CADリンク集/バス・Bus




バスの2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
観光バス、送迎バス、路線バス、高速路線バスなどの車種別環境情報、外観図、旋回軌跡図、燃費と性能表、大型路線バス・中型路線バス・小型路線バス・貸切用バス、レトロなワーゲンバスなどの、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

 このサイトでは、バスメーカーや、バスのCADデータを掲載しているホームページをまとめています。
そのため、目的に応じたバスのCADデータや、バスのイラスト・写真などの資料を探すことができます。


また記事の後半では、バスの旋回軌跡や駐車場の大きさの検討など、バスの安全運行のための対策ついて説明していきます。

バスなどのCADデータ、イラスト素材、写真画像をお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。






バス・Bus 2Dcadデータ

バス・Busの2Dcadデータは、
特に、いすゞ自動車、日野自動車、arch web、dimension CAD、DWG models、などのサイトで、使えるデータが揃っています。
まずは色々試してみるのがいいものを見つける近道です。
「トラック・バス・重機の総合情報サイト」のサイトでは、
三菱ふそう、いすゞ、日野、コマツなどのバス、トラック、重機の情報を集めたサイトです。各機種の特徴や作業性の他、寸法や細かい仕様が分かりやすく記載されているお役立ちサイトです。中古トラック整備士が運営しており、諸元表に掲載が無いが使用側として知りたい情報も公開されています。

いすゞ自動車車の塗り絵・CADデータ土木の道具箱 @ほーせん日野自動車トラック・バス・重機の総合情報サイトarch webCAD blocksPinterestCAD forumSUPER COLORINGdimension CADDWG modelsバス cad-data.comバス cadデータ Google




バス・Bus 3Dcadデータ

バス・Busの3Dcadデータについては、
特に、3D CAD BROWSER、Cad Nav、TURBO SQUID、3D Warehouse、Free 3D、などのサイトで、多くの種類のデータが紹介されています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。
「Grab CAD」のサイトでは、
フリー3D CADのデータを、数多く公開しているサイトです。様々なデータが揃っており、プロフェッショナルな3D印刷が簡単に使えます。カニクレーン・ミニクレーン、ユニック車・トラッククレーンなどの3Dデータが紹介されています。

3D CAD BROWSERCad NavTURBO SQUID3D WarehouseFree 3Darch webPinterestArtist-3DcgtraderDmi-3DGrab CADHum 3Dバス 3Dデータ Google


バス・Bus イラスト

バス・Busのイラストでは、
特に、CanStock Photo、FREE VECTOR、pixabay、Adobe Stock、All-free-download.com、などのサイトで、評判のデータが揃っています。
使い勝手が良くて凄く重宝しています。
「イラストポップ」のサイトでは、
ロイヤリティフリーのイラストレーションを取り扱っている、ダウンロードサイトです。1万点以上のイラスト素材を取り扱っており、個人、法人、商用を問わず無料でダウンロードすることができます。イラストは、カテゴリ別に分けられて見やすく、すぐに目的のイラストを見つけることができます。

FOTO SEARCHCanStock PhotoCLIP ART LOGOPIXTAphoto libraryFreepikイラストポップイラストACMMGクリエイティブネットshutter stockFREE VECTORVecteezypixabayFLAT ICONPinterestFor Designer.comAdobe StockAll-free-download.com123 Free Vectorsバス イラスト Google

バス・Bus 写真画像

バス・Busの写真画像は、
特に、CanStock Photo、Pinterestpixabay、PEXELS、Unsplash、FOTO SEARCH、などのサイトで、お探しのデータがダウンロードできます。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「photo library」のサイトでは、
イラスト、写真素材のサイトです。基本無料ですが、月額制で使用量の拡大や動画購入などもできます。フリー素材としてノンクレジットで商用利用もOKであり、スマホ用の素材もあります。写真素材が豊富で、季節の風景から人物、年中行事などもあり細かなシーンを選ぶことができます。

