レセプト請求 フリーソフト/日医標準レセプト










レセプト請求 フリーソフト/日医標準レセプトの圧倒的に便利な情報

医療レセプト請求で返戻対象にならないためにはどうすれば良い?

医療機関に受診すると、医療費が発生します。患者の負担額は年齢により異なりますが、一般的には1~3割になります。 医療費の一部は、患者が医療機関の窓口で直接支払いますが、残りの医療費は、医療機関が保険者に請求 医療レしなければいけません。 このような診療報酬制明細書による請求を、医療レセプト請求といいます。 セプト請求は、各患者ごとに、1ヶ月分の診療報酬を月末に締めて作成して、毎月10日までに提出します。

医療レセプト請求は、月初めからの1か月分を作成し、内容をチェックして、国保連合会や社会保険支払基金へ提出します。 レセプトに不備があると、保険者から医療機関へ返却され、減点査定されることもあります。 保険証が変わっているのに医療機関に提出しなかった場合や、投薬した内容と病名があってない場合などは、返戻対象になります。 医療レセプト請求は、医療機関の経営に影響する、とても重要な業務になります。

医療レセプト請求とは、医療機関が1か月分の診療内容をレセプトに記載して、請求することをいいます。 診療内容には点数が決まっていて、初診料・再診料・検査・薬など、すべて点数で計算します。 1点10円の計算で、一般の患者方は7割分、後期高齢者は9割分を、保険者に請求します。 診療報酬明細書に不備ばあれば返戻されるため、レセプトは正確に作成するとともに、点検を行なう必要があります。


タイトルとURLをコピーしました