勤怠管理 フリーソフト/エクセルテンプレート










勤怠管理のおすすめガイド

退勤管理は従業員の労働環境の管理に欠かせない重要な業務

勤怠管理では、従業員がどれぐらい労働しているかを、時間によって管理することができます。 企業は、残業が多い従業員、休暇の多い従業員などを、把握し対策を講じています。 現在では、法律で定められている36協定を遵守するためにも、勤怠管理は使用されています。 最新の勤怠管理システムでは、社員証をICカード化することで、自動で会社への入退室を管理し、勤怠管理へデータを連携しています。

従業員の労働環境を管理する上でも、勤怠管理は欠かせない重要な業務です。 企業の規模を問わず、勤怠管理を行うにはシステムの導入が必須だとされています。 システム化を導入していない企業では、社員の勤務時間を把握するために、どうしても手作業となる時間が必要になります。 しかし、勤怠管理のシステム化を行うことにより、作業そのものを自動化してしまうことができ、 非常に効率的な管理を行うことができます。 また、時間外労働や休日出勤などのケースでも特別な計算を必要とせず、 それぞれの労働契約条件にあわせた設定さえしてしまえば、 すべてシームレスで給与計算などを行えるのも、システム化する意義だと言えるでしょう。

勤怠管理をシステム化する課題はシステムの選定問題

反面で課題となってくるのが、システムの選定問題です。 企業の規模により必要とされるシステムの内容も変わってくるため、 何よりも管理を行う側だけではなく、申請を行う側にもわかりやすいものを選定しなければなりません。 企業としてもインプットとアウトプットを両立させるシステムは、1つ1つ違ってくるため、 その点は事前に考慮しておくべきです。 また、近年ではクラウド化したシステムもあるのですが、セキュリティ面なども把握した上で 活用しなくてはいけないという課題が残ります。

勤怠管理とは、従業員の勤務時間について管理することです。労働時間や休暇取得、残業時間、1日、週、月の労働時間を管理します。そうすることで、従業員の労働状況を把握でき、さらに、賃金として支払うべき給与の算出にも使用します。現在でも、この勤怠管理にタイムカードを使用している企業が多く、その記録を元に労働時間の計算を行っています。企業では、勤怠管理をシステム化して、業務の効率化を図っていく必要があります。

勤怠管理のシステム化では、雇用形態が多様化している現状では、管理についても複雑化する傾向があります。そのため、システムを導入することにより、どのように管理の効率化を図ることができるかが、注視されることになります。

勤怠管理のシステム化で重要なのは、雇用形態に合わせた管理ができること

雇用の多様化については、正社員や契約社員から派遣社員はもとより、アルバイトやフレックスから、裁量労働などを含めて存在します。勤怠管理では、それぞれの雇用形態に合わせて、賃金計算だけでなく時間外労働や割増賃金などについても、それぞれで大きく変わるのが現状です。それぞれの雇用形態に合わせて時間外労働なども含めた、適切な自動計算が行なわれることが重要であり、それにより業務における負担を軽減させることにつながります。

勤怠管理のシステム化では、出勤退勤の時間も正確に、把握・管理することが重要になります。勤怠管理システムの入力方法は、多様なインターフェースから選択することができます。例えば、タイムレコーダーやICカード、スマートフォンや生体認証などと、インターフェースには様々な種類があります。それぞれの現場で導入しやすい入力方法を選ぶことも、システム化では大きなポイントになります。

タイトルとURLをコピーしました