ローソク足チャート フリーソフト/システムトレード










ローソク足チャート、システムトレードのワンポイント情報

システムトレードでは、熟練した株価の分析技術が必要です

株式銘柄の検索結果では、銘柄の現在の株価、各種の指標が確認できます。 検索したい企業のホームページの会社概要、IR情報などのページを調べると、コード番号を確認することができます。 似たような名前の銘柄もあるため、はじめて株式銘柄を検索するときは、銘柄名、コード番号、 事業内容なども確認し、対象の銘柄で間違いないかを、しっかりと確認する必要があります。

システムトレードは、株価を分析し一定の法則に基づき、売買を繰り返す投資方法です。 システムトレードの難しいところは、機械的に売買するために、一定の指標を抑えなければならない点です。 これは熟練した株価の分析技術が必要で、初心者には難しい手法です。

証券会社の提供ソフトの内容は、無料とは思えないほど、充実しているものもあります。 これらのソフトを活用することで、難しい計算やチャートの予測の手助けになります。 また、スマートフォン専用アプリも開発されており、ますます便利になっていますから、 証券会社の提供ソフトは、利用して損はありません。

システムトレードでは、Excelなどを使って株価の分析することも可能です

システムトレードとは、過去の株価データを元に、ある一定の指標に基づいて機械的に売買する手法です。 システムトレードは、特定銘柄の株価を過去に遡って分析し、傾向を掴む必要があります。 そのためのソフトも存在していますが、Excelなどを使って自分で分析することも可能です。

証券会社からは、各種のトレーディングソフトが無料で、配布されています。 これらのソフトを、パソコンにインストールすることで、リアルタイムにチャートを取得したり、 実際に売買を行ったり、投資情報を入手できます。 株式やFXなどの取引には、専門の有料ソフトが多数発売されていますが、 証券会社の提供ソフトは、有料ソフトと比べて遜色ない内容です。

システムトレードでは、長期の株価データが必要となる他、一定の法則を見つけるスキルが必要です。 ただ、一度有効な傾向を掴んでしまえば、システム的に売買を繰り返すだけになりますから、初心者でも簡単にできます。 システムトレードの売買の方法は、例えば、買いであれば、過去何日間の高値を更新で買うといった具合です。 同じように、売りであれば過去何日分の安値を更新したら売る、といった傾向になります。

タイトルとURLをコピーしました