CADリンク集/美容室、チェア、シャンプー台




美容室、美容院、チェア、シャンプー台のCADフリーデータ集です。
美容室チェア、美容室椅子、シャンプーチェア、シャンプーボール、スタイリングチェア、リラクゼーションチェア、シャンプー椅子、スツール、待合椅子、ネイルチェア、エステチェア、美容室シャンプー台、美容院イス、ドレッサー、プロセッサー、キャビネット美容室設計図集などのCADデータが、ダウンロードできます。

美容室を運営するには、開業までに設備や備品を用意しておく必要があります。開業計画を立てる上で有効なのが、CADデータを使ったシミュレーションです。
そこで、様々な、美容室の備品、チェア、シャンプー台、ドレッサーなどのCADデータのリンクを集めました。イラスト素材や写真画像も、店内イメージの参考になるはずです。


また、このページの後半では、美容室の運営準備、チェアやシャンプー台などの探し方についても説明しています。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、お気に入りのデータを覗いてみましょう。
ご希望のCADデータを、ご自身のお仕事や、美容室の運営準備などにお役立てください。






目次

美容室、チェア、シャンプー台 2Dcadデータをまとめて紹介

美容室、チェア、シャンプー台の2Dcadについては、
特に、カジャグーグー、CAD blocks、CAD BLOKS free、arch web、などのサイトで、使い勝手が良いデータがあります。
検索すれば本当に沢山のデータが出ています。
「美容室内装工事110番ブログ」のサイトは、
美容室専門の店舗デザインや内装工事、開業全般に及ぶ相談を受ける施工会社のブログサイトです。店舗ごとのデザインや内装の相談、美容室開業に関するアドバイスを公開しています。施工金額やデザインなど施工に関するポイントも、詳しく載っている貴重なブログです。

美容室・内装デザイン.comカジャグーグーCAD blocksCAD BLOKS free007cad.comarch web美容室内装工事110番ブログK-WORLDサロンプラネットBEST LIFEFree CAD Block And AutoCAD Drawing美容室 図面 Google美容室椅子 図面 Google




美容室のデザイン、チェア、シャンプー台の探し方 3Dcadデータ

美容室、チェア、シャンプー台の3Dcadは、
特に、ARCHIBASE NET、cgtrader、TURBO SQUID、Grab CAD、shutter stock、などのサイトで、利用できるデータが掲載されています。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。
「BEAUTY GARAGE」のサイトは、
美容院やエステで使う、イスやカラーリング剤を販売するネットショップです。大都市にショールームがあるため、お店で機械の使い心地をチェックできます。美容院やエステ製品の販売と買取については、業界でもナンバーワンの実績を誇っています。

メガソフトCanStock PhotoPIXTASALON MARKETARCHIBASE NETcgtraderAdobe StockTURBO SQUIDCadNavCAD BLOKS free3D WarehouseFree 3DGrab CAD123RFshutter stockFOTO SEARCHiStockBEAUTY GARAGE美容室椅子 3D Google


美容室、チェア、シャンプー台のイラスト素材がここに集結

美容室、チェア、シャンプー台のイラスト素材では、
特に、getty images、FOTO SEARCH、iStock、depositphotos、CanStock Photo、などのサイトで、人気のデータがダウンロードできます。
使い勝手が良くて重宝していますよ。
「depositphotos」のサイトでは、
用意されているCADデータは、ソファー・イス・ドア・プール・テーブルなどさまざまです。ダウンロードできるファイル形式は、AutoCADに対応したdwgとなっています。リーズナブルなフレキシブルプランを利用すれば、月30枚の画像がダウンロードできます。

FREE VECTORAdobe Stockgetty imagesFOTO SEARCHiStockdepositphotosイラストACシルエットイラストFLAT ICONVecteezyCanStock PhotoPIXTAalamyphoto library123RFスタイルン美容室椅子 イラスト Google

美容室、チェア、シャンプー台 写真画像のダウンロード

美容室、チェア、シャンプー台の写真画像は、
特に、アベリー、PEXELS、flickr、shutter stock、gettyimages、などのサイトで、使えるデータがダウンロードできます。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「Dreamstime」のサイトでは、
パッケージ購入型の課金システムで、プランにより使用できる枚数が異なります。ファイルをアップロードする事も可能です。FTPでのアップロードが出来るのは嬉しいポイントです。取り扱われているデーター量が非常に多く便利なサイトで、コミュニティページもにぎやかです。

アベリーPEXELSflickrCanStock Photoshutter stockUnsplashstock free imagesstockvaultfree digital photos.netgettyimagesiStockFOTO SEARCHPIXTAphoto ACdepositphotosDreamstime美容室 写真 Google

美容室の運営準備、チェアやシャンプー台などの探し方


美容室の運営準備には、さまざまな備品を用意する必要があります。

美容室を開業するには営業許可の申請が必要ですが、それまでに設備や備品を用意しておく必要があります。
たとえば、以下のようなものが挙げられます。
・カット用のチェア
・シャンプー台
・ミラー
・トイレ、手洗器
・流水装置のついた洗い場
・採光、照明や換気設備を整えた内装
・消毒済の物品を収納する容器と、未消毒の物品を収納する容器
・ふた付きのゴミ箱や毛髪箱、消毒設備

また、許可後に美容室を運営していくためにも、さまざまな備品を用意する必要があります。
ヘアボールやドライヤー、カーラー、スタイリング剤(カラー)、タオルなど直接、理髪に関するものがあります。
そのほか、ユニフォームやメニュー、予約を受け付ける電話やFAXなど美容院の営業を支えるのに必要なものもあります。
これら必要なものをきっちり把握し揃えて、足りないものがないか常に管理しておくことが、美容室の運営を長く続けていくために重要なことです。

美容室、チェア、シャンプー台のおすすめガイド

美容室のチェア、シャンプー台は快適に座れる椅子を設置しましょう

ヘアサロンや美容室にかかせないのが、カットチェアやカットスツールです。小回りの利く定番のベーシックタイプ以外に、実は、いろいろな種類があります。足置きリングの付いているものや、チェア部分にくぼみのあるフィットタイプ、背もたれの付いているものなど、客層などに応じて揃えましょう。

スタイリングチェアは、美容室の顔といえるチェアです。スタイリングチェアを選ぶポイントは、なんといっても座り心地です。外見が良いのにこしたことはありませんが、お客が長時間座ること、また、さまざまな体型の人が座ることをいちばんに考え、座り心地と機能性を重視しましょう。

美容室のチェアとシャンプー台は、使用する人にとってバランスが悪いと、首や腰を痛めてしまう可能性があります。そのため、どんな身長の人でも快適に座れるような高さや、幅の椅子を選択し設置する必要があります。大切なことは、美容室のお客様に負担をかけないだけではなく、気持ちよく座れる椅子を設置することです。

美容室のCADデータでしっかりとしたイメージを固めた設計を

美容室は、ある意味では、こだわりの強い場所です。そのため、カットのためのチェアや、シャンプー台一つに至るまで、オーダーにより設計するということが起こり得ます。そのような場合には、美容室の設計をCADデータに起こし、チェアやシャンプー台などについても、しっかりとしたイメージを固めてから作成するという手法を取ります。

従来型の美容室の設計については、平面図だけでは中々イメージが一致しないという問題がありました。しかし、CADデータの場合には、チェアやシャンプー台などについても立体的に図示して、完成時のギャップを最小に抑えることができます。細かいこだわりに対応する場合には、この様な美容室のCADデータが活躍します。

チェアやシャンプー台のCADデータを活用した、美容室の内装設計

美容室・美容院を開業するとき、スタイリング用・シャンプー用・待合室用・客待ち椅子・待合椅子などの各種チェアやシャンプー台、カット台をいくつ置くか、またどんなものを採用するかは重要な問題です。店舗の広さに応じて、置くことができるチェアやシャンプー台は限られてきます。また、美容室を開業するには保健所に「美容所開設届」などを提出し、保健所の確認検査をクリアする必要があります。

美容室を開業する際、美容師法などの法律により、美容所の設置基準が定められています。美容所の設置基準では、作業室(カットやシャンプーなどをするフロア)の面積に対し、置けるスタイリング用やシャンプー用などのチェアが決められています。
また、シャンプー台や接客場所を設けることや、接客場所と作業室はパーテーションなどで区別することなども定められています。

美容室の内装設計のポイント

美容室の内装を設計する場合、保健所などの施設基準を満たすよう、チェアやシャンプー台を設置しなければなりません。客待スペースや作業室、トイレ、スタッフの控室などを含めた坪数に対して、適したチェア・シャンプー台の数はおおまかに決まっています。

たとえば、10坪の美容室ならスタイリングチェア4台、シャンプー台2台です。スタイリングチェアどうしの距離は少なくとも450mm、バックシャンプーの後ろには450~700mmのスペースを確保しておきましょう。

CADデータを活用した設計と図面作成

美容室の内装を設計する際、チェアやシャンプー台などの寸法を正確に把握しておく必要があります。チェアやシャンプー台のメーカーが配布するCADデータはチェアやシャンプー台の正面から見た幅や高さ、側面から見た奥行の長さなど、実物の寸法に合わせて作成されているため、必要なスペースを図面上で確認しながら設計することができます。

また、フリーのCADデータの寸法を変更して使うことも可能です。美容師が施術したり、お客さまが受付から客待ちスペース、スタイリングチェア、シャンプー用チェアへと移動したりする際、スムーズな動きを確保するためにも、CADデータを活用した平面図が有効です。

客待ちスペースとスタイリング、シャンプーそれぞれのゾーンのプライバシーを確保するには、パーテーションなどを設置します。3DCADデータ・3dデータを活用した立体的な設計図を作ると、動線やプライバシーに配慮した設計ができているかチェックするのに役立ちます。

チェア・シャンプー台の選定とCADデータを活用した美容室の設計

フロアの広さに合わせてチェア・シャンプー台を選定

美容室の広さによって、適切なチェアやシャンプー台の数は決まっています。設置する際は、チェアとチェアの間隔にも配慮する必要があります。美容室を開業するときは、保健所に「美容所開設届」や「施設の平面図」などを提出します。

CADデータで正確な寸法に基づいた設計が可能に

チェアやシャンプー台の寸法が正確なCADデータを使って設計することで、床面積の広さに対するこれらの備品のスペースを正確に確保し、きちんとした設計図でレイアウトすることができます。3DCADデータ・3dデータを利用すれば、プライバシーに配慮した設計ができているかを、設計図で確認できます。

美容室・美容院のCADデータ、活用法のテクニック

チェア・シャンプー台のCADデータの便利な活用方法

美容室の図面を作成する際、必要なチェアとシャンプー台の寸法、配置、数、サイズを確認しながら、デザインを構成します。そのため、チェアや客待ち椅子、待合椅子、カット台、シャンプー台の、CADデータ・3dデータを使用することはとても大切です。なぜなら、CADデータは寸法が正確だからです。

美容室で利用される、道具や家具のCADデータは、CADデータダウンロードサイトや、チェアやシャンプー台のメーカーサイトに掲載されています。特に、メーカーサイトに掲載されている製品のCADデータは、正確なサイズ・寸法が測りやすく、図面や設計図上で使用しやすいのが特徴的です。

また、CADデータを使用して、チェアやシャンプー台の配置を示せば、美容室の完成イメージも伝わりやすくなります。これは、発注者にイメージの相談をしやすくなることにも繋がりますし、作業員の作業のしやすさ・効率の良さにも繋がります。

