CADリンク集/溝形鋼




溝形鋼の2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
形鋼は一定の断面形状に成形された鋼材のことで、構造用として土木・建築や機械製品に使われます。
溝形鋼などの、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、溝形鋼のCADデータをチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかるかもしれません。






溝形鋼、リップ溝形鋼 CADデータ

溝形鋼 ドラフティングの希望舎、鉄骨の図形ツール、近畿図面サービス、エムオーテック、溝形鋼 cad-data.comなどのサイトで、利用できるCADデータが揃っています。
きっとお役に立つと思います。
「鉄骨の図形ツール」のサイトでは、ボルトマーク、円形鋼管、溝形鋼・Ⅰ形鋼・軽量形鋼、鋼材材種表示マーク、角形鋼管などの、CADデータが、ダウンロードできます。
テクノライズ溝形鋼 ドラフティングの希望舎鐵道CAD製作所近畿図面サービス東京設計センター鉄骨の図形ツールエムオーテック溝形鋼 cad-data.com溝形鋼 図面 Google


溶接記号 CADデータ

m-sudo’s Room、日本溶接協会、溶接記号 ドラフティングの希望舎、溶接記号などのサイトで、質の高いCADデータが揃っています。
まずはフリーデータで試してみて、不満があるなら、有料データを購入してみてはいかがですか。
「日本溶接協会」は、溶接記号作成支援ツールページです。 溶接グループ、溶接形状を選択して、基線からの矢の引き出し方向、溶接する側、開先寸法、表面仕上げ、補助記号並びに補足的な指示のデータを入力し、DXF保存することでCADデータとして利用することができます。
m-sudo’s Room日本溶接協会溶接記号 ドラフティングの希望舎溶接記号

溝形鋼の課題をあっさり解決する

高層の建物や鉄橋などに、H型やI型、C型の断面をした鉄骨が使用されます

鉄でいろいろな形状に加工されたものは鋼材と呼ばれ、建築現場や土木現場で使用されています。高層の建物や鉄橋などには、H型やI型またC型の断面をした鉄骨の材料が使用されます。鉄筋コンクリート構造の建物や橋等の構築物には、コンクリートの中に入れる異型筋と呼ばれる鉄筋が配置されます。

一般の家庭や住宅では、重量のあるH型鋼やI型鋼などの鋼材を使用することはありませんが、コンクリートブロックを積んだり、コンクリート土間を設置する場合は、鉄筋が使われます。鋼材を使うと、引っ張り力に対して強くなり、倒壊や割れの心配がなくなります。

鋼材は形状により、鋼板、鋼管、形鋼、棒鋼、線材、鋳鍛鋼品に分類されます

鋼板は、平らに熱間圧延、冷間圧延された鋼で、平板状に切断された鋼材です。板厚による分類は、薄鋼板は厚さ3mm未満のもの、厚鋼板は厚さ3mm以上のものになります。鋼板は、遮音壁、ガードレール、プレートガーダー橋などに使われます。

縞鋼板には、メッキ縞鋼板、カラー縞鋼板、ステンレス縞鋼板などの種類があります。縞鋼板は、美しく、デザイン的にもスマートな形状なので、床用鋼板としてはもちろん、各種化粧板としても使用されます。形状的にも重量を軽減でき、縞目の摩耗が少ないため、床用鋼板として優れているといえます。

エキスパンドメタルは、金属板を刃型によって、千鳥配列の切れ目を入れながら、押し延ばして網目を形成して作られる金網の一種です。エキスパンドメタルは、線材で編んで作られる金網と異なり、ボンドで固定された網がダイヤモンド型に構成されるため、各角度に対して抗張力が強く、独特な形状と特性が特徴です。

線材は、棒状に熱間圧延された鋼で、コイル状に巻かれた鋼材です。断面の形状は、円形、正方形、六角形、特殊な形状をもつ異形線材などが含まれます。おもな線材の種類には、軟鋼線材、硬鋼線材、ピアノ線材、特殊線材などがあります。線材は、吊橋ケーブルなどに使用されます。

鋳鍛鋼品は、3次元的に複雑な形状の強度部材や小物の補助部材まで、種々の形状を用途に応じて、幅広く利用されています。鋳鋼品は、鋼を鋳型に鋳込んで所要形状の製品としたものです。鍛鋼品は、適当な鍛練成形比を与えるように鋼塊、鋼片を鍛錬成形し、所定の機械的性質を与えるために熱処理を施したものです。鋳鍛鋼品の用途は、水力発電用フランシスランナー、ケーブルバンドなどに使用されます。

溝形鋼の納まり具合なども、CAD図面で容易に対応できます

現場では、溝形鋼などの納まり具合によって、細かな変更がん生じてしまいますが、頻発する細かい変更なども、CAD図面のほうが容易に対応できます。CADデータで描くことで、溶接記号を統一して使用することができ、手書きによる仕様の違いもなくなりました。拡大縮小で、鋼材などの細かい納まりの確認も簡単に行えます。

手書き図面とは違い、JIS等で規格が決められている鋼材を、CADで図面を描く際には、大抵のCADソフトの場合には、溝形鋼の部材はライブラリーに納められています。そのため、溝形鋼の板厚や溝の深さなどを指定すれば、ライブラリーから部材データが読みだされるため、手書き図面のように、製図者が溝形鋼の部材を描き起こす必要はありません。


タイトルとURLをコピーしました