相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル










相続税計算のソフトがここに集結

相続税計算のソフトを探している方は、次のリンク集からダウンロードしてください。
フリーソフトでも、有料ソフトとほぼ同じぐらいの品質のものもありますよ。

TAX20 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセルExcel相続税2005【遺産分割自由自在】 2.10 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセルZEIM顧問シリーズ 相続税計算ソフト お試し版0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル
相続税試算0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル相続税試算ファイル(2015年改正対応版)0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル【快速】資産1億円の1次2次相続税試算エクセル20210 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセルNew 相続税自動計算システム0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル営業支援ソフト M 相続税版0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル
かんたん相続税 (体験版)0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル相続贈与 新旧試算表0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセルExcel VBA 概算相続税0 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセルVBA 相続税申告書 R02 4.300 - 相続税計算 フリーソフト/申告書エクセル

相続税計算の圧倒的に便利な情報

相続税申告のシステム化は、導入効果を発揮しにくいケースもある

相続税の免税基準がいよいよ変わります。 相続税について、これまでは、あまり気にしなくて良かったのですが、基準変更で相続税を意識しないと 予測外の税金を納めなくてはならなくなります。 例えば、ご主人が亡くなり、奥様と子供二人で相続する場合、 8千万円までは相続税対象ではありせんでしたが、 これからは3千9百万円以上が相続税対象に代わります。

相続税の申告をシステム化するのであれば、まず柔軟に対応できるものかどうかを検討しなければなりません。 また、相続税法の特別措置なども変わることが多いですから、 古いシステムのままでは正確な相続税額が計算できないケースも発生します。

相続税というのは人の意向も絡みやすいですから、いくらシステム化しても効率化が及ばない場面もあります。 例えば相続人同士のもめごとなどは、システム化で解決できるものではなく、人自身で解決しなければならないわけです。 相続税の申告資料は自動的に徴収されるものでなく、勝手に申告するわけにもいかないため、 相続税申告のシステム化は、導入効果を発揮しにくいものであるといえます。単に決まった流れだけこなせばよい、書類がひと通り揃えばよいとはならない場合もあるため、 相続税をシステム化にする場合には、必然的に柔軟であることが求められます。 そして、他の財務のシステム化と比べても、より最新の情勢に対応したものであることも重要なポイントです。

相続税対策は、相続に関することをあらかじめ確認して節税対策を行うこと

今まで相続税が適用されるのは100人に4人くらいといわれていたものが、 100人に6人くらいは相続税がかかることになると推測されています。 マンションを所有していて、少しの貯金があると相続税がかかるということになります。 どうすれば良いかということは、あらかじめ準備する以外にはありません。 具体的には、死亡保険金額の見直し、不動産の登記名義、預貯金の名義などあらかじめ確認して節税対策を行うことです。

相続税を把握するシステム化は、多額の財産を所有している方の場合、財産のデータベースを構築することで、 財産管理をシステム化することができます。
その為には、財産管理のデータベースを元に算出された相続される財産を常に把握できるシステム化が必要になってきます。 財産データベースがあれば、パソコンによる計算は簡単なのですが、その財産状況を把握する方法が、 システム化すべきポイントとなります。 会社の財産、土地、現金など、複数の財産状況を各財産ごと計算できる システムをまず構築すべきであり、これにより全体の財産を知ることができます。
相続税を把握するシステム化は、生前に行なうことが重要です。 亡くなってしまった後からの場合は、様々な不明な点が現れることが多く、 相続する遺族側が早くからシステム化を行なった方が利便性が高いといえます。 また相続税は、相続が発生してから10ヶ月以内に申告と納税をしなければなりませんので、 不明な点は税理士や弁護士に相談できるシステム化も必要になってきます。

相続税のシステム化は幅広い帳票に対応しているかが大きなポイント

相続税のシステムについては、税務署に提出する申告書の作成が、簡単に行なえることが最も重要です。つづいて、遺産の分割案ごとに税額を比較やシュミレーションできる機能、計算において間違いが無いか確認できる検算機能なども備えておく必要があります。相続税の計算では、様々な帳票を用いることになりますので、システム化を行う際には、幅広い帳票に対応しているかが大きなポイントとされます。相続税については、申告書は元より、納税義務等の承継に係る明細書や配偶者の税額軽減額の計算書などを始めとして、実に多くの帳票があります。それ以外にも、贈与税の申告書から納付書、さらには税務代理書面などについても様々な種類があります。こうした幅広い帳票の作成にも対応していることも重要なポイントになります。

相続税の免税基準の変更により節税対策を行う

相続税の免税基準がいよいよ変わります。相続税について、これまでは、あまり気にしなくて良かったのですが、基準変更で相続税を意識しないと予測外の税金を納めなくてはならなくなります。例えば、ご主人が亡くなり、奥様と子供二人で相続する場合、 8千万円までは相続税対象ではありせんでしたが、これからは3千9百万円以上が相続税対象に代わります。例えば、マンションを所有していて、少しの貯金があると、相続税がかかるということになります。どうすれば良いかということは、あらかじめ準備する以外にはありません。具体的には、死亡保険金額の見直し、不動産の登記名義、預貯金の名義などあらかじめ確認して、節税対策を行うことです。

遺産を相続したら相続税を納める必要がありますが、そのためには申告書を提出しなければなりません。税務申告作成ソフトとは、相続税や贈与税などの申告書をコンピューターを使って、手軽に作成できるソフトのことです。このソフトを使えば申告のたびに手作業で帳票を作る必要がなくなり、煩わしい計算を行う必要もないので、相続税や贈与税の申告をシステム化することができます。
相続税や贈与税などの申告書を作成できるソフトを導入する際に課題になるのは、自分に合った作成ソフトを導入するということです。これができないと税務申告をシステム化することはできません。例えば、自分で操作できないソフトを入れてしまうと、申告書を作成するたびに手間がかかってしまい、結果的に手作業で行うよりも時間がかかってしまうことにもなりかねません。そうならないようにするためには、自分でちゃんと操作できる申告書作成ソフトを導入しなければなりません。

相続税の節税には、税金計算ソフトの導入が便利で安心です

税金計算のソフトを導入して、節税に努めましょう。
相続税の計算は、遺産分割案から相続税申告書と明細書を作成して、 相続財産(課税価格)に対する相続税額(納税額)を計算、 路線価による土地評価明細書などを作成します。 確定申告ソフトは、所得税の確定申告書・収支内訳書を作成します。 自動診断機能や節税対策機能もあります。医療費控除ソフトは、病院・薬局のレシート集計などを行います。

相続税なんて自分には関係ないと思う方も多いでしょうが、 長年維持されてきた基礎控除の金額が代わります。 現行では、仮に相続人が3人の場合は、5,000万円と、1,000万円に相続人の数を掛けた 金額3,000万円を足した、金額8,000万円までであれば相続税がかかりません。 それが、3,000万円+600万円×相続人の数というように見直されます。


タイトルとURLをコピーしました