CanStock PhotoflickrPinterest</pixabaystockvaultAll-free-download.comPEXELSUnsplashphoto ACfree digital photos.netFOTO SEARCHFreepikPIXTAphoto libraryバス 写真 Google

求められる、バスの安全運行と旋回対策


この項では、バスの車両軌跡などのCADデータを使った、バス運行の安全対策や駐車場の設計の検討ついて説明していきます。

観光バス、高速バスの種類には、ダブルハイデッカー、スーパーハイデッカー、大型・中型・小型ハイデッカー、小型一般車のように分類できます。
ダブルハイデッカーは、2階建てバスで49名~72名の客席数です。スーパーハイデッカーは、中二階建てで運転席を低くして高い視点からの景観を楽しめ、45~55名の客席数あります。大型ハイデッカーは、運転席を低くして高い車高で景観を楽しめる乗客数45~51名のバスで、小型一般車は、マイクロバスとも呼ばれ、乗客数22~29名のバスです。

2016年のバスの事故件数は、車両故障以外では630件近くもありました。バスの乗客が多いことから、一端事故が起こると、大惨事になります。バス運行会社、通産省では安全運行のための対策を検討しています。政府が勧めるバスの安全対策では、車線逸脱警報や車間距離警報などの警報装置、衝突被害軽減ブレーキ、車両安定性制御装置があります。

バスを安全に運行するためには、バス機能の安全のほかに、交差点や駐車場でのうまく旋回できるための対策も必要です。そのために、運転手の技術に頼るだけではなく、事前にバスの通行ルートを検討し、バスの能力上安全に通行できるか判断する必要があります。また、大型観光施設の駐車場を設計する際にも、バスの描く旋回軌跡を考え駐車場の大きさと駐車位置を検討することが大事でしょう。

バスの旋回軌跡や駐車場の大きさの検討に当たっては、CADデータやバスの仕様が公開されているため、有効に活用できます。さらに、車両軌跡図ソフトは、通常走行、S字走行、Uターンなどの走行状況に応じた車両軌跡図を描くことができるツールです。このような3Dデータを活用すれば、バスの運行をビジュアル化できるため、駐車場やバス運行の設計プレゼンに威力を発揮できます。

バス・Busのものすごく便利な情報

近年の路線バスの構造は、低床化、超低床化が進んでいます

住民の生活の足として、昔から多くの人に利用されてきた公共交通機関である路線バスの存在は、欠かすことはできません。よく電車などと比較されることが多いですが、電車とは違い、停留所の数が圧倒的に多いのが、バスの特徴となっています。

バス停留所の位置はショッピングモールや公共施設の目の前であったり、病院の敷地内であったりと、利用する人の利便性を強く意識して、バスは運行されています。地方では住民の生活のために、赤字にもかかわらずバス路線を廃止せず、地域住民のために運行しているバス会社も存在するほどで、人々にとって路線バスは、重要な役割を担っています。

近年の路線バスの構造は、低床化、超低床化が進んでいます。ケータイやスマホの地図などを利用して、バスが今どこを走っているかをチェックしましょう。

バスのCADデータを使った、利用者に優しいBus駐車場やバス停の設計

<ドライバーに優しい工夫として>
バスは後方死角が多いので、ドライバーに優しい工夫として、切り返しや後退が不要な動線確保、駐車マス配置を考えましょう。歩行者・自転車とバスの動線分離は、事故防止につながります。
<バス利用者に優しい工夫として>
バス利用者に優しい工夫として、高齢者や車いす・ベビーカー利用者などの安全に配慮し、特殊形状の縁石導入などを検討しましょう。駐車場では、駐車マス配置や形状のCADデータの工夫が必要です。
出典:バスの2D・3Dcadデータを使った、Bus駐車場やバス停の設計手法

 

タイトルとURLをコピーしました