給与計算 フリーソフト/エクセルテンプレート










給与計算について知っておきたいこと

給与計算は企業が従業員に労働の対価を支払う重要な業務です

給与計算は、企業が従業員に支払う労働の対価を計算するもので、非常に重要な業務です。 残業があれば、残業代も計算しなければなりません。 社会保険料や所得税などの税金計算では、総支給額に応じた給与の計算をする必要があります。

一般的な、給与明細書を作成する流れは、次のようになります。
1.期間の勤怠を集計します
タイムカードや出勤簿から、給与計算する機関の勤務時間・出勤日数を計算し、給与計算の基礎となる勤怠項目を集計します。 末締め翌25日払いの場合は、当月の1日から末日までの勤怠計算をして、翌月の25日に支払うことになります。
2.支給額の計算
集計した勤怠データに基づき、基本給、諸手当、残業代、通勤費などの計算を行います。
3.控除額の計算
健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、源泉所得税、住民税など、控除額の計算を行います。
4.差引支給額の計算
総支給額から控除額合計を差し引いた差引支給額を計算して、実際の支払額を算出します。
5.給与明細の作成
給与計算ソフトを使用して、計算データから給与明細の印刷を行います。

給料計算のシステム化において、必要になってくるものは、支給総額・保険料など控除の金額、残業手当、基本手当などの要素です。 給料明細はテンプレート化されているものがありますが、ソフトを使って自分で作成した方が便利に活用できます。

給与明細の仕組みの理解とルールを定めて給料明細を作成することが大切

就業規則に給与明細の項目をきちんと作成し、自分の会社がどのような給与体系を取っているかを確認してください。 給与明細の仕組みは、 会社がどんな基本給や各種手当を用意しているのか、給与明細の項目を通じて、従業員に把握させることが一番の目的になります。 就業規則できちんと給料明細のルールを定め、必要な情報を用意し、毎月決まったルールで 給料明細を作成することが重要になります。

雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金のシステム化では、社会保険に関わる諸手続きで電子化が進められる中で、 電子申請に対応した機能を持つシステムを選定しなければなりません。

社会保険には、雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金などを含む、様々な項目の業務があります。 しかし以前より我が国では、e-Govより、一括申請を行なうことができるシステムが運用されています。 このe-Govは、複数の申請をZIPファイルで、ひとつにまとめて申請するだけで、一括して手続きが行えるシステムです。 企業側も手続きが簡単に行えることから、大きなメリットがあるのです。 しかし、我が国で一括申請システムへの取組みが進んでいる一方で、 企業側では、電子申請に対応したシステム化が進んでいない現状があります。
既存のシステムでは、アウトプットした書類を郵送することになり、 旧来の手続きでは、余計なコストや業務が生じてしまいます。 雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金などを含む社会保険のシステム化では、 電子申請に対応していることが大切になるのです。

財務分析と損益分岐点の管理は経営判断の重要ポイントとなる

企業活動において財務分析と損益分岐点の管理というのは、経営判断を行うときの重要なポイントになってきます。 特に現代社会ではスピーディーな判断を求められますので、販売管理、経営分析システムの導入というのは欠かせないものになりました。 財務分析、損益分岐点へのアプローチにしても、システムを導入することにより、非常に短時間で楽にはじき出すことができます。 また、分析結果だけではなく、それを元にしたレポートの提出までもサポートしてくれるシステムもあります。 リソースだけではなく、スピーディーさを求められる昨今のニーズにあっているといえます。
ただし、財務分析と損益分岐点の管理システムの導入にあたって、課題がないわけではありません。 1つにデータを多面的な意味で活用することができる能力が必要になってきます。 数値や書類面でのリソース削減が可能になったとしても、それを扱う担当者に知識がなければ意味がなくなってしまいます。 また、従来のエクセルデータからの移行についても社内では、ある程度の混乱が出る可能性もあるでしょう。 ただ、長期的な視点で見れば、その課題も克服してしまえば大きなメリットになるはずです。

従業員の各種保険や年金などの雇用条件の計算は給与計算システムが便利

企業にとって従業員の雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金の計算というのは、非常に手間がかかるものです。 この問題を解決したいとする経営者の人も少なくありません。 そこで多くの企業が導入しているのが販売管理、給与計算システムです。 システムを導入することによって、各種保険や年金といった雇用条件の計算を多角的に行えるようになります。 また、専門人員の配置人数の削減にも繋がる上、管理が楽になることから多くの面で、リソースを有効活用できるようになります。 ただ、給与計算システムで雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金といったすべてを管理をすることには課題が残るのも事実です。 まず、システムだけではなく、別途用意されているモジュールが必要になることが多いので、 イニシャルコストが高くつくという課題があげられます。 長期的な視点で見れば利益となるのですが、導入にかかるコストというのは、企業としても外せない課題になるはずです。 また、システムを効率よく利用するための人材育成という課題にも対応しなければなりません。

給与計算では、単純に総支給額35万円を支払うというわけではなく、総支給額から所得税、住民税、健康保険料、 厚生年金保険料、雇用保険料などを控除して残った額を、給与として支払うことになります。 これらの控除金額は、基本となる額や前年の収入に応じた額となり、正しい計算式で算出する必要があります。

給与明細書や給与台帳は企業にとって必ず必要で、その作業には効率化が必要

給与明細書や給与台帳というのは企業にとっては必ず必要なものであり、 できれば効率化したい部分の1つのはずです。 給与明細書、給与台帳の作成にかかる時間とコストを考えれば、 多少のイニシャルコストを使ってもシステムを導入する意義は十分にあるでしょう。 特に給与関係の計算をする時には、勤怠管理とも連動させる必要があり、 その点をシステム化することによって、大幅に労力や時間といったコストを削減できるはずです。 削減した分のコストは、他の経営管理などにも回すことができるため、企業活動を行う好循環となります。
反面で給与明細書や給与台帳のシステム化をするにあたっての課題としては、 いかにアナログな部分を効率化していくかにかかっています。 特に給与関連の経理を担当する部署では、人事面での連動をしっかりと行わなくてはいけません。 どこかに作業が集中してしまうのではなく、作業を分散させてさらに効率化を目指していくことが重要であり、 システムをその1つに組み込んでしまえるかが課題です。 また、作業を行う人員についても効率化を意識させることが重要になるでしょう。

給与計算システムで管理する場合のコストと注意点

給与計算における労働時間の削減は企業の規模にかかわらず行うべきであり、 そのために活用できるシステムというのも多数存在しています。 手作業による計算にはどうしても計算ミスがつきものなので、 アナログな部分をしっかりとシステム化することで、余計な作業を削減することが可能です。 特に給与計算システムで管理することで、作業人員や労働力といったリソースを他に回すことができるので、 ソフトを導入するだけの利点は十分にあるでしょう。
反面で課題となるのが、給与計算のシステム化を導入するイニシャルコストの点です。 近年では様々なシステムが開発されており、給与計算のみシステム化するというよりは 社内で自動化できる部分は導入する方が効率的です。 特に勤怠管理と連動するシステムを導入することにより、さらにコストを削減し、リソースを有効に活用できます。 しかし、多くの管理システムを導入するにはそれだけのコストがかかりますので、 企業の規模であったり、予算などを考慮した上で最適なシステム導入を果たさなくてはいけません。

給与計算は、正しい計算式で算出しなくてはならない重要なもの

給与計算は、企業が従業員に支払う労働の対価を計算するもので、非常に重要な業務です。給与は、単純に総支給額35万円を支払うというわけではなく、総支給額から所得税、住民税、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などを控除して残った額を、給与として支払うことになります。また、残業があれば、残業代も計算しなければなりません。これらの控除金額は、基本となる額や前年の収入に応じた額となり、正しい計算式で算出する必要があります。

給与明細書の支給部分に記入される「総支給額」は、基本給と、時間外労働手当を含んだ諸手当の合計額になります。
総支給額 = 基本給 + 諸手当 + 時間外手当
「差引支給額」は、実際に支払われる金額で、総支給額から社会保険料や所得税などが控除されたものになります。

給与明細書の「総支給額」の横に記入される「課税対象額」は、源泉所得税額の基準となる給与所得額で、総支給額から非課税の手当と、社会保険料の合計額を引いたものになります。
課税対象額 = 総支給額 - 通勤手当 - 社会保険料合計
通勤手当の一定金額以下のもの、旅費のうち必要と認められるもの、宿直手当や日直手当のうち一定金額以下のものになります。課税対象額の計算で、総支給額から引かれる「社会保険料の合計」は、介護保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険などの保険料で、被保険者として負担するものです。

給与計算ソフトを使えばヒューマンエラーもなくすことが可能になる

給与明細書や給与台帳業務の専用ソフトが、複数の会社より販売されており、システム連携・データベースによる管理も簡単にできるようになっています。給与計算業務に膨大な手間をかける必要がなくなり、ヒューマンエラーもなくすことができ、迅速に確実な給与計算を行うことができるようになります。ただし、ただソフトを導入しただけではシステム化を実現することはできません。計算ソフトを使って給与明細書・給与台帳をシステム化するには、確実に、そして簡単に使えるソフトを導入しなければなりません。

給与計算システムは、人事に関する様々なシステムと一体化できる

賃金日額の計算は、「退職月を除いた、完全月の6ヶ月の合計」で計算してください。完全月が6ヶ月以上あれば、計算には、完全月しか使用できません。離職票には、「完全月の6ヶ月と退職月」、7ヶ月分の賃金を記入してください。
給与計算のシステム化では、現在、使っている既存のシステムとどのように連携させるか、そのために必要な追加開発も踏まえて、確認することが重要になります。給与計算システムは、給与に関わる単体のシステムではありません。人事システム・勤怠管理システム・経費精算システムなどと一体化させる必要があります。将来的に基幹システムのERPを導入するのであれば、同一のパッケージで先行して導入するケースもあります。必ずしも全ての部署の機能をひとまとめにすることを求めるのではなく、個々の導入目的や優先順位などを分析しなければなりません。新たな給与計算システムの導入については、個々の部署が何を求めているかについて、細かな把握が必要になります。

企業として業績を上げるためには、従業員が必要となり、従業員を雇用すれば、必然的に給与の支払が発生します。 支払うべき給与を計算するのが、給与計算の業務です。 給与には、総支給額から控除額を差し引いたものとなり、それら差し引くための控除額については法定で定められた、 計算式を採用する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました