歯式画像、歯科カルテ、歯科請求レセプト フリーソフト










歯式画像、歯科カルテ、歯科請求レセプト フリーソフトに求められるものは

歯式画像や歯科カルテのフリーソフトを使えば無料で管理が簡単になります

歯式とは、前歯から順番に左右それぞれの方向へ、1番から順番に番号を振ったものを指します。歯科カルテには、歯式画像として記載されています。歯科カルテでは、歯式画像は正面から見たままが記載されているので、実際は左右が逆になります。画像で右側の歯は、実際の患者さんの左側の歯になります。大人は、7番から親知らずの8番までになります。永久歯は全部で32本で、親知らずが生えてない場合は28本です。また、乳歯は数字ではなくアルファベットで記します。乳歯は、全部で20本で、生後6ヶ月ぐらいから生え始めて、2歳ごろまでに揃います。

歯式画像のソフトにも、パソコンで使用できるフリーソフトがあります。 ネットから無料でダウンロードして使用できるので、購入する必要はありません。 必要な機能についても、歯式画像ソフトには揃っています。 また、乳歯は数字ではなくアルファベットで記します。

歯式画像ソフト以外には、フリーソフトの歯科カルテのソフトもあります。 歯科カルテを電子化すると、管理が楽になり、職員の負担を減らすことができます。フリーソフトを使って、歯科カルテを電子化すれば、金銭的な負担も減らせます。 歯科カルテのフリーソフトも、歯式画像ソフトと同様に、機能的には満足できるものです。

歯科請求の専門ソフトを扱える人材になろう

歯科請求の専門ソフトを導入することによって、比較的に処理が楽になりましたが、 歯科レセプト処理の基本的なことを理解をしていなければ、ソフトがあっても歯科請求の書類を作成することはできません。 専門的な知識が必要となるので、通信教育を受けるなど勉強をしている人もたくさんいます。 歯科医院は街中にたくさんあるので、歯科レセプト処理の能力があれば、仕事に困ることはないと考えられます。

歯科請求を行う際には、歯科レセプト処理を行う必要があります。 歯科レセプト処理は、一般的な医療事務とは異なるため、医療事務の勉強をしていても、 簡単に歯科請求処理を行うことはできません。 このシステムで、医療機関や審査支払機関及び、保険者を通じて、一貫した整合性を構築できるようになっています。 業務量の軽減と事務処理の迅速化が可能になったわけです。

歯科医院などが、医療費を保険団体歯科請求するときには、これまでは、 紙のレセプトを使用していたため、大変時間がかかっていました。 レセプトとは、診療報酬明細書のことで、紙だと発行や審査支払機関で、大変な時間と労働力がかかっていました。 しかし、現在では、歯科請求は、歯科レセプト処理を電算処理するために、簡素化になっています。 歯科レセプト処理では、Eメールやメモリーなど、電子媒体での提出が可能になっています。

タイトルとURLをコピーしました