美容室・理容室・サロン フリーソフト/予約管理、カルテ










美容室・理容室・サロンの予約管理、カルテの効果的な情報とは

美容室サロンは、固定客の獲得がお店の存続に大きな影響を与える

美容室サロンへは、1ヶ月または2ヶ月単位で来店することが多くなるため、固定客の獲得が、 そのお店の存続に大きな影響を与えているといえます。 美容室サロンでは「お初めサービス」として、カット料金から50%割引などの サービスを提供しているお店が、多くあります。 これは初回のお客さんを獲得することで、その後の固定客化を目的としているのです。

美容室サロンは、美容師がヘアサロンを行うことを目的として開業したお店です。 現在、美容室は全国に22万店舗以上が存在するといわれており、地域によっては何店舗も密集していることもあります。 そのため、サービスの提供を工夫したり、新規顧客に対する割引を行うなどして、集客を狙っています。 また、単純に髪を切ることだけではなく、頭皮マッサージなどのスパを取り入れるなどして、 低価格化の進む客単価の底上げをしているのです。

今後の美容室サロンにおいては、美容師一人一人の技術スキルの向上はもちろん、 付帯サービスの拡充などで、客離れを予防する必要があります。 割引が無くても通いたいと思える美容室サロンを確立するのが、 今の美容室サロンに求められていることといえます。

ペットショップは、販売後のアフターケア・消耗品類の販売で利益を上げる

ペットショップは、動物取扱業の規定に定められているとおり事業所単位での登録が必要となります。 ただし、魚類専門の場合は届出、登録の必要はありません。 ある種のサービス業となりますからニーズを満たすことが、固定客の獲得に繋げることになります。

ペットショップの対象となる主な動物は、犬、猫、鳥類になりますが、最近では爬虫類や珍しい哺乳類なども、ペットとして需要があるために扱うことがあります。 ペットショップとしては、ペットを販売して終了とするのではなく、その後のアフターケアや消耗品類の販売などで利益を上げていきます。

ペットサロンは、ペットのトリミングや美容を扱います。 特に犬や猫に関する美容の需要は、鰻登りになっており、ペットサロンの数は増加傾向にあります。 ペットショップと併設していることも多く、他にはペットホテルを兼業することもあります。 一時的とはいえ、大事なペットを預けることになりますので、どのようなサービスを行っているかを、 利用者に周知する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました