時間割・週案の作成 フリーソフト/小中高別エクセル










時間割・週案の作成 フリーソフト/小中高別エクセルの圧倒的に便利な情報

最近ではフリーソフトを使用して小学校の時間割作成をすることが一般的です

小学校の時間割作成は、学習指導要領などを参考にして、各学校で上手く組み合わせることが求められています。小学校の教師にとって、時間割作成はとても大切な仕事であり、また難しい仕事です。小学校の時間割作成は、担任が体育から算数までほぼ全てを教えているため、一人の教師の裁量に任されます。そのため、学年ごと、クラスごとによって、大きく異なってきます。

小学校の時間割作成の場合、1年生と6年生では注意すべき点も違います。6年生は実験室などを使う事が多いため、他クラスとのバランスが必要となります。1年生の場合は飽きさせず、いかにして学校に慣れさせていくかを重視した時間割作成が必要となります。このように、小学校の時間割作成は学年によって注意すべき点がそれぞれ異なってくるのです。

小学校の教職員にとって、小学校の時間割作成は大切な仕事のひとつとなっています。 最近では、パソコンソフトを使用して小学校の時間割作成をすることが一般的となっており、 教職員の負担が少しは軽減されています。 特に、小学校の時間割作成をするときには、教職員はもちろんのこと、生徒にとっても負担がないように工夫をすることが重要です。 今後も小学校のカリキュラム作りに対するニーズが、さらに高まってゆくことが予想されます。

中学校の時間割作成には様々な教師が関わるため小学校よりも複雑です

中学校の時間割作成は、教師が行います。 特に教務主任が行うことが多いのですが、他の教師も協力して行っている学校もあります。 小学校では担任がほとんどの教科の授業を行いますが、中学校では教科ごとに担当の先生がいます。 そこで中学校の時間割作成では、他のクラスと同じ授業が重複しないように時間割を組まなければなりません。

中学校の教師には様々な仕事があり、時間割の作成もたいへん重要な仕事になります。 中学校の時間割作成には、様々な教師が関わってくることになります。 教科ごとに教師が分かれているため、クラスで重なったりすることがないよう、注意して作成しなければなりません。 また、時間割をしっかりとたてておかなければ、生徒たちが卒業するために必要な科目を修了することができなくなります。
中学校の時間割作成は、いろいろなことに気を配って行う大切な仕事なのです。 体育や音楽、美術や技術・家庭科などはグランドや実習室など、限られた教室や施設を利用するため、他のクラスだけではなく、他の学年とも重複しないようにする必要があります。生徒たちがしっかりとそれぞれの科目を学ぶことが出来るようにつくっていく必要があります。

中学校の時間割作成は、文部科学省が定めた授業数を守りつつ、生徒たちがしっかりとそれぞれの科目を学ぶことが出来るようにつくっていく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました