CADリンク集/バックホウ・油圧ショベル




バックホウ・油圧ショベルのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
バックホウ・油圧ショベルの仕様書・スペックの項目は、バックホウの機械質量・バケット容量・定格出力、低騒音指定、排ガス対策の指定バックホウ、解体仕様車、ロングブーム、ピースブーム、ロングフロント、双腕仕様機のバックホウなどになります。

 このページから、バックホウ・油圧ショベルのCADデータを手軽にダウンロードして、あなたのお仕事に活用することができます。
 バックホウ・油圧ショベルの、CADの最新データをダウンロードできるサイトについて掲載しています。


 記事の後半では、バックホウと油圧ショベルの使い分けについても説明しています。

 それではまず、バックホウ・油圧ショベルのCADデータがすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
 数多くの役に立つCADデータが、ダウンロードができますよ。






バックホウ・油圧ショベル 2Dcadデータ

バックホウ・油圧ショベルの2Dcadデータでは
特に、日立建機日本、アクティオ、共成レンテム、トラスト、Biblio CAD、などのサイトで、質の高いデータが揃っています。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。
「コベルコ建機」のサイトでは、
ショベルカーやクレーン、重機などの建設機械、運搬機械等を販売している会社です。国土交通省の低騒音とオフロード法の排出ガス基準を満たす重機を多く取り扱っています。省エネを意識しており、超小旋回ショベルや、排ガスの少ないクレーン等が販売されています。

コマツ建機販売日立建機日本アクティオ西尾レントオール共成レンテム北海産業住友建機ヤンマーコベルコ建機カナモト南部興産リョーキ加藤製作所イマギイレ千代田機電ユナイト 株式会社KATO HICOM上田技研レント株式会社 東部重機サコストラック・バス・重機の総合情報サイトトラストBiblio CAD建築情報.netCAD blocksFreepik現場代理人な日々arch webAPLUSPinteresThe-Blueprints.comFOTO SEARCHiStockdimension CAD建築知識ササイナカムラバックホウ cad-data.comショベル cad-data.comバックホウ 図面cadデータ Google油圧ショベル 図面cadデータ Googleexcavator cadデータ Googleミニショベル 図面 Google


バックホウ・油圧ショベル 3Dcadデータ

バックホウ・油圧ショベルの3Dcadデータついては、
特に、TURBO SQUID、3D CAD BROWSER、CAD forum、cgtrader、FOTO SEARCH、などのサイトで、お探しのデータが掲載されています。
ダウンロードして、始めてみてはどうですか。
「CIVIL CLUB」のサイトでは、
重機、道路、排水などの工事関係から家具や照明など、多くの3DCADデータを公開しています。出来形管理基準値のPDFデータを河川、土木、砂防など数種類に分けて公開しています。あらゆる作業船やバックホー、ダンプ、ブルドーザーのCADデータをダウンロードすることができます。

TURBO SQUID3D CAD BROWSER3D WarehouseトラストPinterestGrab CADD-PROJECTCadNavsharecgCAD forumANIMIUMcgtraderCIVIL CLUBCanStock PhotoFOTO SEARCHAsset Storeexcavator 3D Google

バックホウと油圧ショベルの使い分けは


 この項では、一般的なバックホウと油圧ショベルの使い分けを説明しましょう。

油圧ショベルは、油圧シリンダーにより作動する、腕状のもの(ブーム、アーム)の先端に、バケットを取り付けて、土砂地山などを掘削、または整地する自走式建設機械です。
アーム先端に取り付ける作業装置は、土砂等の掘削に適したバケットが標準ですが、バケット以外のアタッチメントで、様々な用途に使用できます。
製造メーカーにより、油圧式ショベル、ユンボ、バックホー、パワーショベル、ドラグショベル等の商品名がつけられています。
1990年代に、社団法人日本建設機械工業会により、新たに制定された統一名称が「油圧ショベル」です。

油圧ショベルの形態の中で、アームの先端に取り付けたショベルが、進行方向側を向いているものがパワーショベル、手前を向いているものが、バックホウと呼ばれています。
そのため、バックホウは、掘削土を機体側に手招きするように引き寄せる形になり、その形状から、地表面よりも下の掘削に適しています。
一般的には、地表より上の掘削はパワーショベル、下の掘削はバックホウ、という使い分けがされています。

バックホウ・油圧ショベルに求められるものは

バックホウは、人間の手のような動きができる特徴があります

建設工事の分野では、バックホウやユンボ、フォークリフトなどが大活躍しています。バックホウやユンボの主な役割は、土を掘り起こしたり、その土や土砂をダンプカーの荷台に乗せたりすることです。アーム型で、人間の手のような動きができるという特徴があります。

バックホウやユンボには小型のものもあるため、旋回にも便利で小さな工事現場などでは非常に重宝されています。よく建築現場や作業現場で使用されているアーム型の重機は、油圧ショベルとよばれるものです。先端のアタッチメントを取り替えることで、様々な用途で使用することができます。

掘削機械の種類、特徴と用途について

油圧ショベルは、キャタピラにて走行するものが多く、路面が不整地でも作業しやすいことが特徴になります。また、小回りがきくことや狭い場所でも作業できるミニショベルもあります。これは車両の重量が6トン未満のものを、ミニショベルの呼び名で区別しており、手軽に利用することができます。バックホウは、機械質量・バケット容量・定格出力等により機種が異なります。

パワーショベルは、上部旋回体にショベルの作業装置を取り付けたもので、地表面より上の掘削に用いられます。ドラグショベル・バックホウは、主力は油圧式で、地表面より下の硬い土の掘削に適しています。ドラグラインは、地表面より下の軟らかい土や砂利などの掘削を行います。河川や軟弱地など作業に適しており、硬い土の掘削には適しません。

バケット掘削機は、バケットホイールエキスカベータともいいます。大規模土木工事に用いられ、掘削と積込が連続して行えます。比較的軟らかい土地の掘削に適しています。トレンチャーは、連続溝掘削に用いられます。

バックホウのクローラ型・排出ガス対策型は、油圧力で爪付きバケットを上下に動かして掘削する方式で、掘削機の代表的なものです。ドラグライン、クラムシェルは、ドラグラインのバケットをクラムシェルバケットに付け替えた形のもので、掘削方式はロープに吊り下げたクラムシェルバケットを落下させて、土砂をつかみ掘る方式です。クラムシェルの規格はバケットの平積容量(m3)、作業半経(m)、吊能力(t)で表します。クローラクレーンをベースにしています。

土木機械は、設計時から安全性を重視して作られています

バックホウやユンボなどの建設機器は、非常にパワーがあるために、安全に使用しないと危険が伴います。そのため、これら土木機械は、設計時から安全性を重視して作られています。設計時には、CADデータを用いてコンピューター上で管理することで、正確性を確保しています。バックホウ、ユンボなどのCADデータを活用することで、様々な編集を行うことができる様になるのです。

プレゼンの提案力の向上法、他社と差別化した図面の作成法

<プレゼンでの図形イメージの使い方が難しい>
バックホウと油圧ショベルは、プレゼンでの図形イメージの使い方が難しく、外見は似ていますが、違う重機です。重機配置を間違えれば、プレゼンが台無しになるおそれがあります。
<図形CADデータがプレゼンテーションの提案力を向上>
バックホウなどのCADデータを用いて、リアリティのある図面を作成することで、必要な重機の種類や台数を、直感的に伝えることが可能です。騒音や振動もイメージとして伝えることができ、プレゼンテーションの提案力を向上します。

作業効率を大幅に低下させてしまうCADデータの2つの問題点

<油圧ショベルなどのCADデータ容量が大きくなり過ぎる問題>
CADデータは電子データであるため、用途が多様であるというメリットを持っていますが、容量が大きくなり過ぎる問題が生じます。作図の効率が悪くなり、メールで送り合えなくなります。
<CADデータがうまく開けない問題>
CADデータがうまく開けない問題も起きてきます。油圧ショベルやバックホウは作りが複雑なので、データも重くなりがちです。データが重くなり過ぎないような工夫が必要です。
出典:バックホウ・油圧ショベルのCADデータの活用、提案力のある図面にする方法


タイトルとURLをコピーしました