工事原価管理










工事原価管理の効果的な情報とは

工事原価管理の手順と目的を明確にしておこう

工事原価管理の手順は、実行予算の設定、原価発生の統制、実施原価と実行予算との対比、修正処置のサイクルの順で行います。実施の工事原価を把握する目的は、経費の節減にあるため、原価の発生源、発生日などに注目し、工事原価管理台帳を作成して、工種別、費目別、項目別に整理します。

工事原価管理は、早期に実行予算を作成し、工事着手前に工事完成時の利益を予測するために重要な管理業務です。 原価管理では、工事原価を工種別、要素別にとらえ、実施原価を評価することが重要です。 原価管理は、施工計画に基づいた実行予算の作成時点からスタートし、工事決算まで実施する必要があります。

工事原価管理の手順は、実行予算の設定、原価発生の統制、実施原価と実行予算との対比、修正処置のサイクルの順で行います。実施の工事原価を把握する目的は、経費の節減にあるため、原価の発生源、発生日などに注目し、工事原価管理台帳を作成して、工種別、費目別、項目別に整理します。原価管理では、工事原価を工種別、要素別にとらえ、実施原価を評価することが重要です。 原価管理は、施工計画に基づいた実行予算の作成時点からスタートし、工事決算まで実施する必要があります。

原価管理の目的は、施工の安全性と工事の品質、工期および経済性の確保と向上です。 原価管理は、実施原価と実行予算とを比較してその差異を見出し、これを分析・検討して、 適時適切な処置をとり、工事原価を引き下げることを目的としています。 原価管理は、最も経済的な施工計画に基づいて実行予算を設定し、これを基準として原価の 発生を統制することにより行うことが重要です。

原価管理ソフトを使って効率的な予算管理をサポートする

忙しい現場担当者に強力な助っ人、原価管理ソフト。
現場担当者に強力な助っ人、工事原価管理ソフトで赤字はゼロに。
<原価管理で予算を超えないための工夫は>
原価を予算内に収めるには、工事方法を変える、工事の発注先を変える、などの改善策があります。現場担当者が原価管理を行うことで、最終的に予算内で工事を終えることができます。

<強力な助っ人、原価管理ソフト>
工事の原価管理をせずに工事を進めていくと、追加や変更の工事が重なったとき、工事終了時には予算をオーバーしてしまいます。原価管理ソフトは、忙しい現場担当者にとって強力な助っ人です。

<受注した工事を始める前に、予算を作成する>
工種ごとに工事の見積もりを算出し、全部の工事金額を算出します。受注金額から利益が出るように、再見積もりと予算作成を繰り返し、最終的に、総工事費用と工種ごとの予算金額が決まります。

<工事で重要な予算管理>
工事を進めるときに重要なことは、安全・品質を保って工事を進めることです。もう1つ重要で、会社経営に直結することが、予算管理です。原価管理ソフトを使って効率的な原価管理を行いましょう。


タイトルとURLをコピーしました