医療文書の作成 フリーソフト/診断書、紹介状、エクセル










医療文書の作成 フリーソフト/診断書、紹介状、エクセルの耳寄り情報

医療文書のソフトを導入することで、業務の軽減が図れる理由

診断書は、インフルエンザなどで会社や学校を休む時に、医師が症状や休養期間などを文書にします。 主治医意見書は、介護保険の申請をする場合の、介護度を決めるための重要な医療文書になります。 医療紹介状は保険がききますが、診断書などは自費負担になり、病院によって値段が違ってきます。 医療文書のソフトを導入することで、業務の軽減が図れます。

医師が作成する医療文書には、医療紹介状や診断書・主治医意見書などの書類があります。クリニックや診療所では、治療が困難な場合など、大きな総合病院などに患者を紹介することになります。その際、クリニックや診療所の医師は、総合病院宛の医療紹介状を作成します。医療紹介状には、患者の症状・投薬内容や検査内容・既往歴などが記載されます。 診断書は、インフルエンザなどで会社や学校を休む時に、医師が症状や休養期間などを文書にします。主治医意見書は、介護保険の申請をする場合の、介護度を決めるための重要な医療文書になります。医療紹介状は保険がききますが、診断書などは自費負担になり、病院によって値段が違ってきます。

最近では、医療紹介状なしで診察を受ける患者には、保険外併用療養費として、別料金が請求されます。 病院によって金額は変わりますが、診療一回分ほどの値段がかかります。 その負担をなくすためにも、医療文書を使った医療紹介状の必要性がでてきました。 医療文書では、患者の病名、診療内容などの情報を、細かくデータベース化して保存しています。 そうしておくことで、他の病院を受診する時や、リハビリを受けるときに必要な、診断書や医療紹介状の作成に役立てていきます。

診療予約管理を行えば、患者を待たせることも少なくなるため、病院での患者管理は、とても重要なことといえます。 事前に予約を行うことによって、患者の負担を軽減させることができます。 反面、診療予約管理や患者管理が、上手くできていなければ、医師や看護師も余裕がなくなり、 医療ミスの発生につながることになります。


タイトルとURLをコピーしました