CADリンク集/バックホウ・油圧ショベル




バックホウ・油圧ショベルのCADデータ、規格寸法図、仕様書、カタログが、ダウンロードできます。
バックホウ・油圧ショベルの仕様書・スペックの項目は、バックホウの機械質量・バケット容量・定格出力、低騒音指定、排ガス対策の指定バックホウ、解体仕様車、ロングブーム、ピースブーム、ロングフロント、双腕仕様機のバックホウなどになります。

 このページから、バックホウ・油圧ショベルのCADデータを手軽にダウンロードして、あなたのお仕事に活用することができます。
 バックホウ・油圧ショベルの、CADの最新データをダウンロードできるサイトについて掲載しています。


 記事の後半では、バックホウと油圧ショベルの使い分けについても説明しています。

 それではまず、バックホウ・油圧ショベルのCADデータがすぐに欲しい人のために、ダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。
 数多くの役に立つCADデータが、ダウンロードができますよ。




バックホウ・油圧ショベル 2Dcadデータ

バックホウ・油圧ショベルの2Dcadデータでは
特に、日立建機日本、アクティオ、共成レンテム、トラスト、Biblio CAD、などのサイトで、質の高いデータが揃っています。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。
「コベルコ建機」のサイトでは、
ショベルカーやクレーン、重機などの建設機械、運搬機械等を販売している会社です。国土交通省の低騒音とオフロード法の排出ガス基準を満たす重機を多く取り扱っています。省エネを意識しており、超小旋回ショベルや、排ガスの少ないクレーン等が販売されています。

コマツ建機販売日立建機日本アクティオ西尾レントオール共成レンテム北海産業住友建機ヤンマーコベルコ建機カナモト南部興産リョーキ加藤製作所イマギイレ千代田機電ユナイト 株式会社KATO HICOM上田技研レント株式会社 東部重機サコストラック・バス・重機の総合情報サイトトラストBiblio CAD建築情報.netCAD blocksFreepik現場代理人な日々arch webAPLUSPinteresThe-Blueprints.comFOTO SEARCHiStockdimension CAD建築知識ササイナカムラバックホウ cad-data.comショベル cad-data.comバックホウ 図面cadデータ Google油圧ショベル 図面cadデータ Googleexcavator cadデータ Googleミニショベル 図面 Google




バックホウ・油圧ショベル 3Dcadデータ

バックホウ・油圧ショベルの3Dcadデータついては、
特に、TURBO SQUID、3D CAD BROWSER、CAD forum、cgtrader、FOTO SEARCH、などのサイトで、お探しのデータが掲載されています。
ダウンロードして、始めてみてはどうですか。
「CIVIL CLUB」のサイトでは、
重機、道路、排水などの工事関係から家具や照明など、多くの3DCADデータを公開しています。出来形管理基準値のPDFデータを河川、土木、砂防など数種類に分けて公開しています。あらゆる作業船やバックホー、ダンプ、ブルドーザーのCADデータをダウンロードすることができます。

TURBO SQUID3D CAD BROWSER3D WarehouseトラストPinterestGrab CADD-PROJECTCadNavsharecgCAD forumANIMIUMcgtraderCIVIL CLUBCanStock PhotoFOTO SEARCHAsset Storeexcavator 3D Google

バックホウと油圧ショベルの使い分けは


 この項では、一般的なバックホウと油圧ショベルの使い分けを説明しましょう。

油圧ショベルは、油圧シリンダーにより作動する、腕状のもの(ブーム、アーム)の先端に、バケットを取り付けて、土砂地山などを掘削、または整地する自走式建設機械です。
アーム先端に取り付ける作業装置は、土砂等の掘削に適したバケットが標準ですが、バケット以外のアタッチメントで、様々な用途に使用できます。
製造メーカーにより、油圧式ショベル、ユンボ、バックホー、パワーショベル、ドラグショベル等の商品名がつけられています。
1990年代に、社団法人日本建設機械工業会により、新たに制定された統一名称が「油圧ショベル」です。

油圧ショベルの形態の中で、アームの先端に取り付けたショベルが、進行方向側を向いているものがパワーショベル、手前を向いているものが、バックホウと呼ばれています。
そのため、バックホウは、掘削土を機体側に手招きするように引き寄せる形になり、その形状から、地表面よりも下の掘削に適しています。
一般的には、地表より上の掘削はパワーショベル、下の掘削はバックホウ、という使い分けがされています。






 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする