調剤薬局 フリーソフト/処方箋・お薬の説明書、在庫管理










調剤薬局の処方箋・お薬の説明書、在庫管理の耳寄り情報

調剤薬局は、処方箋・お薬の説明書などサービスの充実で差別化が図れる

調剤薬局は、単純に薬を調剤するだけではなく、患者に対するケアを、充実させているお店が増えています。 患者としては、同じ薬を購入するのであれば、サービスが充実している薬局を選びたいと考えます。 調剤薬局同士の競合は避けられず、展開するサービスを充実させるなどで、差別化を図る必要があります。

調剤薬局は、通常の薬局ではなく医師の発行した処方箋に基づき、調剤した薬を販売します。 調剤を行うためには、薬剤師が必要となります。 調剤を行うことによって、報酬を得ることができるため、病院の近くで開業することがほとんどです。 大手調剤薬局もありますが、地域に根ざした調剤薬局として利益を上げているお店もあります。

病院から処方される薬は、処方箋として調剤薬局へ持っていくことで、薬として購入することができます。 中には、病院の中に薬局を持っているところもありますが、大学病院などを含めて大半の病院は、お抱えの調剤薬局を持っています。 調剤そのものは薬剤師によって行われるため、調剤薬局では薬剤師を雇用します。

メガネ業界には、専門分野に特化するなどの販売戦略が求められる

メガネ業界はここ数年で、二極化が進んでいるといわれています。 メガネ店の新規参入組が顕著な利益を出している中で、中には店舗閉鎖に追い込まれた企業もあります。 従来から日本国内で展開しているメガネチェーン店はもとより、個人メガネ店についても同様の状況にあります。

メガネ店の動向としては、状況にあるといえます。 新規参入によって価格破壊が進んだことと、個人消費の落ち込みがあったためです。 そんな中で、従来型のメガネ店は対応が遅れたことによって、収益が悪化しました。 一部のメガネ店の新規参入組は、パソコン用メガネであったり、花粉症用というニッチな部分に訴求し、成功しています。

メガネ店の動向としては、非常に厳しい状況にあるといえます。それは、従来から日本国内で展開しているメガネチェーン店はもとより、個人商店についても同様の状況にあります。原因としてあるのは、新規参入によって価格破壊が進んだことと、個人消費の落ち込みがあったためです。そんな中で、従来型のメガネ店は対応が遅れたことによって、収益が悪化しました。一部のメガネ店の新規参入組は、パソコン用メガネであったり、花粉症用というニッチな部分に訴求し、成功しています。

従来より国内展開していた、大手メガネチェーン店が苦戦している状態にあります。 地域密着で開業している個人メガネ店についても、大手参入によって起こされた、 価格破壊の波に巻き込まれた格好で、メガネ店には、専門分野に特化するなどの販売戦略が求められています。

タイトルとURLをコピーしました