葬儀管理・香典管理 フリーソフト/寺院・檀家管理










葬儀管理・香典管理、寺院・檀家管理について知っておきたいこと

葬儀業界は、有望な業界として新規参入が相次いでいる業界です

葬儀業界では、異業種からの新規参入も増加しており、今までは選択の余地がなかった市場において、 選択の幅が広がっているため、非常に有望な業界といわれています。 今まではいい値に近かったものが、近年の葬儀屋さんでは、明瞭な料金体系を打ち出すと共に、低価格化が進んでおり、 新規参入業者がシェアを拡大しています。また、ペット葬儀も注目を浴びている業種となっています。

葬儀屋さんは、その市場は右肩上がりで推移していくことが予想されています。 実際に、葬儀業者の9割近くが黒字になっています。 その要因として高齢化が進んでいることから、死亡者数と葬儀件数が増加していることにあります。 また、この葬儀業界への新規参入は相次いでいます。

葬儀業界は高齢化が進む日本にあって、非常に有望な業界といわれています。 明確な料金体系が存在していなかった葬儀についても、低価格化と明確化が進んでいます。 核家族化が進んでいることや、地域の繋がりが希薄になりつつあることから、家族葬という形が増えています。 このような状況にいち早く対応できた葬儀業者が、より売上を伸ばしているといえるでしょう。

寺院の総数は減少傾向にあるものの一定数より下回ることはない?!

寺院の信者数の激減については、日本の人口減少にも起因しており、若年層の寺院離れにあると考えられます。 ただ寺院数は、一定数より下回ることは無いと考えられており、減少には歯止めが掛かるでしょう。 新規寺院の参入というよりは、現在ある寺院による普及活動が重要になってくると考えられます。

寺院は、2009年までその数が右肩上がりとなっていました。 しかし、2010年からは減少に転じています。 信者数で見た場合は、お寺の状況は異なっており、一貫して右肩下がりの減少傾向にあります。 寺院の数が減っている原因としては、少子化にあると考えられています。

寺院は、信者を獲得しつつ、お布施などによって成り立つ宗教法人です。 少子高齢が進んでいることもあり、新規の信者獲得は厳しい状況で、実際の信者数も減少しています。 今後の動向としては、若年層へ寺院の必要性を訴求していくような活動が欠かせません。 寺院の総数としては減少傾向にあるものの、下げ止まり感を見せています。

タイトルとURLをコピーしました