FXチャート分析 フリーソフト/エクセル










FXチャート分析の耳寄り情報

株式投資は、インターネット主体で取引できる時代になっています

FX売買とは、外国通貨を売買して利益を上げることです。 為替はリアルタイムに相場が変動していますので、その差益を狙って売買します。 簡単に言えば、1ドル100円でドルを購入し、1ドルが105円になったときに売れば、単純に5円の差益がでます。 当然、FX売買にも様々な手数料などが発生しますので、単純に5円全てが利益になるわけではありません。

FXは、外国為替証拠金取引の略称です。 外国の通貨を購入して、相場が変動したところで売り、 それによって発生した差益が、利益となり取引を繰り返すことを、FX売買といいます。 為替も、株価と同じで上げ下げがありますので、確実に利益が出るとは限りません。

株式投資は、以前は証券会社に出向いて行う必要がありましたが、 現在はインターネットで取引ができる証券会社も多くなっています。 株式の取引は、証券会社が開いていない時間帯は取引できず、土日祝日や年末年始は取引できません。 株式投資では購入した株の価値が上がれば利益が出ますが、その逆であれば損失になるため注意が必要です。 また、企業が倒産した場合には、株の価値がなくなるリスクもあります。

株情報のデータベースを参考にすれば、必ず利益が出るとは限らない

中国株などの外国株の取引で、現物株は少し苦手だという人の場合には、投資信託を用いて取引する方法もあります。 投資信託であれば、国内資産であっても海外資産であっても、同じように取引を行うことができます。 そのため、すでに投資信託の取引を行っている人であれば、特に違和感もなく取引を行うことができるはずです。 外国株は、実は簡単に取引できる株取引なのです。

個人投資家による投資熱が盛んになってきたという背景もあり、多くの人が株式取引を始めています。株式取引に注目が集まる時代になり、株投資にある程度慣れてくると、株情報のデータベースが必要になります。株情報のデータベースは、株式取引に関する情報を整理してまとめている場所のことで、有利にトレードを進めていくためには、必須の情報といえます。しかし、重要なことは、株取引はすべて自己責任であるということと、株情報のデータベースを参考にすれば、必ず利益がでるというものではありません。

タイトルとURLをコピーしました