減価償却計算 フリーソフト/エクセル、建物不動産










建物不動産など減価償却計算のものすごく便利な情報

減価償却費の計算システム化の課題は、会計システムとの連動性にあり

減価償却費の計算をシステム化する場合に課題となるのは、会計システムとの連動性です。 せっかくの資産会計や減損会計での効率化を資産管理のシステムで実現できても、 会計システムと連動していなければ、結局はそこで効率も下がってしまいます。 減価償却費を会計システムに手入力するのでは、無駄に時間を掛けてしまうことになってしまいます。 また、税法の改正により耐用年数も変更される場合がありますから、最新の法令に対応したものが求められます。 減損処理などは何度も行われる場合もありますから、それにしっかりと対応できることも重要になります。

グループ会社などの減価償却費に関しては、単に税務会計だけでなく、連結会計なども絡んでくる場合があります。 このような場合の減価償却費を計算するシステム化については、 グループ各社で共通したシステムを導入する必要があり少なくとも互換性があるものでなければなりません。

事業の設備投資において買った時の金額が一組10万円未満や、耐用年数が1年未満のものは、全額経費として処理することができるのですが、それ以外のものは資産として計上し減価償却しなければなりません。 減価償却は、消耗品に対して利用する言葉ではなく、仕事で利用する自動車や機材やパソコンなどの備品で継続して利用する物に対して計算を行います。

ソフトウェアの減価償却費の計算式と耐用年数、償却率について

購入したソフトウェアは、無形固定資産として減価償却の対象になっています。 無形固定資産は、一旦購入金額を資産に計上し、減価償却により経費に算入していく車両や建物と同じ処理をします。
ソフトウェアの減価償却費の計算式です。
減価償却費 = 取得費用 × 償却率 × 取得から期末までの月数 / 12
ソフトウェアの耐用年数と償却率は次のようになります。
販売用のソフトウェアの、耐用年数は3年、償却率は 0.333 です。
開発研究用のソフトウェアの、耐用年数は3年、償却率は 0.333 です。
自社利用のソフトウェアの、耐用年数は5年、償却率は 0.200 です。
3月決算の法人が、12月に、パッケージとして販売されているソフトウェアを、60万円で購入した場合の 減価償却費の計算は、次のようになります。
60万円 × 0.200 × 4/12 = 40,000円
取得価額が少額の場合は、次のような特例が認められています。
少額減価償却資産は、取得価額が10万円未満の償却資産の場合に適用され、 企業、個人事業主、どんな規模で経営を行う事業者でも、取得価額全額を損金算入できます。
一括償却資産は、取得価額が20万円未満の償却資産の場合に適用され、 特に対象者を限定せず、事業年度ごとにその取得価額の全額、または一部を3年間で均等に償却できます。 少額減価償却資産の特例は、全額償却できる対象者が限られますが、 取得価額が30万円未満の償却資産の場合に適用されます。

減価償却費は損益計算書に計上するため、計算書をきちんと管理しておくこと

減価償却費のシステム化については、費用配分、資金回収、資産評価などの側面から検討する必要があります。 減価償却費の考え方は、一度購入したら終わる消耗品ではなく、使う年数に応じて費用を少しずつ計算することです。 減価償却費は、損益計算書に計上するため、経理や総務で計算書をきちんと管理しておかなければなりません。

減価償却費の計算では、年度末に自分の持っている資産がどれくらいあるのか、これをバランスシートに記入します。 最初に買った価格から変動した、今の資産価値をきちんと計算し、バランスシートに記入します。 資産価値がわからない場合は、専門家に見積もりを依頼し、正しい減価償却費を計上する必要があります。

減価償却の計算には、定額法と定率法があります。 定額法は、資産の種類ごとに法律で耐用年数が定めれらており、その年数で割った金額が1年あたりの償却額となります。 一方、定率法は、200%定率法といわれており、定額法の償却率を2倍したものが償却率になるのですが、 前期末の帳簿価格に定率法の償却率を掛けたものが、1年あたりの償却額となります。

減価償却適応の物品を管理するマニュアル化がシステム構築に必須である

減価償却費を算出するためのシステム化は重要であり、会社の減価償却適応の物品を管理するマニュアル化が システムを構築する際には必要になります。
データベースを構築できれば、パソコンソフトなどで減価償却対応の管理ができ、減価償却費の計算ができます。 減価償却費をシステム化して管理することで、資産を経費として計上することができ、利益を減らすことができます。 そのため、結果的に節税効果になり、支出を伴わない費用として計上できますので資金を内部留保できる利点があります。

平成19年4月1日より国際競争の備えとして減価償却の制度がかわり、メリットの大きい改正となりました。 会社内では新旧償却制度に対応しなければならなくなったことと、計算が煩雑になったことにより、 減価償却費を計算して算出するシステム化は必須となりました。減価償却する資産の数も多い会社では、個別に償却年数が違うこともありパソコンの導入が一番効率的といわれており、 パソコンシステムを使ったシステム化がより重要になっています。

減価償却の計算方法、定額法と定率法の計算、法人と個人の計算

事業を経営していく上で、設備投資は避けられないものです。買った時の金額が一組10万円未満や耐用年数が1年未満のものは、全額経費として処理することができるのですが、それ以外のものは資産として計上し減価償却しなければなりません。減価償却には、定額法と定率法があります。定額法は、資産の種類ごとに法律で耐用年数が定めれらており、その年数で割った金額が1年あたりの償却額となります。一方、定率法は、200%定率法といわれており、定額法の償却率を2倍したものが償却率になるのですが、前期末の帳簿価格に定率法の償却率を掛けたものが、1年あたりの償却額となります。減価償却とは、それぞれの固定資産の耐用年数をもとにして、一定期間に分割して費用化することです。減価償却の方法には、定額法と定率法があります。

定額法の計算
・毎年同額の償却費となるように計算します
・計算方法は、取得価額×定額法の償却率

定率法の計算
・一定の率で毎年償却費が減少していくように計算します
・償却費の額は初めの年ほど多く、年とともに減少します
・計算方法は、未償却残高×定率法の償却率

法人の減価償却の計算
・定額法と定率法のどちらかを選択します
・減価償却を任意で繰り延べすることができます
・多く償却している場合は、所得金額の調整が必要になります

個人事業主の減価償却の計算
・定額法による減価償却に限定されています
・その年分の減価償却として強制的に行われます
・その後の年で不足分を調整して計上することはできません

減価償却費の計算は、会社の価値を計算するということ

減価償却とは、5年や10年など長期間使用される固定資産について、その取得にかかった費用を年度ごとに区切って配分する会計処理のことです。減価償却制度について正確に理解したり、耐用年数について考慮したり、費用の計算をしたり、とても大変な作業になります。個人事業主でも一般の法人企業でも、減価償却の処理をシステム化したいと考えるケースは多いはずです。実際に減価償却費の計算をシステム化することは、会計ソフトを導入すればできます。会計ソフトの特徴は、さまざまな費用のデータを円滑に記帳できることです。また集計も自動計算できるので、手作業によるヒューマンエラーがなくなることによって、減価償却費計算をシステム化することができます。会計ソフトに計算を任せれば、人間が手順を考える必要はなくなるので、効率よくスムーズに計算業務を行うことができます

減価償却とは、会社で購入した機材や車両などに対して、購入直後では商品を購入した値段と同等の価値がありますが、 商品を利用していき消費していくことにより、価値が下がっていく計算方法を指します。 計算方法により数年間経つと価値が0円になりますが、会社で利用できるのであれば使用しても問題ありません。 ただし会社の資本の価値としては計算しないため、減価償却の計算は、会社の価値を計算する場合に利用する物と考えてよいでしょう。


タイトルとURLをコピーしました