値を提供している店舗も増えています。

POSレジは、売上が発生した時点でその情報を管理していくため、商品の売上状況をリアルタイムに把握できます。 POSレジを使用することで売れ筋商品や、購買層などを把握し、陳列商品を揃えていく役割を担っています。 不良在庫を抱えたり、品切れを起こさない方法としてPOSレジは普及しています。

小売業の多くは一般の販売店として営業を行っています。 小売業種としては、様々な商品を扱うことがあり、生活に必要なものを販売しています。 近年では大型チェーン店などが、大量の商品を低価格で販売するため、一般の販売店は価格競争で厳しい状況となっています。

POSレジとは、コンビニなどに代表する小売業における商品単位の販売情報を管理するシステムです。 バーコードなどの商品情報読み取り機とレジを接続することでどの商品が、いつどれぐらい売れているか、 在庫がどうなっているかを分析できます。 不良在庫を抱えたり、品切れを起こさない方法としてPOSレジは普及しています。

パソコンPOSレジは、顧客満足を得るためのツールだ

一般の商店は、小売業と呼ばれる業種で、卸業者から仕入れた商品を消費者向けに販売します。 近年ではこの商店街というシステムに変わり、大型小売チェーン店が駅前などの進出しています。 そのため、顧客をチェーン店に取られてしまうことで、一般の商店が閉店せざるを得ない地域もあります。 特に問題になっているのは、価格面での競争であり、デフレ化の原因であるともいわれています。

POSレジを使用すると、 毎日の売上商品を分析することで、少しでも早く不足商品を補充したり、 不良在庫となりそうな商品を抱えないように値下げするなどの対策ができます。 POSレジを導入しているお店と、そうでないお店とでは、商品の陳列などのスピーディさが、全く違ったものとなります。 言い換えるとPOSレジは、顧客満足を得るためのツールともいえます。

タイトルとURLをコピーしました