3DCADデータを使用して、美容室の動線を把握する

2DCADデータのみでは、美容室における、従業員・客の動線に配慮した設計ができていない場合もあります。この場合、3DCADデータ・3dデータを使用することで、より立体的なイメージが掴みやすくなり、完成後の重大な欠陥を防ぐことにも繋がります。そのため、分かりにくい点は、チェア、客待ち椅子、待合椅子、カット台、シャンプー台などの3DCADデータ・3dデータを活用し、プレゼンすることも必要になってくるでしょう。

CADデータを活用し、よりリアルにイメージを伝える

美容室は、単純にヘアカットの場所のみならず、あらゆるポイントでリラクゼーション効果を与えることが求められています。例えば、待合室にはソファやカフェテーブルを用いるなど、女性が好む設計を意識することが大切です。そのため、CADデータを利用する際は、チェアやシャンプー台だけでなく、ソファやテーブルなども、うまく活用するとよりイメージがリアルに伝わりやすくなります。特に、ソファは、場所を取りやすい家具の一つなので、寸法が正確な3DCADデータ・3dデータを使用することで、美容室内の動線をふさいでいないか、分かりやすくなるでしょう。

美容室・美容院のチェアとシャンプー台のCADデータの活用について

美容室には、理美容院専用のチェアやシャンプー台が使われることが多いです。もちろん、デザインや色合いはさまざまです。素材は、水が飛んだり染料がついたりしても、すぐにさっと拭きとれるような牛革やナイロン素材、エナメル素材のものが多いです。形状も、シャンプー台なら、シャンプーボウルと接続できるタイプのものや単体のものですが、基本的な形自体はそんなに変わりません。

他にも、チェアなら自動で高さが変わるものであったり、手動で高さを変えるものであったり、回して高さを調節するものであったりさまざまです。目的自体は同じなので、形はだいたい似ています。

CADデータの実務に活かせる使い方


1.設計時に注意したいこと

美容室や美容院の設計と、家具の配置を行う場合に注意したいのが、美容室の設置基準です。美容室には、スペースの広さ・寸法によって置くことができる、チェアやシャンプー台が決められています。また、作業をする場所と、お客様と接する場所を仕切らなければならないという決まりもあり、営業許可を得るには、いくつかの条件をきちんとクリアしなければなりません。クライアントの美容室にぴったりの、チェアやシャンプー台のCADデータを探してくるという作業は、骨が折れる作業になります。


2.他の家具とのバランスも重要

美容院の限られたスペースの中に、チェアやシャンプー台をはじめ、スタイリングチェアやシャンプーチェア、パーマの機材など置くべきものはたくさんあります。きちんと、営業の設置基準を満たさなければならないので、チェアやシャンプー台だけに気を取られているわけにもいきません。

坪数に応じたおおよその数も決まっているので、数と空きスペース、美容師の人数など考慮しなければならない項目はたくさんあります。作業室の面積、寸法、接客スペースの面積、チェアやシャンプー台の大きさや、美容師の動線などを頭に入れながら設計図を起こしてみましょう。また、この時に作った設計図は、そのまま保健所に持ち込まれて審査されます。漏れのないように設置基準を改めて確認し、クライアントとも認識を同じにしておく必要があります。

クライアントの美容室に、適切なCADデータが見つからないときは、フリーのCADデータを使って、スケールや寸法を変えて配置するのもひとつの方法です。保健所からの許可がかかっているので、確実に許可を得るための設計図が作れるように努めたいですね。

美容室(美容院)の顧客満足度向上のために欠かせないCADデータ

美容室がこれからの時代を生き抜いていくためにも、いかに顧客の満足度を高めていくのかは大きな課題になります。そのためには競合店との比較も必要です。3dデータ(3dcad)などの設計図や寸法などのcadデータを使いより明確化していきます。また図面はフリー(無料)ダウンロードも充実しているので使いやすくおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました