現金出納帳・金銭出納帳 フリーソフト/エクセル










現金出納帳・金銭出納帳のおすすめガイド

現金出納帳の作成はお金の流れが明確となり、業務上の問題を把握できる

現金出納帳は、会計上の帳簿のことで、現金の入金、出金を発生順に記帳し、現金残高を明確するための帳簿です。 この現金出納帳を作成することで、お金の流れが明確となり、何の目的で使用したかが分かります。 お金の流れを明確にすることで、業務で問題が発生していないかなどを即座に把握することができます。

〇現金出納帳の残高と実際の現金残高とが、一致しなかった場合の処置について
1.現金出納帳への転記ミス、計算ミス、記入漏れがないか調べてください。
2.原因がわからない場合は、実際の現金残高を優先してください。 勘定科目を現金過不足として、収入金額または支払金額を記入して合せます。
3.決算までに解決できなかった場合は、勘定科目を雑損失、または雑収入として処理します。

〇現金出納帳を記帳する上での注意点
1.毎日記帳しましょう。週一月一などまとめての記帳はNG。
2.入出金がなかった日も現金の残高確認を行うこと。
3.ペンまたはボールペンを使用してください。鉛筆は消せるので使用しないこと。
4.ペンやボールペンを使用した手書きの帳簿の方が証拠能力は高くなります。

現金出納帳・金銭出納帳は、税務署へ提出だけでなく利潤の追求を目的にする

現金出納帳・金銭出納帳は、会社の現金を把握するために作成します。
システム化を望むというのであれば、会社の資産や現金、負債の管理をきちんと把握し、 現金出納帳・金銭出納帳に反映させないといけません。 現金出納帳・金銭出納帳の目的は、税務署への提出資料ではなく利潤の追求にあります。
大きな取引の数字はもちろんですが、鉛筆や消しゴムのような小さな数字の領収書も、 きちんと現金出納帳・金銭出納帳に反映させ、誤差がないように記載する必要があります。 現金出納帳・金銭出納帳は、総勘定元帳への記載に繋がります。 システム化は図るという部分では会計ソフトの導入も検討しましょう。
現金出納帳・金銭出納帳のシステム化により、 数字の誤差が少なくなり、総勘定元帳へ自動的に記入され、資料の管理がたいへん便利になります。

現金出納帳と金銭出納帳の重要ポイントと問題点について

現金出納帳や金銭出納帳のシステム化では、伝票整理と入力、そして保管までいかに効率化できるかが、 重要なポイントです。できればこれら一連の作業が、一度に行えるのが理想です。 システム化により現金の出入が検証しやすくなりますが、そのための作業に手間が掛かるようでは、 わざわざシステム化した利点も得られません。 よって必然的に、伝票を自動的に取り込むような処理が求められます。

現金出納帳や金銭出納帳を作成する上での問題として、記入漏れの発生があげられます。 香典や祝金など、伝票や領収書が出ないときに、記入漏れは生じやすいものです。
現金出納帳や金銭出納帳をシステム化しても、それで現金管理は完璧ではありません。 漏らさず記録させることは、システム化しても手書きの場合と同様です。 システム化しても使われなければ意味がないわけです。 現金実査は省くわけにはいかないので、金種表の作成などの手間を掛ける作業量は変わりません。

企業活動をすると、必ずお金の出入りが発生します。 そして、そのお金を管理するのが現金出納帳となり、入金、出金を帳簿に記帳します。 このように、お金の動きを記帳することで、その時点での現金残高を、管理することができます。 残高がわかることで、仕入などを行う際の指標となるだけでなく、借入が必要となるかどうかの、判断基準にもなります。

現金出納帳は企業運営で必要な書類の1つである

現金出納帳は企業の運営をしていく上で必要な書類の1つであり、その管理にシステムを導入するのはおすすめの手段です。 近代企業では、システム化できる部分はできるだけ導入していくことが肝要であり、 そのために販売管理や会計システムは多くの機能を搭載しています。 その1つに現金出納帳の管理があり、面倒な手間をかけることなく運用することができるでしょう。

近年では、現金出納帳そのものを利用しないという企業もあるようですが、まだまだ現金取引をする分野も多く、 システム導入による活用方法は様々なものがあるはずです。 ただし、現金出納帳の管理システムを導入するにあたって課題となるのは、その管理を社員に任せてしまうことでしょう。 当然ですが、現金を扱うシステムとなるので、不正が起こってしまうリスクを抱えるので、 チェック体制についても考慮しておく必要がでてきます。 また、近年では小売業などではレジシステムが発達しており、 そちらを用いることでも現金出納帳とある程度は同じ役割を果たせることでしょう。 どちらを優先するのかはその企業にもよるので一概には答えが出せないのですが、 課題となる点も考慮した上で決定する必要があるのは事実です。

現金出納帳の借方と貸方の記入方法

現金出納帳は、入金して現金が増えたら、借方として左側に、記入します。
支払いをして現金が減ったら、貸方として右側に、記入します。
次のような取引があった場合の、現金出納帳の記入方法です。

1/1に、商品 1,000円 を売上げ、現金で受け取った。
1/1 借方:現金 1,000 | 貸方:売上 1,000

1/2に、広告費 2,000円 を、現金で支払った。
1/2 借方:広告費 2,000 | 貸方:現金 2,000

1/3に、仕入先の買掛金 3,000円 を、現金で支払った。
1/3 借方:買掛金 3,000 | 貸方:現金 3,000

1/4に、得意先の売掛金 4,000円 を、現金で回収した。
1/4 借方:現金 4,000 | 貸方:売掛金 4,000

企業がグローバル化やスピード化に対応するためには、現金出納帳や金銭出納帳のシステム化が欠かせません。システム化を行うためには、もはや手作業による出納帳のへの記入では間に合わないので、専用ソフトを導入しなければなりません。
現金出納帳ソフトにはいろいろな種類があり、会社の規模やスタイルに合わせていろいろなものが開発されています。ソフトを導入するときは、自社の規模や業績にマッチしたソフトを導入しなければなりません。できれば顧問税理士が使用しているソフトと、同じタイプを導入するといいでしょう。

現金出納帳は、会計帳簿の一つとして、位置づけられていることから、会計上も重要な帳簿となっています。 現金出納帳を作成すると、毎月の残高が管理できますから、1年を通してお金の流れの傾向を把握することもできます。 残高次第では借入を行うことを検討するなど、分析手段としても利用されます。


タイトルとURLをコピーしました