株損益計算 フリーソフト/エクセルシート










株損益計算のものすごく便利な情報

株損益計算は、株式を扱う上でなくてはならないスキルのひとつです

購入時の株価、手数料、現在の株価から損益計算を行うことになります。 今株を売れば、幾らの損益になるかの損益計算は、売り時を見極める指標になるからです。 株式を扱う上で、損益計算というのはなくてはならないスキルです。 よく、初心者の方は、手数料があることを忘れがちですが、手数料も立派な損益の一つとなります。

株の損益計算は、利益確定や損切りをする上で重要な計算です。 この損益計算ができなければ、株式で儲けることは不可能でしょう。逆に損益計算は最低限のスキルといえます。 ただ、最近ではソフトなど便利なツールが充実しているため、手計算をすることなく損益計算ができるようになっています。

株の損益計算は、幾らで購入したか、そして現在の株価が幾らなのか、 売買に関する手数料が幾らになるかを元にして、損益を計算します。 損失を大きくしない、利益を確定する、そういった判断をする上で、損益計算は重要になります。 また、これぐらいの利益が出た頃に売りたい、と考える場合に逆引きとして株価が幾らになれば良いという判断も可能です。

株式データを取得しチャート編集すれば、独自の株価予想ができるようになる

証券会社の運営サイトでは、個別銘柄のチャート編集ができるようになっています。チャート編集としては、ローソク足か、終値足かを選べるようになっていたり、日足や週足、または月足のチャートを選択表示することができます。日足チャートは、短期的な株価の波動を確認するのに用いられます。また、週足や月足のチャートは、中長期のトレンドなどを確認する時に用いられます。

さらに証券会社によっては、様々な指標が表示されるテクニカルチャートが使えるようになっています。期間ごとの移動平均線を始めとして、RSIやボリンジャーバンドなどをチャート上に同時に表示することができます。

株価の変動は、 世界経済と日本経済の動きにより、国々や各企業の金融政策により、 また、それらに注目して次の手を読もうとしている投資家達の判断と動きにより、株価は変動しています。 株価は、色々なミクロな要素が混ざり合い、マクロでは波動的な動きを示します。 既成のチャートでは欲しい情報だけを見ることができないので、 株価データを取得し、株価グラフを作成してチャート編集できれば、さらに独自の株価予想が容易にできます。 景気変動、会社業績、そして投資家の都合などを伺い知るチャート編集が、 株取引で上手く立ち回る決め手になります。

タイトルとURLをコピーしました