JW_CAD、変換、塗りつぶし、エクセル貼り付け










JW_CAD、変換、塗りつぶし、エクセル貼り付けのワンポイント情報

座標値の入力と作業補助機能、CADのワンポイント機能を使いこなそう

座標値の入力、CADワンポイント機能です。 座標の初期設定は、通常、図面範囲の左下を0,0に定義されます。作図の際にコマンドラインのメッセージで位置情報の入力を求められる場合には、座標値を入力するか、マウスでクリックして位置を指定します。座標値の入力方法には、絶対座標・相対座標・極座標の3つの方法があります。絶対座標は、原点から、X軸、Y軸にどれだけ離れているか指定します。相対座標は、現在の点から、X軸、Y軸にどれだけ離れているか、極座標は、現在の点からの長さと角度を指定します。3次元の場合は、X軸、Y軸、Z軸を指定します。

作業補助機能について、CADワンポイント機能です。 作業補助機能については、点(位置)を指定する際にマウスの移動を制限する、直交モード・極トラッキンク・グリッド・スナッブ・オブジェクトスナップ(GSNAP)・コマンドプロンプトのメッセージを作図領域に表示する、ダイナミック入力などがあります。作図の際に組み合わせて利用することで、作業効率が上がります。作図の途中でONとOFFの変更が可能です。

四角形・長方形を描く、終点位置がわからない円弧を描く、CADワンポイント機能です。 始点と対角を指定して四角形を作成します。オプションを利用して四角形のサイズ、回転角度、面積のいずれかの条件を指定して四角形を作成できます。 始点と中心点の他に、円弧の中心角度、または、弦の長さを指定して円弧を作成します。中心角度の指定は、プラス数値で行うと始点から反時計回り、マイナス数値で指定すると時計回りに円弧が描かれます。弦の長さは、円弧の直径以上の数値を指定できません。


タイトルとURLをコピーしました