電圧降下計算










電圧降下計算の圧倒的に便利な情報

電圧降下が発生するとコンセントから取れる電圧は低くなります

電圧降下とは、電気回路に電流を流したとき、回路の電気抵抗により両端に発生する電位差のことをいいます。 キルヒホッフの法則は、ひとつの閉回路中での電圧降下の総和は、その回路の電源電圧に等しいというものです。 また、キルヒホッフの法則では、ダイオードのような非線形素子についても、電流を流したときに発生する電位差を電圧降下と呼んでいます。

電圧降下量は、電流×電気抵抗で表され、この計算式はオームの法則と呼ばれます。 電圧降下が発生すると、電源電圧に比べてコンセントから取れる電圧は低くなります。 電圧降下は、電線が細いほど、電線が長いほど、使用電流が多いほど大きくなります。 細い電線を使用すると電線が異常発熱を起こしたり、単相2線式、三相3線式などの場合では電圧降下量は異なることになります。

電圧降下の計算は、電気方式による係数、負荷電流、線路長、インピーダンス、導体の交流実効抵抗、リアクタンス、 周波数、インダクタンス、負荷電流の力率、力率角度などの数値を使って計算されます。 電気設備工事で使用される資料書式には、負荷容量集計表、コンセント設備集計表、共用料金簡易算出表、交換装置容量計算書、電圧降下計算書、短絡電流計算書、変圧器容量計算書などの書式があります。

電圧降下君αソフト、電線管サイズ教えて君αなどのソフトについて

電圧降下君αソフトは、配線長と使用点電流より電圧降下を算出し、適切な電線サイズを算出します。 電源供給状態、回路電気方式を選択。配線長、使用電流を入力。目標電圧が設定できます。
電線管サイズ教えて君αは、同一管内に収める電線を集計し電線管サイズを一発算出します。 標準でCV,CVD,CVT,CVQ,CVV,CVV-S,VCTF,IVのデータが登録されています。 その他の電線には、外径or断面積の入力で対応します。
電気設備関係のソフトは、幹線電圧降下計算、電線電線管のサイズ計算、回路図エディタ、電子回路図、 抵抗計算、コンデンサ・コイル計算、力率計算 などのソフトに人気があります。

電圧のかかったケーブルや電線では、電線の電気抵抗が大きいと発熱も大きくなり、末端になるほど電圧が低くなります。この現象は電圧降下と呼ばれ、低くなった電圧の量
電圧降下量になります。電圧降下量は、電流×電気抵抗 で表され、この式はオームの法則と呼ばれます。
キルヒホッフの法則は、ひとつの閉回路中での電圧降下の総和は、その回路の電源電圧に等しいというものです。また、キルヒホッフの法則では、ダイオードのような非線形素子についても、電流を流したときに発生する電位差を電圧降下と呼んでいます。

電線・電線管の選定ソフト、電圧降下計算ソフトの活用に注目してみた

<ソフトを使用して業務の効率化をはかる>
電線や電線管の選定にソフトを活用すれば、計算する時間が短縮され、仕事の効率化をはかることができます。工期に追われたり、残業時間の削減に繋げることができます。

<電圧降下計算のソフトを活用するメリット>
面倒な計算をソフトが正確に行ってくれます。電線に使う工事費用を無駄にせず、コストダウンに繋げることができます。発熱や発火などの電圧降下による機器の不具合を防止できます。


タイトルとURLをコピーしました